数学ガールの秘密ノート/式とグラフ (数学ガールの秘密ノートシリーズ)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.69
  • (28)
  • (53)
  • (45)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 651
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797374148

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中学校数学くらいの内容を
    背景を追いながらさらりと読ませてくれる本.
    当時苦手意識ばかり育てて,
    「なぜ?」を解決できなかった人が読むと
    新しい発見があるんじゃないかな.

  • 式の説明など、冗長なところがあるけど、その冗長さを省くと途端にわからなくなる。そこの、かゆいところに手が届く感じがこの本の良さ。

  • 中学生でもわかり易い内容である.
    スラスラと読める.

    分かりやすい分ちょっと物足りないかもしれない.

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 410@Y100@2
    Book ID : 80100459188

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002371586&CON_LNG=JPN&

  • 和図書 410.4/Y97
    資料ID 2013101742

  • いつもよりやさしめな内容でした。丁寧さは変わらず。一つの目標。

  • 他のシリーズ本と比べると初歩的な本。

  •  
     ∑[k=0→∞] ♡^k
     

  • まだ読んでいない数学ガールがあるのに,こちらを先に読んでしまいました。内容が中学数学なので詰まることなく読めたというのが実際です。

    教科書に書いてあることがほとんどですので,まずは教科書をよく読んだかどうかが大事です。しかし,数学で描かれる「図形の世界」や「数式の世界」の行ったり来たりという発想はあまり授業では聞かないかもしれません。数学のイデアの表現形態があるときは図形であったり,数式であったりするというのが本当のところだと思うのですが,そういうことを知ることができる一冊だと思います。

    ――ひとは,実際に試みているうちに,ものを学ぶものであって,試みようと思うだけでは,ものは学べないのである。(アラン)


    *****
    もともと,数式というのはていねいに読まなくちゃいけないものなんだ。数式を読むときは,さらっと流してはだめ。じっくり読むことが大切。だから,そこに使われている文字をていねいにじっくり読むというのはいい態度なんだよ。(p.4)

     言葉にするのは難しい。言葉にするのは苦手だ。自分の心にあることを言葉にするのも難しいし,その言葉を相手に伝えるのも難しい。そしてーーその言葉が相手に本当に伝わったのかを確かめるのも難しい。
     いや,違うな。難しいんじゃない。恐いんだ。自分の心を言葉にすることも,言葉を相手に伝えることも,すべてが恐い。伝わらないから恐いんじゃない。伝わるかもしれないから恐いんだ。
     自分の小ささが,愚かさが相手に伝わってしまうかもしれないからこそ,僕は口を閉じてしまうんだ。(p.21)

    うん,もちろん答えが正しく合ってることは大事だよ。でも答えだけじゃなくて答え方にも注意してほしいな。一歩一歩を確かめながらていねいに書くことができたら,自分が《ほんとうにわかっている》といえる。だから,ていねいに書くのは自分のためでもある。いつもいつも『答えが合ってればいいじゃん!』と書き散らしてちゃだめだよ。(p.31)

     ものごとの表面を見てわかった気になるのは愚かだ。ものごとの本質をきちんと見抜かなくては,と思う。(p.49)

  • 図書館:2013/08/09

    式とグラフについて。連立方程式からグラフ。比例・反比例などへ。各章の終わりに問題も掲載されている。今までの「数学シリーズ」とはまた違うシリーズ。
    数学の解答というものはどのように書くのか
    数学でよく使われる文字
    といったことが序盤にあり、小学校から中学校になり、算数が数学に変化しいくなかで見落とされがちなすきまを説明している。好感が持てる。

全49件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

結城 浩(ゆうき ひろし)
1963年生まれ。東京都在住のプログラマ、技術ライター。ウィキクローンの1つであるYukiWikiを開発したことで知られ、プログラミングに関する執筆、翻訳を行っている。
Webで公開した作品を元に、小説『数学ガール』を発表、ヒット・代表作となる。同作はコミック化されるとともに、「出版・著作により数学の研究・教育・普及に業績をあげた」ことによって日本数学会賞出版賞を受賞した。

数学ガールの秘密ノート/式とグラフ (数学ガールの秘密ノートシリーズ)のその他の作品

結城浩の作品

ツイートする