9割の不眠は「夕方」の習慣で治る (SB新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
2.38
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (3)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797375343

作品紹介・あらすじ

寝付きの悪い人に朗報!
多忙でストレスを抱えがちなビジネスパーソンの現実に適した、
夕方以降(終業後、帰宅後)のちょっとした習慣で入眠を誘い、
翌朝スッキリ起きられる「白濱式・48の睡眠メソッド」を公開!!

眠り(入眠)に悩む日々多忙なビジネスパーソンに最も適した、
夕方から始める、無理のない現実的かつ医学的根拠のある「白濱式・入眠メソッド」

日本の不眠症人口は2400万人、うち薬を服用している人は600万人(全日本民医連調べ)。
つまり、「5人に1人」が不眠に悩んでいるのが現状。
一般に不眠の原因として、①ストレス、②うつ、③時差ボケ、④アルコール・薬、⑤体調不良・病気があげられ、
多忙なビジネスパーソンはただでさえ「不眠」に陥りやすい環境にあるといえる。
これまでの本は朝・昼・夜・平日・休日に適した習慣をふれたものが多いが、
多忙なビジネスパーソンには平日夜や休日しかあまり現実的ではない。
起床後でもなく、昼間でもない、ビジネスパーソンが取り組めやすい夕方以降の終業後(帰宅時)に、
ちょっとした習慣(心がけ)だけで眠りを誘うのが著者の入眠メソッドの特徴。
ポイントは、体温リズムを知り、夕方に体温を高めて、寝る1時間前から下げ始めること!
誰でも無理なくできる具体例をもとに、ぐっすり眠り、スッキリ目覚め、
結果的に朝からハイパフォーマンスを発揮し、夜は心地より眠りにつくという、
好循環を促すための夕方(帰り)できる入眠習慣を平易に紹介する。

はじめに
「眠りの質」チェック表
第1章 眠りのサインは帰りにキャッチする
第2章 残業や不規則勤務も「体温リズム」で対処する
第3章 帰宅後の習慣が翌日の眠気を左右する
第4章 知っておきたい快眠につながる朝・昼・休日の習慣
第5章 タイプ別 自分でできる入眠マネジメントQ&A
快眠につながる!夕方~朝の眠活実践パターン48
おわりに

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  タイトル通り、夕方から就寝時刻までの習慣を改善すれば不眠は治る、という本。
     知らなかったことは、

     昼食にカプサイシンを含むものを食べないほうがいい。夕食ならOK。
     帰りの電車で寝ちゃダメ。
     飲酒は就寝3時間前まで。(←就寝3時間前までならいい、というのは知らなかった)
     残業する時も20時までに夕食を摂る。
     入浴は就寝2時間前までに。湯船にしっかり浸かる。
     カーテンはできれば開けておいて朝の光で目覚めるように。

  • 夜、質の良い睡眠をとるためにやるといいことが沢山書かれています。グッスリ眠るには、夕方から意識して眠る準備をしていくことが大切だということにはちょっとビックリしました。取り入れられることから、やっていきたいなと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

睡眠専門医・RESM(リズム)新横浜睡眠呼吸メディカルケアクリニック院長。関東初の睡眠時無呼吸症候群の病院長を務め、現在は新横浜に、寝具メーカー丸綿本社内に、睡眠障害、呼吸器内科疾患専門のクリニック「RESM(リズム)新横浜」を開設。いま多くのビジネスパーソンを悩ます、睡眠時無呼吸症候群、ナルコレプシー、むずむず脚症候群、REM睡眠行動障害等の保険診療が可能な専門施設として注目される。治療にとどまらず、栄養指導や生活習慣指導を実施。自身も体調管理や健康への意識は高く、休日にはサーフィンやトライアスロンの大会に出るなどアクティブに活動。最近はワールドビジネスサテライト出演、日経新聞掲載をはじめマスコミ露出が多く、休診日には全国にて講演を行うなど、「睡眠」の分野でいま最も注目されるドクターである。著書に『ビジネスマンの睡眠コントロール術』(幻冬舎経営者新書)などがある。

「2014年 『9割の不眠は「夕方」の習慣で治る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

9割の不眠は「夕方」の習慣で治る (SB新書)のその他の作品

白濱龍太郎の作品

ツイートする