親と子で学ぶ算数入門

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797376234

作品紹介・あらすじ

急所さえ押さえれば、算数・数学はちゃんとわかる。
算数・数学教育で定評のある著者が、「ここがわかれば算数・数学は大丈夫」という基本ポイントを伝授。
数学をゼロから学びたい方、子どもにしっかり教えたい方への最高の入門書です!

「水道方式」「量の理論」など、算数・数学教育で定評ある著者による算数の入門書です。
「0をどう教えるか」「くり上がり・くり下がり」「数の三者関係」「分数のかけ算の意味」
「応用問題のむずかしさ」など、小学校の算数での急所となるところを、
なぜ、そこで子どもがつまずくかという背景もふまえて、じっくりと解説しています。
算数、そして、数学をゼロから学びたい方、子どもにしっかり教えたい方にとっての格好のテキストです。

第1部 数と計算
第2部 量と応用問題
第3部 集合と関数

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 算用数字。
    0とは何か。
    十進法。
    位取り。
    タイルを使う。
    ×暗算 ○筆算。
    5・2進法。
    かけ算はかけ算。
    ×7÷3=2…1 ○7÷3=2+1
    量と数。集合数と順序数。
    分数。2つの数の割合としての。演算としての。量としての。
    分数もタイル。(折り紙)
    連続量の単位。直接比較・間接比較・個別単位・普遍単位。
    外延量。内包量。
    集合と要素。
    関数。ブラックボックス。記号の威力。

    小学校の先生はこれ読んでから算数の授業をやるべき。
    大学での専門が数学でなかった教員は必須。

  • 算用数字をタイルでまず覚えさせる方法は、たしかにいいかもしれないけど、そこまで固執する理由がよくわからない。内容としては、算数をほぼ網羅しているけど、この頭の固そうなところが理解しにくい。

  • 遠山啓が算数の急所をじっくり解説している。
    時代的にかなり古い記述もあるが、全体としては今でも十分通じると思う。
    未就学、または小学校低学年までのお子さんを持つ保護者の方にお勧めしたい。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

遠山 啓(トオヤマ ヒラク)
1909年、熊本県に生まれる。
1938年〜1943年、海軍霞ヶ浦航空隊の海軍教授。
1944年〜1969年、東京工業大学で数学を教える。
1949年、「代数関数の非アーベル的理論」で理学博士。
1951年、数学教育協議会を結成し、数学教育の改革運動をおこす。
“量の体系”“水道方式”など画期的な理論を生みだす。
その理論と実践は数学教育の分野を超えてはかりしれない影響をあたえた
1959年、『数学入門』(岩波新書)で毎日出版文化賞を受ける。
1962年、『数学セミナー』(日本評論社)を創刊する。
1968年ごろから障害児教育の研究に取り組み、“原教科”構想を打ちだし、障害児に教科教育の道を拓く。
1970年、東京工業大学 定年退職。同大名誉教授となる。
1973年、教育の全般的な改革をめざして月刊誌『ひと』(太郎次郎社)を創刊し、その編集代表となり、教育市民運動の中心となる。
1978年、明星学園理事。1979年9月11日、没。
◎おもな著作
『遠山啓著作集』(全27巻+別巻2)、『競争原理を超えて』
『かけがえのない、この自分』『水源をめざして』(以上、太郎次郎社)
『無限と連続』『数学入門』『現代数学対話』『数学の学び方・教え方』(以上、岩波新書)
『さんすうだいすき』(全10巻+別巻3)
『算数の探検』(全10巻)『数学の広場』(全8巻+別巻1)(以上、ほるぷ出版)
ほか多数。

「2017年 『古典との再会 文学・学問・科学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

親と子で学ぶ算数入門のその他の作品

遠山啓の作品

ツイートする