落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)3 (GA文庫)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.79
  • (7)
  • (10)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 137
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797376418

作品紹介・あらすじ

「この戦いで私の限界を試してやる!」
学内戦も終盤に近付き、とうとう始まった戦績上位者同士のつぶしあい。
最愛の兄と共に歩んでいくために身につけたすべての力を賭して、
珠雫は学園最強の生徒会長《雷切》東堂刀華に挑む。
一方徐々に評価を高めつつある一輝に、黒鉄本家はその牙を剥く。
卑劣な罠により虜囚の身となる一輝。引き裂かれるステラとの絆。
そしてついに迎えた最終戦、満身創痍の《落第騎士》の前に、
過去最大の敵が立ちはだかる。

怒濤のクライマックスを迎える『校内編』、逆境の第3巻!
降りかかる艱難辛苦を斬り払い、七星の頂へ駆け上がれ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 校内予選終了で、次は全国編らしい。
    たぶん、最強なんはおとんやろな。

  • 妨害工作にあいながらも強敵に勝利するという王道展開。主人公が成長し続けており、インフレ気味になってきました。

  • 二巻でも思ったんだけど、地の文が感情的すぎるのが読みづらいなぁ。
    状況描写が必要以上に感情的なので、読み手と語り手の間に温度差が生まれてしまう。
    要するに、読んでいて小っ恥ずかしい。照れる。

    -ああ、なんということだろう、一輝はこの展開をはじめから予想していたのだ!-

    みたいなノリが、キャラの台詞ではなく、地の文で行われる。
    よく言えば作者の個性。悪く言うと独り善がり。
    この手の手法はここぞという場面で使われるなら読み手の気持ちも高まると思うんだが、最初から終始多用されると、読み手としてはついて行きにくい。
    つまり、読み手と語り手の間に温度差が生まれるとはそういうこと。

    やられっぱなしで無抵抗なままのキャラたちは悲劇に酔っている様に見える。
    一輝もステラも、刀香もみな己の悲劇に酔ってないか?
    諦めて受け入れる前に、まだ出来ることがあるんじゃないのか。
    この手の理不尽は、物語上で必要な場合は、キャラクター達が間抜けに映らないよう、言い訳を十分に用意しておいて欲しい。
    一輝に関しては理不尽に流されてしまうだけのイイワケが色々と用意されているけど、ステラやシズク、トーカは無為に流されてしまう理由がないか、弱い。
    その辺りがモヤモヤしていまひとつノレなかった。
    それでもまあ十分に楽しめるんだけど、惜しい。

  • 今巻はいきなり《深海の魔女》VS《雷切》からのスタート。

    余談だけど、同じGAのバハムートとか、MFJのアスタリスクとか読んでると、
    設定がちょっと混ざるw
    ステラと付き合い始めたのとかも忘れてたしな。

    にしても相変わらずバトルが熱いですね。
    今回スポットの雷切は必殺必中の居合。
    不敗の雷切を落第騎士がどう超えていくのか。
    大筋はそんなお話でしたが、
    そこまでストレートには進まず、
    不当な妨害を受けながらの困難な道のりになります。

    ちょーっと最後は力技に感じましたが、まあこうゆう作品なので。
    熱ければOK的な?w

    でも個人的に気になるのは、
    まだ珠雫たんをはじめその他ヒロインの掘り下げが今一な気がする…
    というより、メインに置かれてるキャラ以外を使いこなせてない感があるのは気のせいだろうか?

    もう少しキャラの動かし方が偏りなく自然ならもっと楽しめるのになーと思う。

    さて、次巻からは全国大会ですか。
    ステラ父との対決はまだ先ですがすげえ気になりますw

  • 生徒会長相手に熱い展開。

  • 校内選抜戦のラスト。
    一輝の父親との関係も描かれる。

    終盤のテンポの良さは相変わらず。
    刀華との戦いで、小手先の技じゃなくてやっぱり真正面から挑んでいくのは素晴らしかった。
    珠雫がステラを一喝するシーンも、珠雫の想いを考えるとなかなかクる物があった。
    ただ同時に、あれだけ疲労困憊して心身共にズタボロになったのに一輝が勝利できる、というのは少し無理があるきもする。

    珠雫が選抜に選ばれなかったのが残念でならない。
    というか、一輝と珠雫のいちゃつくシーンはいつになったらでるんですかねぇ・・・

  • 第一部完、ってところですね。こんな早い段階で“さいきょう”と“さいきょう”が相見えるとは思いもよらなかったけど、校内編のクライマックスならやむなしか。あくまで校内で最強みたいだから全国大会の猛者たちがどんなものか楽しみです。他にも一輝以外の黒鉄一族やらラストのアレやら、伏線もたっぷりだし。無事乗り越えて最終関門だろうヴァーミリオン父と相対することができるか?(笑) しかし下衆が出てくるとページを繰る手が早くなるわー。

  • 肉体的にも精神的にも追い詰められるも、強靭な精神力で迎え撃つ一輝にあっぱれ。バトルも恋愛も全力で、とても面白かった。ステラの色んな意味での破壊力がすごいし、それに真摯に応える一輝もすごいけど、このペースだと、次の次の巻くらいには、5人くらい子どもがいそうだ。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

大阪在住のラノベ作家。『断罪のイクシード』(原題:善意の魔法)第2回GA文庫大賞優秀賞を受賞してデビュー。 代表作は『落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)』と『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』。

「2021年 『カノジョの妹とキスをした。3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海空りくの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×