暗号技術入門 第3版

著者 :
  • SBクリエイティブ
4.46
  • (40)
  • (24)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 400
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797382228

作品紹介・あらすじ

2008年の刊行以来、セキュリティ関連部門で長期間トップをキープしている『新版暗号技術入門』の改訂版です。

「対称暗号」「公開鍵暗号」「デジタル署名」「PKI」「PGP」「SSL/TLS」など、暗号技術の基礎を、たくさんの図とやさしい文章で解説しています。

今回の《第3版》では、 これまでの基本的な暗号技術の解説に加えて、 大幅な加筆修正を行っています。

・現代の暗号技術に関するアップデート
・SHA-3のコンペティションとSHA-3(Keccak)の構造
・POODLEなどのSSL/TLSへの攻撃
・認証付き暗号の紹介
・ビットコインと暗号技術の関係
・楕円曲線暗号の紹介

セキュリティ関連技術者はもちろん、現代を生きるすべての人にとって必読の一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • SSL/TLSの専門書を読み始めたのですが、そもそも暗号技術の基礎が弱いと感じ、急がば回れで読み始めました。
    結果、色んな技術の関連が俯瞰でき、すごい良書でした。
    入門書ですが、一般のエンジニアにとってはこれだけ分かってれば充分仕事できる内容だと思います。
    学んでいて疑問に感じるところがクイズ形式になっているのも良かったです。

  • <シラバス掲載参考図書一覧は、図書館HPから確認できます>
    https://www.iwate-pu.ac.jp/information/mediacenter/Curriculum.html

    <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます>
    http://libipu.iwate-pu.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&category-book=61&annex=all&isbn=9784797382228

  • 2018/4/8読了。
    暗号化技術を簡単に解説した本である。

    とてもわかりやすく書かれており、入門書としてはとても良かった。
    ビットコインのブロックチェーン構造についても簡単に解説しており、わかりやすかった。

  • それぞの暗号技術がなぜ必要なのか順序だてて説明されているので非常に頭に入りやすい。

    ・盗聴防止(機密性)
    →「共通鍵暗号」
    →鍵配送問題
    →「公開鍵暗号」

    ・改竄防止(正真性)
    →「一方向ハッシュ関数」
    →なりすましは検出できない

    ・なりすまし防止(認証)
    →「メッセージ認証コード」(通信相手に証明)
    →リプレイアタック
    →シーケンス番号・タイムスタンプ・ノンスなどをメッセージに含める
    →第三者には証明できない
    (MACは共通鍵を用いるため受信者も算出可能)
    →否認を防止できない

    ・第三者に対する証明・否認防止
    →「デジタル署名」
    (デジタル署名は送信者秘密鍵を用いるため、受信者は算出不可)
    →署名検証に使う公開鍵をすり替えられたら、偽証可能

    ・公開鍵のすり替え防止
    →証明書
    →公開鍵基盤(PKI)

  • 数式をなるべく使わないような記述にはなっていますが、他の書籍のように数学的な議論を省いたざっくりとした説明に留まっていないところがこの本の良いところです。核となる部分に絞って数学的議論を持ち込んでいるところです。
    また、SSL/TLSの項については章の一つに過ぎないにも関わらず、とてもわかりやすく説明されています。

  • IT技術系の本ながら、数式がほぼでてこないのでちゃんと数学やってない人でも何となく暗号技術について理解できる。素晴らしい!

  • 名著だけあってよい。初学者でも読めて内容もそれなりに深いと思う。

  • ベストリーダー2016(和書)

  • [図書館]
    読了:2017/8/26

    CISSPの参考書として。
    とても幅広くかつ分かりやすく図もたくさん使って解説されており、資格試験関係なく良書と思う。

    DESの各モードの説明や、楕円曲線暗号の解説がすごくためになった。

  • SE必読

全26件中 1 - 10件を表示

プロフィール

結城 浩(ゆうき ひろし)
1963年生まれ。東京都在住のプログラマ、技術ライター。ウィキクローンの1つであるYukiWikiを開発したことで知られ、プログラミングに関する執筆、翻訳を行っている。
Webで公開した作品を元に、小説『数学ガール』を発表、ヒット・代表作となる。同作はコミック化されるとともに、「出版・著作により数学の研究・教育・普及に業績をあげた」ことによって日本数学会賞出版賞を受賞した。

暗号技術入門 第3版のその他の作品

結城浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

暗号技術入門 第3版に関連するまとめ

暗号技術入門 第3版を本棚に登録しているひと

ツイートする