天壌穿つ神魔の剣 3 (GA文庫)

著者 :
制作 : 狐印 
  • SBクリエイティブ
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797383263

作品紹介・あらすじ

【残りの欠片がすべて、こちらに向かってきています】
深夜、喋る剣ルガイアからもたらされた情報に驚いたアークだったが、その背後にある国家レベルの組織の暗躍にも気づくことができた。
そして欠片を身に宿したリリアを守るため、アークはある決意をする。

やがて、ルガイアの失われた過去の記憶が明らかになる中、アークは黒髪の女性と出会う。
「お前は……」
「ありがとうございました。アーク・リガード。……さよなら」

ルガイアを巡る世界の危機と対峙する時、神魔の剣が今、目覚める!
高木幸一×狐印が贈る王道ロマンティック・ファンタジー第3弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了。
    一応の結末を見た、という印象。
    読者の理解を得られなかったことによる物語の早送りが行われたのではないか。
    デビュー作や放課後四重奏のような青春ラブコメノベルの精華を目指した方が個人的には嬉しいがそれでは作者の本意ではないかも知れない。
    次回作に期待して待つことにする。

  • 最終回。ハッピーエンドでよかったねんけど。
    そういや妹おったん忘れてたし、解決せんまま終了やった。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

「俺はまだ恋に落ちていない」(イラスト:庭)でGA文庫大賞《期待賞》を受賞し、デビュー。ほか「放課後四重奏」(イラスト:ぜろきち)。

天壌穿つ神魔の剣 3 (GA文庫)のその他の作品

高木幸一の作品

天壌穿つ神魔の剣 3 (GA文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする