1分間ピケティ 「21世紀の資本論」を理解する77の理論 (1分間人物シリーズ)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.63
  • (0)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797383409

作品紹介・あらすじ

本書は、ビジネス界の巨人のメッセージを紹介する「語録集」シリーズです。世界のカリスマたちのメッセージを通して、一流の働き方や生き方、考え方のノウハウを学ぶことができます。ほんの1分で、1つのメッセージとその解説を読み終えることができ、毎日の仕事に活かせるようまとめられています。

シリーズ第11弾は、"いま世界で最も刺激的な経済学者"=トマ・ピケティを取り上げます。22歳でマサチューセッツ工科大学の助教授となり、30歳でフランス最優秀若手経済学者賞を重賞、現在はパリ経済大学教授を若干43歳で務め、著書『21世紀の資本』はアメリカでは2014年春の発売以降、半年で50万部(累計100万部超)のベストセラーとなり、世界経済のあり方、これまでの経済学を覆す新たな理論は、多くのビジネスマンに気付きを与えてくれます。

本書では、ピケティのやや難解な言葉を抽出し、噛み砕いてわかりやすく解説していきます。通勤電車の中や待ち合わせのときなど、いわゆるスキマ時間の1分を活用して、ビジネスや人生に気付きをくれるピケティの資本論をザックリとマスターすることができます。


<言葉一例>
「技能と技術革新の追いかけっこで労働所得が決まる」
「勝ち組・負け組は、保有する資本の量でl決まる」
「富の格差は止めなければならない。資本はさらに集中度を高め、貴族支配時代に近づいている」
「勝ち組・負け組のふるい分けはすでにはじまっている。行動を起こさなければならない」
「資本主義はすばらしいが、富の格差は拡大している」
「これまでの経済理論は、富の集中を加速させ、役に立たなくなっている」
「『ロミオとジュリエット』にも貧富の格差があり、それが悲劇になっている」
「驚くような経済成長率は、先進国に追いついた時点で終わってしまう」
「2100年には、ヨーロッパの18世紀からベル・エポックまでの水準に格差が上昇する」
「格差の構造を一変させたのは、相当部分が20世紀の世界大戦だった」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 繰り返し書かれていることや、真新しいことはないかもしれないが、入門書として個人的には良かった。
    人口を10%の富裕層、40%の中間層、50%の貧困層で分ける。総所得は富裕層が50%、中間層が30%、貧困層が20%の割合で占めている。資産を持つ者がますます富む。とにかく資本を持ってる者が収益を得るという話で、では資本を持つにはどうすれば良いかを考えさせられた。富の再分配ができるようになれば良いのになと思いつつ。

  • 1年前からピケティ、ピケティとやたらブームになっており、私もr>gつまり資本収益率>経済成長率の話ぐらいは把握していたのだが、詳細はよく知らなかった。r>gの式で結局言いたいのは、お金持ちつまり資本家の資本は、労働所得者(資本家以外)による経済成長よりもお金を多く生むということで、これは貧富の格差の固定化を表しているということが理解できた。また政治家は資本家からの献金などもあり資本家を優遇してしまうのでなかなかこれを覆すのは難しいという。累進課税や多額の遺産相続などにもっと税金をかけることが解決策の一つ。

  • ピケティがいいたいこと。

    資本収益率が経済成長率を上回る以上、
    格差は絶対に広がる。てこと。

    元々、資本主義は格差を少なくするものと
    考えられたが、決してそんなことはない。

    資本、財産を持ってる人ほど、儲かる。

    だからそこに税をかけないといけないが、
    政治献金を富裕層から受けてたりするとなかなか難しい。

    大規模な資産ほど収益率が高い。


    総じて、労働取得中心じゃあ格差は広がる。

  • エッセンスを抽出したもの。ピケティ理論の一端に触れることができた。ピケティ分かったとはとても言えないので、21世紀の資本論にチャレンジしたい

  • 散々話題になったピケティの本、は分厚すぎて読めないので簡単に理解できるやつを。
    雑誌やテレビなどでも色々解説されていたのですで、内容もなんとなく知っていたのですが、全体通して読むとやっぱり面白そう。そしてこのままだと本当に格差社会は広がっていくんだなぁっという恐怖。
    一番の問題は格差社会の広がりに気がついて対策を思いつく人たちが富裕層ばかりで、あえて対策に乗り出さないのでは?っということ。ピケティの本を読んでいるのも大半が富裕層な気がするし。
    久しぶりに経済学の本を読みましたが、そういえば自分が経済専攻だったということを思い出しました。

全5件中 1 - 5件を表示

1分間ピケティ 「21世紀の資本論」を理解する77の理論 (1分間人物シリーズ)のその他の作品

西村克己の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

1分間ピケティ 「21世紀の資本論」を理解する77の理論 (1分間人物シリーズ)はこんな本です

ツイートする