本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.69
  • (128)
  • (256)
  • (209)
  • (49)
  • (8)
本棚登録 : 2325
レビュー : 301
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797383485

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホリエモンってあまり印象がよくなかったのですが、この本を読んで、少し見直した・・・っていうか好感もてました。
    まさに、私のような優柔不断の人間に対しての『喝』を入れる内容で、ほんと勇気をいただいたような気がします。
    やりたいことがあるならつべこべ考えずにやってしまえ!
    ほんと、そうなんですよね。
    人生、後ずさりしそうになったら、またページをめくりたいと思います!・・・・じゃなくて、行動を起こせ!(って、声が聞こえてくる・・・(~_~;)

  • アドラー心理学にも通じるものがある(?)
    現代社会を生きる上で必要な考え方が多いと感じた。
    面白い。

  • 世の中の多くのことはバンジージャンプと一緒。「できない」と思っているだけで、跳んでみたら誰にでもできる。些細なことで良いから常に小さなチャレンジを行い、少しずつ少しずつ成功体験を重ねていく。プライドはなくなった方が、みんなに愛される等、堀江さんがどのようにして成功してきたかが分かるとても読みやすい本であった。何か挑戦することにためらってしまう自分にとっては本当にいい本だと感じた。とにかくやりたいことをやろうと思う

  • we agree to disagree. 必要ですね。

  • 発売されたのを発見し、即読んでみる。

    新書ですが、この厚みの中に今までの著書で述べてきたことはじめ、
    エッセンスがぎゅっと詰まっています。

    堀江さんの本を読んだことがある人にも、今まで読んだことがない人の一冊目としてもオススメ☆

  • タイトルにもある通り、時間を無駄にしない生き方について書かれている印象を持ちました。その基本となるのが「人生の時間は有限ではない」と言う事でしょうか。著者が一般的に「成功者」と見られる部分も、本人にしては特別な物でもないと。ただ、人より時間が濃縮されていると言う所は、もっと「時間」の大切さを振り返る切っ掛けに。

    堀江氏も、好き嫌いが分かれるかと思いますが、この本は読んでみて損がない一冊です。何かしら、参考になる部分が一つはあるのではないでしょうか。

  • アイデアに価値はなく実行力に価値がある、という記載は目から鱗だった。
    シンプルに「とにかくやれ」というメッセージを受け取った。
    このままだと自分が時代に乗り遅れる焦燥感を感じた。

  • (09.11.2019)

    「ホリエモンはやっぱり普通じゃない…」と思うところもあったが、刺さる箇所がいくつもあった。時間を無駄にしてはいけない。人のことは気にしない。成功者が口を揃えて言うこと。無駄なプライドは捨て、人目を気にせず、自分の好きなことに没頭する人生を歩みたいな、と強く思った。自分の生き方をもう一度見つめ直したい。

  • 2018/3/5初ホリエモン。共感するところも多く面白かった。★4

  • 限りのある人生、どのように生きていくかは人間にとって重要なテーマです。
    世間を気にして「言いたいこと」や「したいこと」を抑え、無理に社会の価値評価に自分を合わせる人生は、本当に幸せなのだろうかと思うことがあります。
    いろいろと考えさせられる良い本でした。

    105ページの『大学に行って中途半端な学歴を積むより、調理学校に行ってシェフになり(中略)よっぽどモテるし、儲かるのではないだろうか。(中略)自分のやりたいことを、ノリとフィーリングでやってみるしか成功はありえない』は、堀江さんらしい考え方だなぁと思いました。

著者プロフィール

■堀江 貴文(ホリエ タカフミ)
1972年福岡県生まれ。実業家。
SNS media&consulting株式会社ファウンダー。
現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリのプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。
主な著作に『多動力』(幻冬舎)、『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)、『10年後の仕事図鑑』(共著・落合陽一/SBクリエイティブ)などがある。

「2019年 『小説 多動力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)のその他の作品

堀江貴文の作品

ツイートする