人生に幸せ連鎖が起こる! ネガポジ 変換ノート

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.20
  • (0)
  • (3)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797383645

作品紹介・あらすじ

今、手元に1冊のノートがあります。

ここには、世界中から集まった「仕事」「人間関係」「家庭」「人生」の悩みが、
書き留められています。
そして、その悩みをどうやって僕がポジティブに変換したのかも、記されています。

僕は、いつもポジティブです。人生も仕事も家庭も、最高に恵まれています。
僕が「幸せの法則」について話すと、共感してくれる人がたくさん現れました。
だから、どんどんシェアしてきました。
すると、思いがけないことが起こりました。

たくさんの悩み相談が、届くようになったのです。

「感情のコントロールができません」
「どうしてもネガティブになってしまうんです」
「次にどこに向かえばいいか、わからなくなりました」

書道教室の生徒さんから、テレビで活躍する芸能人、メダルを獲ったスポーツ選手まで。
そこで、僕は彼らの悩みを、次々にポジティブに変えていきました。
すると、悩みにとらわれて、どんより曇っていた人の顔がみるみる明るくなります。

「あれ? これって、ピンチじゃなくてチャンス?」
「なんだか力が湧きました」
「心がラクになりました!」

僕は何もしていません。
モノを見る角度を少し変えただけです。
性格も、問題も何も変わっていない。
なのに、その人の見える景色は180度、変わったのです。
なぜこんなことが起きるのでしょう。

ポジティブとは「物事」のとらえ方、その角度だからです。

ポジティブとネガティブは、きれいに2つのカテゴリーに分かれるわけではありません。
もっとあいまいに存在しているものです。
だから、自分で決められるんです。
だったら、自分で自分を映画の主人公にすればいい。
脳が、勘違いしやすい習性を利用して、言葉だけを先にポジティブに変換してしまえばいいのです。

では、ネガをポジに変換するには、どうすればいいのでしょうか。

この本では、多くの人に共通する29の悩みをピックアップしました。
具体的な変換の方法と一緒に、公開します。(「はじめに」より)


■構成
1章 幸せに条件付きをやめてみる(幸せのとらえ方)
2章 いつも上機嫌な人になる(性格)
3章 他人に感情をゆだねない(人間関係)
4章 わかりあえないからこそ、メンテナンス(家族・恋人)
5章 力をゆるめれば、すべてうまくいく(仕事)
6章 読むだけで未来の不安が消える(ビジョン・目標)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【図書館】双雲さんの本は2冊目。相変わらず読んでて楽しくなる。私は色々考えすぎるし、それも悪い方に考えてしまうので頭も心も自分で疲れさせてる(笑)なので時々こういう本を読んで軌道修正してます。楽しもう♪

  • 誰かにそのまま伝えたくなるようなそんなストレートなわかりやすさ。言葉選びや表現も巧みで武田双雲が人気な理由がちょっとわかった気がした。

  • 助かってます

  • ようあるといえばようある、マイナス事項のプラス事項変換の方法論。好悪感情が思い込みであることとし、それを変換する方法を色々紹介してあります。やりやすいと思ったのは、紙に書いて見える場所に張ること。

  • 基本的にワタクシ、ネガティヴな生き方ではないとおもっています。ネガティヴで生きていたらやってらんないことも多く、どこかの段階でまーしょうがない、と楽天的に考えるようになってしまったのだな。それが生きる知恵、その方が生きやすい。とはいえ、気質的には十分にネガティヴだとおもうんです。日々ぐずぐずとだらだらとあ〜あ、と憂いております。この本は仕事で使えるかなぁとよんでみたわけで、サービス業たるものじぶんの気質はどうあれ、やっぱり明るくないといけない。で、たまにポジティブノックとかやりますが、その役に立ちそうだなぁと。たぶん自分としては、今後も大枠でポジティブ、細かくネガティヴでいくような気がします。すべてポジティブはむずかしいんでねぇ。ま、それでいいか。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

書道家。1975年熊本県生まれ。東京理科大学卒業後、NTT入社。約3年後に書道家として独立。NHK大河ドラマ「天地人」をはじめ、数々な題字や揮毫を手がける。独自の世界観で全国で個展や講演及び、著作活動を行なっている。

「2018年 『波に乗る力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人生に幸せ連鎖が起こる! ネガポジ 変換ノートのその他の作品

武田双雲の作品

ツイートする