10年後世界が壊れても、君が生き残るために今、身につけるべきこと 答えのない不安を自信に変える賢者の方法

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.92
  • (21)
  • (18)
  • (17)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 334
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797384017

作品紹介・あらすじ

資本主義の終わり、広がり続ける格差、日本解散論とグローバル化……、混沌とする社会の中で、何をすれば成功するのかは変わりますが、成功者がやっているのは、実は本当にシンプルなこと。ストーリーで、非エリートも成功するコツを紹介します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 変化していく社会と共に自分ももっと頭を使って調べて考え、物事の本質をつかむことが大事なようだ。難しいけど、やっぱり今まで持っていた価値感は今後変わっていくんだろうなと思う。
    途中物理的な話は難しかったけど、エピローグはとても分かりやすく学生のうちに読めたらよかったのになあと思った。いや、今でも十分生きるメッセージでした!

  • 働き方や学びかた、また成功したことは何が大事だったのかということが、主人公である「僕」と「紳士」の会話で展開されます。
    「紳士」のいう未来の日本は個人的には信じがたいですが、この先、何を学びどのように生きていくかの指針のヒントになる内容でした。

  • 改めて読み返す。もう読み返す必要はないかな。

  • コミュニティを強くすればするほど、お金を使わなくて済む。
    お金とは、コミニュケーションのための言語の一つ。
    中でも最強。

  • 自己啓発

  • ・Plan Do See のサイクル

    ・学ぶことを学ぶ。
    ・成功のコツは、成功するまですること。
    ・そのためには、継続する仕組みをつくること。

    ・Plan Do Seeの回転を早く
    ・作業は成果をあげない
    ・才能や個性よりも、プロジェクトにすることが大事
    ・やるべきことを言語化する

    ・曖昧なことを数字化してみる
    ・出世して認められたいから●●の勉強をする
    ・1回で終わらせられるものは1回で終わらせること

    ・日本の未来について。
    ・品性、教養、人間としての成熟。
    ・柔軟性、言語化能力、品性と教養。
    ・生体性、想像力や直感力、学ぶ技術力、真摯さ、誠実さ。

    ・結婚よりもパートナーシップ
    ・信頼残高を作ること
    ・自分をさらす。オープンにすること。
    ・摩擦を避ける。

    ・すべての悩みである人間関係を解決する。
    ・愛と条件の中に人はいる
    ・善悪もない
    ・うまくいかないときは、擦り合わせができていないだけ。だから罪悪感を持たないこと。
    ・優秀さは、能力×謙虚さ
    ・貢献マインドが大事
    ・海外へ行こう
    ・自分と違うものに好奇心を持って、飛び込んでいく
    ・能力がない=勇気がない

    ・語学は話せる程度でいい
    ・本質は何かを考える

    ・自分の得意なことでお金を稼ぐ
    写真を撮ります、似顔絵、言葉、旅行へ行ってきた

    ・お金を稼ぐのは簡単だ。
    ただ淡々とお客のニーズに答えればいい
    ・絵を描きたいから ではダメ。
    ・21世紀の人間に、仕事はアートとデザインしかない

    ・21世紀の3Cは
    好奇心、想像力、信用力

    ・稼げる仕組みをつくる
    ・何をやるかではなく、何でやるか
    ・夏目漱石は新聞に投稿したから成功した
    ・本当にユーザーが望むことを知ろうとする
    ・どこでも儲けるのか

  • これからの世の中どう変化していくのだろうか?どうやったら、生き残ることができるのだろうか?

    山口揚平氏による鋭い視点を学ぶことができます。

    20世紀と21世紀は大きな変化をしています。
    それでは、更に未来はどう変化するのでしょうか?

    未来は予測できるのか?
    できる部分はどこで、できない部分はどこなのか?
    その未来に向けて、いま行動すべきことは何なのか?考えることができます。

  • 面白かった。
    以下メモ

    異文化の中で柔軟性を身につける
    価値になるのは、知識ではなく本質を考えること
    優秀=能力×謙虚さ
    3C= curiosity, creativity, credibility
    唯一個人に求められるのは、環境を選択する勇気

  • ・ 成功する人はまずはじめたりしない。継続する仕組みを先に考えるんだ
    ・ 計画・実行・修正の回転を速く回す
    ・ 根源的欲求に結びつけて、やるべきことを言語化する(出世して認められたいからMBAの勉強をする、など)
    ・ お金は流し続けなさい。未来に向けて、価値を生み出すものに向けて、他人の幸福に向けて。そうすれば君は信用を作ることができる
    ・ 柔軟性とは自意識の解消度合い。そもそも仕事とは、他人や社会に貢献すること。自分でなく相手に合わせられるかどうかってことが必要だ。
    ・ いっしょにいてたのしいひと、気分のいい人になること
    ・ 悩みの解決はすべて主体的に行う。絶対に他人の正にしてはいけない。実際に問題とは、他人との摩擦が生み出した自分の心の中にある感情のこと
    ・ 21世紀の人権は社会から尊敬される権利、つまり承認欲求まで広がる
    ・ 人生は与えたものを受け取るようにできている
    ・ 資本主義社会は計量化される比較可能な単位を積み上げていく、ネットワーク社会はつながりと信頼をひたすら作り上げていく
    ・ 問題はそれが起きたのと同じレベルで解決することはない(アインシュタイン)
    ・ それぞれの人の心は、単純にいえば、愛と条件という軸をとった時にどこかの間にいる
    ・ 能力がないことは勇気がないこと、勇気がないことは自信がないこと、自信がないことは異質なものに対する耐性が弱いということ。「やっぱりつらいな」と思ってもいいんだ。そのときどんな感情になったかも含めたその経験の蓄積が君の自信につながっていく
    ・ 今の自分を認めて、それを一歩だけ進めればいい
    ・ 私たちが知りたいのは情報ではなく、この会社の根源的な価値の源泉だけだ(本質は何か)
    ・ これからの産業は、お金を儲けるための経済体を作るよりも、ある価値観を持った共同体を作るというふうにシフトする
    ・ 大事なことは知識や情報ではない。意識だ。知識は体験による身体感覚との結合をへて、初めて智恵となる。そして、物理的な環境の変化のみが意識変革をもたらす
    ・ 21世紀の3つのCはキュリオシティ(好奇心)、クリエイティビティ(創造力)、クレディビリティ(信用力)
    ・ コンテンツに価値があるのではない。メディアがコンテンツを規定する(シングルCDは頭出しを容易にした。ZARDは歌の最初にサビを持ってきて、メディアの力を最大限活かした)
    ・ 事業創造のフレームワーク 構想→顧客・ファイナンス・製品・組織→利益方程式
    ・ この世のあらゆるモジュール分解された資源は調達しうる
    ・ 成功の3つのパターン
    1) 快楽を追求すること
    2) 意味を追求すること
    3) やり続けること
    ・ 21世紀の人間の仕事は、アートとデザインしかない
    ・ 社会人は貢献意識があるかどうかが学生との違い
    ・ 受動から主体へ、自意識から他意識へ
    ・ 自己否定と向き合う。自分の嫌いな人間、許せないタイプの人間は自分自身のひとつの姿

  • 「Give & Give」を念頭に置く。
    自分が与えた人から何かが返ってくることを期待しない。ただ、自分が誰かに何かを与えたことを第三者が容易に追跡することができる社会になっている。そこで自分に「信用」が蓄積される。その結果、第三者から何かが返ってくることになる。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

早稲田大学政治経済学部卒業。1999年より大手コンサルティング会社でM&Aに従事し、カネボウやダイエーなどの企業再生に携わった後、独立・起業した。企業の実態を可視化する「シェアーズ」を運営、2010年に一度売却するも、2012年に買い戻した。現在はコンサルティングなど複数の事業・会社を経営する傍ら、執筆・講演を行っている。専門は貨幣論・情報化社会論。

「2015年 『10年後世界が壊れても君が生き残るために今、身につけるべきこと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山口揚平の作品

10年後世界が壊れても、君が生き残るために今、身につけるべきこと 答えのない不安を自信に変える賢者の方法を本棚に登録しているひと

ツイートする
×