「死に方」格差社会 満足できる死を迎えるためには (SB新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797384918

作品紹介・あらすじ

◆「多死社会」を今後迎える日本で、必須の課題である「死に方」

◆団塊世代が後期高齢者になるのは2025年、そこまでに日本人の死に方は大きく変わる。
政府は医療費を抑制するために、病院死から在宅死を奨励。今後8割の人間が自宅で死ぬ時代がやってくる。
しかし、ではどうやって死んだらいいのか? というと、多くの人はわからないまま。

◆嫌な言い方だが、死に方にも「格差」の影がちらついている。
建前的には、死に方にもいい悪いはないはずだが、
誰も実際には不本意な死に方、苦しい死に方、悪い死に方はしたくないはず。
そうした悩みに答え、この時代、どんな死に方ができるのかを検討する!

◆満足できる死を迎えるためには、医療側の論理を論破できる知識を身につけなさい!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 近藤誠医師のがん理論を高く評価していて、そこに引っかかりを覚える人は多そう。でも全体としては穏当な医療観・死生観だと思う。こういう考え方が常識になれば、いろいろと「話が早い」のではなかろうか。

  • 医者にかからない方がよいというのには疑問。医療費削減がチラチラ見えている。
    生活改善で医者に行かなくてすむ習慣づくりには賛成。

全2件中 1 - 2件を表示

「死に方」格差社会 満足できる死を迎えるためには (SB新書)のその他の作品

富家孝の作品

「死に方」格差社会 満足できる死を迎えるためには (SB新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする