伝説のホテルマンが教える 大人のためのホテルの使い方 (SB新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.08
  • (1)
  • (5)
  • (13)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797385182

作品紹介・あらすじ

ビジネスパーソンにとってホテル利用は欠かせない。
しかしリモコンに使ったことのないボタンがあるように、ホテルの使い方をすべて知っている人は案外少ない。
そこで本書ではビジネスパーソンが知っておくべきホテルの使い方を紹介する。


夏直前

出張や休暇に欠かせない「ホテル」の使い方、ホテルのプロが教えます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホテルをつかう。好きなホテルはなんども泊まる。心地よさ、スタッフとの会話、食事など、リラックスしたり、アクティビティの疲れを癒す。
    ホテルに持っていきたいのは、スキンケア用品、ルームシューズ、ビニール袋、ミツマタソケットなど。TVのプロモーションビデオを見てレストランや設備をチェック。
    ホテルのバーも使いたい。ウィスキーのグラスにボールかミスとの氷がうける。こだわりだ。もう一つは朝食。ベーコンを見れば、質がわかると。
    高級ホテルは子供の教育の場、サービス、エレガンス、声のトーン、テーブルマナー。その国の文化の水準を知るには、その国でもっともいいホテルを見よ。

  • 【No.224】「ホテルの客室にひとりでいる時間は貴重。日常生活では得られるようでなかなか得られない、静寂やひとりの空間を満喫することで、ストレスは随分、取り除かれる」「テレビは極力見ないようにする。しんとした無音の環境の中で、仕事や読書に集中すると、想像以上にはかどりますし、気持ちもすっきりするもの」「ホテルの部屋は気密性が高いので、いつもより一層、静寂と安心感を得ることができる」「客室を一歩も出なくても、すべてが事足りるのが高級ホテル」「高級ホテルは予算もかかるが、自分の大切な時間を買うと考えれば、これほど有意義な買い物はない。自分だけの時間を確保し、英気を養い、明日からの活力を得る」「服装というのは、根本は相手への配慮」

  • 旅行や出張の機会が多くなってきたので購入。

    これまではネットで安い宿を探すことが多かったが、少し視点を変えて宿を選んでみよう。

    また客室の使い方についても参考になった。

  • ホテルを使い尽くすためにどうするか、ホテル側に上客と思われるようにするためにどうするか。わかりやすく書かれているのですぐに実践できそう。が、自分はそんなにホテルに行くわけではないのでどこまで使いこなせるか。

  • <目次>
    第1章  京都を知るためにはまず祭りから
    第2章  京の名所の秘かな愉しみ
    第3章  食から見る京都人
    第4章  ”京都らしさ”を作るもの

    <内容>
    この本は、PHPが2008年に出した『京都人が書いた『京都』の本』の加筆・改題。ただ、基本は押さえられているのではないか?

全7件中 1 - 7件を表示

伝説のホテルマンが教える 大人のためのホテルの使い方 (SB新書)のその他の作品

窪山哲雄の作品

ツイートする