限界の正体 自分の見えない檻から抜け出す法

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.70
  • (6)
  • (19)
  • (9)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 139
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797385410

作品紹介・あらすじ

★リオ・オリンピック2016開催で注目!
オリンピック3度出場の侍ハードラーが明かす、心のブレーキの外し方。

★「考え方を変えれば、結果は変わる!」
アスリートからビジネスマンまで。
ストッパーを消して、劇的にパフォーマンスが上げる心の操縦法とは?

★あなたも、みずから「限界の檻」に入っていませんか?
心理学で明らかにされる、あなたの可能性をおさえる空気の正体……


3度のオリンピックに出場、400mハードルの日本記録保持者でもある著者が
心理学・行動科学の研究と出会い、自らの体験・アスリートの成功と挫折を
分析するなかでたどりついた境地。

「目標設定」「まわりの期待」「努力」「夢」…

これまで、モチベーションと思われていたものは
すべて、限界をつくり、才能にふたをする障害だった。


100メートル走で世界記録が出たとたんに、続々と記録を破る人が続く。
メジャーリーグで一人成功すると、次に続く人がどんどん現れる。。

人間にとって「限界」とは何なのか。
それは、脳の思い込み。自分で作った檻なのではないか――。
本書は、自分の眠った才能を発揮したいというビジネスパーソンに向けて、
これまでとはまったく別のアプローチで提示する、枠を超える発想術。


【内容より】
・目標には下方修正すべきときがある
・集中力が続かないのは、意志が弱いからではない
・努力は夢中に勝てない
・生まれつきの差は絶対に埋められないか
・自分の役割を演じるのをやめてみる
・期待に応えようとするとうまくいかないメカニズム
・自分探しはいきづまる
・憧れの人をめざす功罪
・「成功体験」は最大の障壁である
・わがままな人ほどモチベーションが続く
・失敗しても誰も助けてくれない
・事前準備は、しないほうがいいときもある
・無知を味方につける
・「お金や出世」のためにがんばる代償
・根性が通用する世界と、通用しない世界がある
・反復練習の落とし穴
・「自分ルール」を変えて、自分を意図的に驚かす
・他人の無茶ぶりに、100%「イエス」という
・となりの世界に勝てるフィールドがある
・「向いてない」ものにこそヒントがある
・「自信があるフリ」をすると脳はダマされる
・感情をコントロールしたければ、環境をコントロールせよ
……など

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルに惹かれて手にした一冊
    陸上に限らず幅広い業界の人に役立つ内容
    思考の変化➕環境の変化➡️限界突破

  • 図書館がおくる、「クラブ・サークル向けおすすめ図書」

    クラブ・サークル名 陸上競技部

    請求記号:159/Ta   図書ID:10048433

  • 為末さんはライターとしても才能がある。 競技者目線から限界について書かれています。自分の行なっている競技に置き換えてよめば、競技者のメンタルを高いレベルに持っていけます。

  • いまになり、自己啓発本を読んだらどう感じるのかと思い読んでみた。ほぼ実践できていたのでよしとしようか。

    本書には、アスリートがよく感じる「ゾーン」についての記載があった。以前、ボウリングをしていた際に、一瞬それっぽい経験をしたことはあるがなんといえばいいのか、言語化するのは難しいねえ。

  • fuyuko

    為末さんは内省の人ですね!
    なおかつ、行動力もあるので
    うらやましいです。

    自分で自分に限界を作っているかもしれないので、変化を起こして、自分に揺さぶりをかけてみようと思いました。
    2017/08/10 17:59

    にっち

    8月に出た為末さんの本ですね。
    この本も考察が興味深い一冊です。

    タイトルの「限界の正体」とは??
    例えば日本人が100メートルで9秒台を出せないのは
    10秒という数字にとらわれていいるからだというんですね。
    確かに10秒という数字が
    もしも11秒とか9秒だったとしたら
    これほど厚い壁のようには感じることもなく
    意外にもろく破れたりもするはずだと。

    それからレッテル効果というものもあって
    ジャマイカ人がある記録を更新すると
    アメリカ人とかヨーロッパの選手は
    あー、自分も出来るかも!と思って
    その記録をクリアしていくけど、
    日本人にそういう事はない。
    記録を出したのが中国とか韓国とかの
    アジア系だと、日本人もその記録が刺激になるらしい。
    そんなところもレッテル効果なんだろうなあと。
    そしてそのレッテルこそが「限界の正体」ということです。
    それはありますよね。
    身近な人が何か凄いことを成し遂げちゃうと
    自分でも出来るはず!と思ってやってみたら
    あららら、出来ちゃったー!みたいな。
    人間って環境とか思い込みに支配されてる生き物なんですよね。
    もうひとつ面白いなあと思ったのが、
    「WHYよりもHOWで考える」という考え方。
    なぜ宇宙が誕生したのか?を考えるより、どのように宇宙が誕生したのかを考えたほうがワクワクする。
    そしてなぜこの山に登るのか?よりもいかにして、この山に登るのかを考えたほうがワクワクする、という事ですね。

    為末さんがずっと言ってるのは、
    飛び越える事ができないハードル
    というのは現実的に存在するけれど
    飛び越えなくてなならないという
    思い込みが「限界の正体」であって、
    ハードルは潜ってくぐり抜けることも
    出来るし、迂回することも出来る。
    そもそもハードルの向こうに行くためには
    いろんな方法があるんじゃないの?
    ということですかねー。
    2016/12/04 09:34

  • 量の拡大が有効なフェーズとそうではないフェーズがある。有効でないフェーズに来たら、意識的に自分への変化(ゆさぶり)を与えることで新しい発見ができ、それが限界突破のヒントになるとのこと。

  • 限界をつくってしまってるのは、自分。

    ホントにそう。
    為末さんの文体好き。

  • 【No.41】「目標をかなえたいと強く願うほど、かなったあとの揺り戻しは大きくなる」「目標を持たず、自分にできる範囲で楽しんでいるかぎり、人は限界の檻に入りにくい」「基本動作では敵わなくても、いくつかの技術的な要素を組み合わせていけば、総合力で上回って勝つことができる」「現場で得た実践値は、人から聞いた知識に勝る。頭で理解したものはなかなか自分のものにならないが、体を動かして得たことは忘れない」「今の自分の立ち位置は、意図して狙ったわけではない。川の流れに乗ってみたら、思いもしなかった場所に辿り着いた、そんな印象」

  • 限界とは、人間が作り出した思い込みであり、自分で作りだした思い込みの檻に自ら入ってしまっている。
    という事を、陸上選手として世界と戦っている中で学んだことを実例を含めて書いている。

    彼の本は多分ほぼすべて読んでいるが、自分の実体験を第3者的な視点で冷静に分析をしているのが好きだ。

    自分も経験があるが、練習中にキツイと感じてもう駄目だと思っても、そこで何とか止まらずにやり続ければ意外と最後までできたりする。
    つまり、自分の限界の「もっと手前」を自分の限界だと思い込んでいるためで、そこで止まらずに進められれば本当の限界にはなっていない事を学ぶ事が出来る。

    また本書では目標達成についても触れていて、一流アスリートでも、「小さい時にオリンピックチャンピオンになる」という目標を持っていたわけではなく、目の前の小さな目標に対して努力をしていたら、いつの間にかすごい場所に来てしまったという事らしい。
    つまり、遠くにある大きな目標よりも、目の前にある小さな目標を優先してとりくみ、目の前の問題を解決し、改善を図る事の大切さを書いていた。

    目標が檻に変わる3現象
    ・目標達成にこだわる→自分を見失う
    ・目標が遠すぎる→続かない
    ・大きな目標を達成する→燃え尽きる
    そうならない為も目標の達成した、しないに関わらず、そのプロセス自体を楽しむことが大切

    心から信じれば願いはかなう。は本当。
    しかし信じること自体が難しい。
    1.そうなってほしい
    2.そうしてみせる
    3.そうなる事が決まっている
    →信じようとしている状態(1,2)では願いをかなえるほど力はない。

  • 経験と様々な情報・知識をうまく組み合わせて体系的にまとめられた"限界の正体"という檻の本質を伝える一冊でした。
    自分の限界を知る道しるべ、検証の一助になるかな?

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

『侍ハードラー』の異名をもつ元プロ陸上選手。そして、日本では未だに破られていない男子400mハードルの記録保持者(2001年エドモントン世界選手権 47秒89)。2010年、アスリートの社会的自立を支援する「一般社団法人アスリート・ソサエティ」を設立。現在、代表理事を務める。現役中は、2007年に東京の丸の内で「東京ストリート陸上」を自らプロデュース。2011年、2012年は地元広島で「ひろしまストリート陸上」も開催するなど、陸上競技の普及活動に積極的に取り組む。2012年6月、日本陸上競技選手権大会兼ロンドン五輪代表選手選考競技会にて現役活動に終止符。この後の展開が大いに期待されている。1978年広島県生まれ。著書:『日本人の足を速くする』新潮社 『走りながら考える』ダイヤモンド社『諦める力』プレジデント社 『負けを生かす技術』朝日新聞出版

「2016年 『限界の正体』 で使われていた紹介文から引用しています。」

限界の正体 自分の見えない檻から抜け出す法のその他の作品

為末大の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
佐々木 圭一
村田 沙耶香
リンダ グラット...
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

限界の正体 自分の見えない檻から抜け出す法を本棚に登録しているひと

ツイートする