一刀両断のアンバー・キス (GA文庫)

著者 :
制作 : 珈琲猫 
  • SBクリエイティブ
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797386004

作品紹介・あらすじ

「準備は整いました――どうぞ緋色からしてくださいまし」

高校生の居抜は《秘鍵使い》。
《秘鍵》を用いて、同居人である双子姉妹の心――《庫》を開け武器を抜き、古都の闇を打ち祓う。

「抜け駆けはずるいぞ! 青生から……その……して?」

《庫》の解錠方法は――

「お兄さまそっちじゃ……ああんっ」
「紛らわしい言い方をするなっ!」
キスだった!?

そんな彼らの前に現れた、3人目の《庫》と巨乳を持つ少女、琥珀。
「私は庫巫女。そして居抜の――将来のお嫁さんです♪」

事態はやがて、居抜の婚約者の座を巡る騒動に発展するが……!
想いとカラダが交錯する、トラブル&バトルストーリー!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エロゲのシナリオやな。
    続かへんやろし、こんなもんやろ。

  • タイトルと世界観が合ってないなあ

  • 面白かった―(*´∇`)
    せんやさんの作品はこれで読むの3本目ですが、こちらも女の子たちがみんな可愛くて、そんでもってエロくて積極的で最高でした。
    琥珀かわゆいよ、琥珀。
    ナイスおっぱい。けしからんおっぱいです。

    ハーレムバトルものって読んだの初めてだったけど、可愛い女の子に追いかけられて、ちゅーして突っ込んで抜けるなんて、これは殿方の夢だねえ。
    私が卑猥なこと書いてると思う人は、あとがきまでばっちりこの本を読むと意味がわかるよ。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1985年宮城県生まれ、東京農業大学卒業。大学図書館司書をしながら執筆活動を行い、2014年「神さまのいる書店 まほろばの夏」で第二回ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞〈大賞〉を受賞しデビュー。埼玉県在住。

一刀両断のアンバー・キス (GA文庫)のその他の作品

三萩せんやの作品

一刀両断のアンバー・キス (GA文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする