新宿駅はなぜ1日364万人をさばけるのか (SB新書)

  • SBクリエイティブ
2.85
  • (3)
  • (4)
  • (18)
  • (12)
  • (2)
本棚登録 : 205
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797386271

作品紹介・あらすじ

リニューアル工事が2016年3月に完成する「ギネス世界一の乗降客数」をほこる新宿駅の謎を、
駅研究の第一人者である田村圭介准教授と、気鋭のゲームクリエイター上原大介が解く!


地上2階、地下7階の新宿駅はどのようにして、平均乗降客数364万人/日をさばいているのか。

謎1)新宿駅はギネス世界一の乗降者数をどうさばいているのか?
謎2)なぜ新宿には、駅名に「新宿」とつく駅が10もあるのか
謎3)新宿駅の谷間に存在する7つの抜け道の秘密
謎4)新宿駅と内藤新宿、新宿花街ができた理由
謎5)新宿駅はなぜサクラダ・ファミリアより長く工事が続いているのか
謎6)改札の中に改札があるわけ
謎7)ル・コルビュジェ唯一の日本人弟子が新宿駅周辺をつくっている
謎8)新宿駅を使う364万人とはどういう人か?
謎9)新宿駅が日本最大のアトラクション(ダンジョン)である理由

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  思っていた内容とちょっと違ったので残念。著者は東京駅を書いた人ですよね。

     東京駅も同じようなテイストで解析していたような気がするんだが結局どっちが複雑なんでしょうね。

     東京にはまだまだ複雑な駅がたくさんあるのでこれからの続編も期待しています。

  • 新宿駅増殖の期間はサグラダ・ファミリアより長い。
    アルプス広場は急行アルプス号を待つ人たちのたまり場だった。
    暗号・「田ラみ」。漢字、カタカナ、ひらがな全部あるのがいい。
    甲州街道と青梅街道の追分から紐解いていくのはクール。

  • 新宿駅の動線の工夫が書いてあるのを想定したら、違いました。新宿駅周辺を「ブラタモリ」な感じでした。
    図版の配置が適切で読みやすいです。
    鉄道なら出口の選択から。行きたい場所(あるいは近くのランドマーク)の案内指示を確認して、該当の出口を出たら、あとは案内指示に従うだけ。なので、迷う経験が無いのです。ただし、地上は別ですけど。迷う人の心理がよくわかりました。

  • 新宿とつく駅が10
    Dungeon 地下牢、土牢

    新宿駅 地上2階 地下7階
    JR 1階部分に8面16線 プラットホームは南北に並ぶ→階段を上ればプラットホーム上の連絡通路→南系の改札(南口、東南口、サザンテラス口、ルミネ口、新南口)
    階段を下りれば東西口に分かれる

    丸ノ内線新宿駅→JRのプラットホーム郡と直交する形で地下2階 地下1階はメトロプロムナード

    現在の新宿通り 新宿三丁目の交差点より東が甲州街道、西が青梅街道
    尾根道・馬の背→皇居から甲府をつなぐ甲州街道のうち新宿周辺は尾根道を利用

    地下の形 田ラみ

    7つの抜け道
    ①大ガード 靖国通り
    ②角筈ガード 旧青梅街道
    ③メトロプロムナード(地下) 新宿通り 丸ノ内線
    ④北連通路
    ⑤中央連絡通路 アルプス広場→急行アルプス・登山ブームに登山客

    ⑥南口跨線橋 甲州街道
    ⑦サザンテラス口ウッドデッキ

    ル・コルビジェ「これからの都市づくりは鉄道や自動車の道をしっかり計画しないと未来がない」→合理的、機能的に直線

    2020年 新宿駅東西自由通路→北連絡通路の拡幅

  • さばけてません。

  •  乗降客数でギネス記録を持ち、迷いやすさでは屈指の「新宿駅」をRPGのダンジョンの迷宮に例えて、その複雑な構造や、そもそもの地形学的な成り立ちを、軽いタッチで紹介した本。
     実際に新宿駅で迷った経験をヒントに、スマホ用の新宿ダンジョンゲームを本当に作成したゲーム作者と、一級建築士との共著。

     今はだいぶ慣れたが、あまり新宿駅を利用しなかった頃は、乗り換えや目指す出口で迷うことは多く、複雑に張りめぐらされた地下道は確かにダンジョンの迷宮のように冒険をしている気分に近かった。
     今も新宿の地下は増殖と変化の最中だ。サンルートホテルあたりの地下にある大江戸線と京王新線のあいだの幻の通路や、小滝橋通りの先へ続く工事中の壁の向こう側の秘密にも迫りたいものだ。

  • 新宿ダンジョンダウンロードしました。
    歴史的な背景から、おのぼりさんの体験談から、といろんな角度から紐解いていておもしろい。

  • タイトルからすると、駅員さんたちがラッシュアワーの乗客をどうやって捌いていくのか、そのノウハウ的な内容を想像するが、そうではなく、新宿駅を中心とした新宿という空間が、どのように成り立っていて、そこがどのように多くの人間たちを行きかわさせるのか、建築空間的、地勢的、歴史的にアプローチして、新宿の迷宮的な魅力を浮き彫りにしていくものである。わかりやすくいえば、ブラタモリの新宿編みたいなものである。ま、ちょっとタイトルが悪いよね。

  • この本読み出してから、新宿ダンジョンやり出した。ゲームは大変おもしろい!
    けど、この本はフツーかなー、と。
    ちなみに新宿駅はマスターしてるぜ!わはは!て、小田急やら京王やらはほとんど乗らないからあれやけど、東西行き来は迷わない!
    渋谷は完全にイミフです・・・。新宿ダンジョン無事クリアしたら渋谷やろーっと。

  • おいおい。なぜさばけるのかなんて一言も書いていないじゃないか。またしてもタイトルに騙されました。知能指数の高そうな一級建築士が新宿駅をテーマにした人気ゲームの作者にお金儲けの話しをして書き上げたのがこの本でした。はい。おしまい。新宿駅を迷宮にたとえてゲームを作成したその柔らかい発想に免じて★3。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一級建築士。昭和女子大学生活科学部環境デザイン学科准教授。1970年東京生まれ。95年早稲田大学大学院理工学研究科建設工学(建築)修了。98年ベルラーヘ・インスティチュート・アムステルダム修了。98~99年UN Studio勤務。99~2002年FOAジャパン勤務時に横浜港大さん橋国際客船ターミナル(02年)の設計・監理を担当した。著書に『迷い迷って渋谷駅』(光文社)、『東京駅「100年のナゾ」を歩く』(中公新書ラクレ)。

「2016年 『新宿駅はなぜ1日364万人をさばけるのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新宿駅はなぜ1日364万人をさばけるのか (SB新書)のその他の作品

田村圭介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
又吉 直樹
みうら じゅん
佐々木 圭一
塩田 武士
村田 沙耶香
三浦 しをん
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

新宿駅はなぜ1日364万人をさばけるのか (SB新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする