たのしいRuby 第5版

制作 : まつもと ゆきひろ 
  • SBクリエイティブ
3.50
  • (2)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 119
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797386295

作品紹介・あらすじ

いちばん売れているRuby入門書の決定版。

初版から14年。改訂とともに変化しながら、ずっと読まれ続けている定番書です。
第5版では、最新のバージョンに対応。

プログラミング初心者でも読み解けるように、
チュートリアル、基礎、クラス、実践とテーマを切り分けて、平易に解説。
Rubyの基礎から応用までがわかる一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Rubyのコード一つ一つの意味が丁寧に解説されていて面白かった。何よりもわかりやすいし、1文1文に意味があることがわかる。実際に自分で書いていくのに必読の書

  • ruby面白そう

  • Rubyを学ぶ上でとっつきやすい本ではあるが、プログラミングについての知識をまったく持っていない人には、ところどころつっかえる部分があるかもしれない。本書はRuby以外のプログラミング言語--できればJavaのようなオブジェクト指向の言語--の知識がある人が読むと、すんなりとRubyの世界を理解できるようになるかもしれない。私はほとんどプログラミングをしないが、趣味の範囲でAndroidアプリなどを開発したこともある。その知見が本書を読み進めるために役立った。本書を読むきっかけは、あくまでも趣味としてプログラミングをしようと思い立ったから。どうせ始めるのなら触ったことがない言語に挑戦するのがいいと思い、Rubyを選んだ。本書を読み終えた今は、数独を解くプログラムを書いている。本書はすらすら読めるが、プログラミングについてはまだまだ修行が必要そうだ。数独を解けるようになるのはいつになるだろうか。

  • 基礎的な事が学べる。
    本の内容もとても分かりやすく、
    何度も読む事で理解が深まる。

  • 請求記号 007.64/Ta 33

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

札幌出身。北海道大学卒。Webアプリケーションの開発に従事する傍ら、日本Rubyの会を設立し、 以降現在まで同会代表をつとめる。2010年からは株式会社達人出版会にて電子出版事業に注力中。 著書に『たのしいRuby』『Rails3レシピブック 190の技』(共著)など。 好きなメソッドはattr_accessor。 好きな作家は新井素子。

「2016年 『たのしいRuby 第5版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たのしいRuby 第5版のその他の作品

たのしいRuby 第5版 Kindle版 たのしいRuby 第5版 高橋征義

高橋征義の作品

たのしいRuby 第5版を本棚に登録しているひと

ツイートする