教養として知っておくべき20の科学理論 この世界はどのようにつくられているのか? (サイエンス・アイ新書)

著者 :
制作 : 竹内 薫 
  • SBクリエイティブ
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797386356

作品紹介・あらすじ

なにかの謎が解明されるたびに、テレビや新聞に登場する科学のさまざまな理論。
本書ではその中から、いま、知っておくべきしくみや法則を厳選して解説しています。
宇宙、物理、化学、地球、生物と、分野別にまとめているので、短時間で知識を身につけたいビジネスパーソンに最適。
理論が生まれた経緯や身近なトピックも取り上げており、楽しみながらご活用いただきたい1冊です。

■CONTENTS
序章 科学理論とは
第1章 宇宙 …… 宇宙創成の理論/暗黒物質と暗黒エネルギーが支える宇宙/宇宙の終末理論/恒星の未来と寿命の理論/ブラックホールの構造論
第2章 物理 …… 進化する素粒子論/アインシュタインの相対性理論/量子仮説から量子論へ/4つの力と大統一理論/超ひも理論が示すこと
第3章 化学 …… 元素の起源論/電子の軌道と元素の周期表/量子化学が変える化学の世界
第4章 地球 …… 地震と火山を説明するテクトニクス理論/月は惑星の衝突で生まれたという仮説/気候変動と地球温暖化の理論
第5章 生物 …… 生命素材の起源/生物に共通する基本原理/大量絶滅と進化の理論/人類進化論:分化、共存、交配

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 完全に理解はできなかったが、わかった気になれたので良い本ということにする。この手の本は色々あるが、カラー図突きで、宇宙、物理、化学、地球、生物の5分野でコンパクトに纏めてくれているので飽きない。どんどん情報は進んでいくので、この本も定期的にアップデートして欲しい。ぜひ読みたい。

  • 408||Sa||357

  • 請求記号 401/H 94

  • アインシュタインが一般相対性理論を発表してから、ちょうど100年とのこと、この機会に今一度科学たるもの何ぞやと挑戦してみるも、よっぽど頭が悪いのか、ますます混迷深まるばかりなり。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

細川 博昭:作家、サイエンスライター。鳥を中心に、歴史と科学の両面から人間と動物の関係をルポルタージュするほか、先端の科学・技術を紹介する記事を執筆。おもな著作に、サイエンス・アイ『教養として知っておくべき20の科学理論』『マンガでわまるインコの気持ち』『身近な鳥のふしぎ』『鳥の脳力を探る』(SBクリエイティブ)、『鳥を識る』(春秋社)、『インコのひみつ』(イーストプレス)、『インコの謎』『インコの心理がわかる本』『うちの鳥の老いじたく』(誠文堂新光社)などがある。日本鳥学会、ヒトと動物の関係学会、ほか所属。

「2018年 『鳥が好きすぎて、すみません』 で使われていた紹介文から引用しています。」

教養として知っておくべき20の科学理論 この世界はどのようにつくられているのか? (サイエンス・アイ新書)のその他の作品

細川博昭の作品

ツイートする