ミニマルに暮らす with 無印良品

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.19
  • (5)
  • (13)
  • (16)
  • (12)
  • (1)
本棚登録 : 227
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797386745

作品紹介・あらすじ

著者のみしぇるさんがミニマルな暮らしに目覚めたのは、昨年3月、アメリカから東京・横浜市に引っ越しをした際に、引っ越し荷物が1か月間届かなかったことがきっかけでした。
はじめは不安で仕方がなかったといいますが、モノのない“スーパーミニマル”な生活をするにつれ、心まで軽く自由になっていったといいます。
その経験から、本当に気に入ったモノだけを残し、残ったものを無印良品のアイテムを使って心地よく整え、家族も自分も使いやすい風通しのよい部屋づくりがスタートしました。

本書では、どのようにモノを減らし、何を残し、どの収納アイテムを使って部屋づくりをしていったか、その一部始終を豊富なカラー写真とともにお伝えします。
たくさんある無印用品の収納グッズ、本当に使える製品はどれ? どんなふうに収納すれば、小さな子どもでも続けられるの? そんな疑問にも答えます。

みしぇるさんが試行錯誤の末にたどり着いた、ラクに“すっきりきれい”を維持する知恵がいっぱいです。

●目次
[はじめに]1か月間のスーパーミニマル暮らしで見えたもの
[1章]モノを減らす日々がはじまった
[2章]無印良品のアイテムで部屋づくり
・無印の収納用品は素材別で考える!
・玄関では必要なモノにすぐ手が届くように
・子どもたちの勉強はリビングで
・家族のだれもが出し入れしやすいように
・しまいこまず、収納しすぎない
・ボックス収納は目的別にシンプルに
・家族が片づけられる仕組みをつくる
・壁をいかして飾る・しまう
・洋服収納はすべてを見渡せるように
・シンプルで肌触りのいいものを
[3章]人生をシンプルにする10の習慣

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ミニマルに暮らす。
    最低限のものを大切にして暮らしていく。
    あこがれです!
    でも、なかなか難しい…

    この本ではミニマルをほぼ無印良品で揃えている。
    ”with無印良品”ですから、当然ながら、著者宅で使われている無印良品に関しては商品説明のページがあり…
    こんな本を読んでしまったら、無印良品を買いこんでしまうではないか~(笑)

    とはいえ、物にあふれ、物に振り回されている自分の暮らしを見直してみたい!という動機づけにはなったかな~

    • 杜のうさこさん
      azumyさ~ん、こんばんは~♪

      同じく物にあふれ、物に振り回されてる人間です。^^
      最低限のもので、すっきり暮らす。
      本当に憧れ...
      azumyさ~ん、こんばんは~♪

      同じく物にあふれ、物に振り回されてる人間です。^^
      最低限のもので、すっきり暮らす。
      本当に憧れちゃいますよね~!

      無印、大好き♪
      トータルで揃えたくて、収納ボックスとか買いに行って、
      整理するために買ったのに、また増える(笑)

      物は大切にしなさいと躾けられた良い子(笑)、
      でもそれが確実に裏目に出てるパターン(#^^#)
      2016/05/19
    • azu-azumyさん
      うさこさん、おはようございます~♪

      おっ!
      うさこさんも物に振り回されるお友達でしたか~^^
      そして、同じく無印好きとは~!!
      ...
      うさこさん、おはようございます~♪

      おっ!
      うさこさんも物に振り回されるお友達でしたか~^^
      そして、同じく無印好きとは~!!

      そうなの、そうなの!
      無印の収納用品を買って、またまた物が増えると言う悪循環にはまってる~(笑)

      ほんと、最低限のものですっきり暮らしたい!
      永遠のテーマだわ~(*^_^*)
      2016/05/20
  • 最近の行き過ぎる生活感のないミニマリストとは違って、この著者のミニマルに暮らす動機はとてもわかりやすく、話にとても共感出来ました。
    夫や子どもをちゃんと大切にした上での押し付けないミニマリストが、一般の主婦からすると見習いたくなる要素だなということを感じながら読み進めました。
    無印良品ばかりというわけではないですが、我が家も無印良品のアイテムが多いので、参考にしたい部分が沢山見つかりました。
    それに合わせて、みしぇるさんのライフスタイルが垣間見えたので、サラッと面白く読めました。

  • ミニマルを突き詰めたら無印良品のアイテムに行き着いた、といった感じ。日本の家屋の一尺に基づいた家具モジュールにぴったりハマるから無印の収納がしっくり来る、という考え方を再認識できる。よく「~~しましょう」といった指導書みたいな本はあるが、あくまで「私はこういう方法を取っています」というスタンスなので、「この通り実践しなきゃ意味ない」などとは気負わずに一日で読めた。

  • ものすごく潔く生きるスタイルがとても素敵だなーと、思いました!ひとまずこの著者が体験したスッキリのためにクッション捨てた。っていうのやってみるつもりです!

    別にいらないけどあって当たり前だと思い込んでるものって意外とあるんだよなぁ。

    大して気に入ってないし、別に無くて困らないのに全然目に入ってこない、そんなことに本を通して気がつかせてくれる一冊。

    ものの持ち方の潔よさが半端じゃない。

    靴下あんな風にしまってる人はじめてみました。まじで尊敬します!

  • みしぇるさんの本には、いつもたくさんの無印良品アイテムが登場している。
    具体的にどこにどんなものを使われているのかが知りたくなり、図書館で借りて読んでみた。

    何度も見かけタイマーや文房具以外にも、収納にもたくさん使われていることや、意外な使い方などもわかって面白かった。
    店頭で見かけても、この本で具体的な使い方を知らなければ興味がわかなかっただろうな、というものも(スチールトレースタンド、MDF書類整理トレーなど)。

    ただ、無印良品アイテムは全編に出てくるわけではなく、ほんの一部。
    みしぇるさんの本が好きな人はいいと思うが、「無印良品」をどう使うかが一番知りたい人には、ちょっとタイトルに偽りありかも。

    いきなり買わずに、内容を確かめてからをおすすめします。

  • 参考にしたい。

  • あーーーこうしたいこう住みたい

  • シンプルラブなのになぜか無印はそんなに好きじゃない。
    かちっとしたものが好きだからかなーなんか無印ってくたっとしてる気がする。

  • 多治見図書館 在り

  • 職場の京子さんが借りていて気になったので借りてみた。シンプル生活ってやつ。私の部屋はシンプルすぎて何もなさすぎるからもう少しモノ増やさないとな。カーテンなど真似したいところは取り入れて。
    16/08/08

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

みしぇる
1978年、山形県の禅寺に生まれる。子供は3人。転勤により、ハワイ、神奈川県葉山町、カリフォルニアなどで暮らす。現在は神奈川県横浜市在住。著書に『毎日すっきり暮らすためのわたしの家事時間』(エクスナレッジ)などがある。自身初の引き寄せ本を発売予定。

「いい気分」のある暮らし Feeling Good Life
https://ameblo.jp/happymichelle24
instagram @ura_ura_days

「2020年 『【マイナビ文庫】1日1つ、手放すだけ。好きなモノとスッキリ暮らす』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みしぇるの作品

ミニマルに暮らす with 無印良品を本棚に登録しているひと

ツイートする