一気に同時読み! 世界史までわかる日本史 (SB新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797388770

作品紹介・あらすじ

「日本に仏教が伝来したころ、インドでは0の概念が発見された」
「大化の改新が始まったころ、ササン朝ペルシャが滅んだ」
「応仁の乱が起きたころ、レオナルド・ダ・ヴィンチが生まれた」
「秀吉が関白になったころ、イギリスがスペインの無敵艦隊を破った」……

そもそも日本史と世界史は学校では別々に教えられ、本も別であり、
一般にはこのように並列で見て理解する機会はあまりありません。

でも、日本史と世界史は同時並行に進んでいるものであり、
近代以降はその観点から歴史は解説され、多くの人もそう理解していますが、
近代以前になると、そういう観点での理解が欠けています。

そこで必要になるのが「世界史の一部としての日本史」です。
つまり、日本史と世界史が同じ時代を並行して歩んでいるという「時代感覚」です。
これをもって歴史を眺めれば、理解が深まり、視野が広がっていきます。

歴史を同時に「ヨコ」で見ることで、浮き上がってくる意外な事実はあります。
世界中が同時に動いているということを実感できる時代に住んでいる現代人にとって、
近代以前の歴史もグローバルに見ていくことはとても大切なことです。

この本は「同時に学び、理解する」をテーマに、
日本史を揺るがした40の出来事・事件を「精選」。
それと同時期の世界史の主要なトピックスも並列して
つながりもわかるよう「解説」します。

本書を一読すれば、「歴史の同時代感覚」をつかむことができ、
各時代のグローバルな歴史が、
まるでドラマを観るようにわかりだすこと間違いなし!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中高の日本史と世界史の教科書を新書サイズに収めた印象。
    何度も読み直して歴史の流れを身につけておきたい。
    現代史も学ばなければ。

  • 日本史・世界史の教科書からいくつか抜き出して、時系列に並べただけで、飛び飛びで年表説明しているだけ。これでは各々の歴史の流れがわからないし、関係説明も不十分。同時代に日本と世界で何が起こったのかが少々わかるだけ。これなら各々の教科書を自分で読み比べたほうが有益。
    企画としては面白いのだが、失敗作のように思える。やはり日本は辺境国なので、古来から中国・朝鮮とは多少の関係はあるものの、欧米との関係は明治以降であるので仕方ないのかもしれない。それにしても世界史はややこしい。他方、日本史の記述はあまりにも省きすぎな印象。自分の知識の偏りが原因かもしれないが。

  • 人類誕生からトランプさんが大統領になるまでを、日本史と世界史を大まかに交互に説明した一冊。
    読むとニュースの見方も変わるかも?

  • 大まかに世界史と日本史の流れを捉え直すことができた。「あぁだからかぁ」と気づかされることもあった。小手先のテクニックだけではなく、もっと自分が社会を楽しく勉強しないと!

  • 日本史と世界史の流れを縄文時代から現代まてまを流し読み。

    日本が中国や朝鮮に影響を受けていた中世以前、西洋に影響を受けた中世、アメリカ、西洋に影響を受けた明治維新。日本も色々な国から影響を受けてきた事が伺える。

    世界に目を向けてみると、宗教という無形なものに振り回されてきたかと言うことが分かります。

全5件中 1 - 5件を表示

一気に同時読み! 世界史までわかる日本史 (SB新書)のその他の作品

島崎晋の作品

ツイートする