これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)

著者 : 永井孝尚
  • SBクリエイティブ (2016年10月6日発売)
3.38
  • (16)
  • (47)
  • (67)
  • (15)
  • (4)
  • 本棚登録 :551
  • レビュー :57
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797388954

作品紹介・あらすじ

身近な8つのストーリーで、マーケティングの基礎を学ぼう!
会議でよく聞くあんな言葉、こんな言葉、すべてこの1冊でわかります!

【目次】
第1章 腕時計をする人は少ないのになぜ腕時計のCMは増えているのか?
──「バリュープロポジション」と「ブルーオーシャン戦略」

第2章 人はベンツを買った後どうしてベンツの広告を見てしまうのか
──「顧客」と「ブランド」

第3章 雪の北海道でマンゴーを育てる?
──「商品戦略」と「顧客開発」

第4章 あの行列のプリン屋が赤字の理由
──「価格戦略」

第5章 なぜセブンの隣にセブンがあるのか?
──「チャネル戦略」と「ランチェスター戦略」

第6章 女性の太った財布には、何が入っているのか
──「プロモーション戦略」と「マーケティングミックス(4p)」

第7章 きゃりーぱみゅぱみゅは、なぜブレイクしたのか?
──「イノベーター理論」と「キャズム理論」

第8章 古本屋がふつうの本屋より儲かる理由
──「マイケル・ポーター5つの力」と「競争戦略」


【表紙イラスト:三つ葉 優雨】

これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新聞広告で見て、ちょっと読んでみたいかなと思い図書館で借りた。
    表紙は広末涼子じゃなかったけど(笑)

    どれも興味深いマーケティングばかり。
    うっすらそうだろうと思いながらも、きちんと解説されて納得。

    北海道での真冬のマンゴーに驚き。

  • マーケティングの入門書中の入門書。薄く浅くマーケティング理論を網羅する。薄くて浅すぎて全然記憶に残らないのがしんどいところ。また、セブンイレブンやアサヒビールなどの実業の例は適切でわかりやすいけど、つかみとおちとちょっとした笑いを狙ったきゃりーぱみゅぱみゅの例はお寒い。真面目くんがムリして面白さを出そうとするなや。。。と思う。
    ふわっと基本を抑えるには過不足ないと思う。ただし、得られるものもそれなりに少ない。ノウハウ本レベルでももう少し濃密であって欲しいなー。
    とはいえ薄いのでけして挫折せずに読み通せるのはありがたいことではある。これを読めない人が漫画版を読んでもこれを読めない時点でそれなりの確率で成功を望めないことが確定するだろう。いや、悪くない本だよ。

  • マーケティングについて実例を出して解説した一冊。

    身近な店舗などの実例を出しながら書いていたので読みやすかった。

  • 広末の表紙に惹かれて手にとってしまいました。
    確かに内容は面白いのですが、全てどこかで読んだような気がする内容で
    読み終わってもあまり心に残るところがありませんでした。

    強いて言えばプリン職人の赤字経営の話が印象に残ったくらいですかね。

  • めちゃくちゃおもしろい。
    自分はばりばりの理系だけど、社会人になったらマーケティングの知識は絶対役立つとおもった。

    それはビジネスでもそうだけど、人間関係とか自分自身を表現するときに役立つ。

    ・時計を買う人は減っているのに、どうして時計の広告は増えているのか。
    ・人はベンツを買った後に、ベンツの広告をより見るようになるのはなぜか。
    などなど身近なことを題材にマーケティング理論が学べる初級者向け。

  • マーケティングの基本を簡単かつ、身近な企業などで説明してくれているので、とてもわかりやすかった。

  • 身近な商品や企業の実例で分かりやすく楽しめました。

  • たしかに、この表紙だと、売り上げアップしますね。

  • 事例による具体的な説明は、初心者の私にとって、とてもわかりやすかった。自分が扱っている案件の場合、どう考えたら良いだろう?とシンプルに考え、答えの一例を求める時には参考になりそう。

  • マーケティングの本。
    なるほどなって思うことが多々あった。
    腕時計の売り方なんて確かにそうだと思いました。
    今は携帯で時間が見れます。
    腕時計で時間がわかるのはもちろん、ストップウォッチが付いてるくらいでは誰も買わないです。
    そこで腕時計はGPSウォッチ、登山ウォッチ、ランニングウォッチなど時間、ストップウォッチ以外に突出した機能のついた腕時計を売ってます。
    タグホイヤーやヴィトンだってスマホと連動できるスマートウォッチ作ってますしね。
    僕も時計を普段しませんでしたがApple Watchなら今後もしてもいいかなと思います。普通の時計じゃないから。
    僕は新しい時計の売り方に納得して購入したというわけです。
    美容師や他の仕事も同じかもしれませんね。
    カットだけを提供してもダメでしょう。ほかになにかがないと。
    ベンツを購入した後の人はベンツの広告をよくチェックするみたいです。
    いい買い物をしたと自分を納得させたいから。
    もちろんそうですよね。高い買い物だったから。
    そこでベンツは購入した後の顧客に対してメルセデスオーナーだけが参加できるパーティーを開いてオーナー同士に交流してもらったり、買ってから10年以上で走行距離10万キロ以上の顧客を表彰したり買った後の対応もすごくやってるみたいです。買ってよかったと思ってもらうために。今後も乗り換えてもらうために。
    ベンツ乗ってる人ってベンツばっかり乗り継ぐイメージあるのはそういうことだったのかと思いました。
    セブンイレブンの顧客データの集め方とかも面白かったです。
    セブンイレブンの友達はまぁまぁ適当やし絶対ではないと言ってましたが、レジに10つくらい?のボタンがあってそのボタンでこの商品をこの時間に男性か女性の何歳ぐらいのお客さんが購入したとボタンを押さないとレジを完了できないみたいです。
    年齢はもちろんその店員の判断ですが…。
    今度セブイレに行ったら見てみてください。
    あ、何歳ぐらいや思われてるってわかるかもしれません。w
    どうやって売るか。とにかく情報集めるのは必須なんじゃないでしょうか。

全57件中 1 - 10件を表示

これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)のその他の作品

永井孝尚の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
伊賀 泰代
冨田 和成
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)はこんな本です

これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする