これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.50
  • (32)
  • (93)
  • (107)
  • (19)
  • (5)
本棚登録 : 1043
感想 : 100
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797388954

作品紹介・あらすじ

身近な8つのストーリーで、マーケティングの基礎を学ぼう!
会議でよく聞くあんな言葉、こんな言葉、すべてこの1冊でわかります!

【目次】
第1章 腕時計をする人は少ないのになぜ腕時計のCMは増えているのか?
──「バリュープロポジション」と「ブルーオーシャン戦略」

第2章 人はベンツを買った後どうしてベンツの広告を見てしまうのか
──「顧客」と「ブランド」

第3章 雪の北海道でマンゴーを育てる?
──「商品戦略」と「顧客開発」

第4章 あの行列のプリン屋が赤字の理由
──「価格戦略」

第5章 なぜセブンの隣にセブンがあるのか?
──「チャネル戦略」と「ランチェスター戦略」

第6章 女性の太った財布には、何が入っているのか
──「プロモーション戦略」と「マーケティングミックス(4p)」

第7章 きゃりーぱみゅぱみゅは、なぜブレイクしたのか?
──「イノベーター理論」と「キャズム理論」

第8章 古本屋がふつうの本屋より儲かる理由
──「マイケル・ポーター5つの力」と「競争戦略」


【表紙イラスト:三つ葉 優雨】

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 楽しかったです。

    こういうの好きです
    色んな売り方があってワクワクします

    商売もそうですが
    人付き合いとか、仕事の采配のセンスとかって
    個人的に露骨に出るのが
    プレゼントやそのお返しにあらわれると思ってます
    あげるものがなにか!とか、ではなく

    あまりこの人仕事が上手くなさそうと思うのが
    【自分本意の贈り物】の人が、俺は信用できない(笑)
    お洒落だったり、値段が高いの選ぶ人は嫌…

    相手のニーズにを考えれてるか
    万が一 相手にヒットしなくても迷惑にならないか!が大事だと思ってて

    それができない人は
    ごめんなさい…ってなります(笑)

  • 物を売るのには戦略ありきという事を理解した。
    その戦略とはターゲットを絞り込むだけでなく
    考えもつかなかったさまざまな観点からの切口があり、
    そこが少し面白く感じた。
    内容は初心者でも簡単で、1〜1.5hくらいで読め、
    浅く広くという感じだった!

  • 具体例が分かりやすいので、なるほど~と思いながら楽しく読みました。
    ベンツの成功例や十勝マンゴー、きゃりーぱみゅぱみゅ、ブックオフなど。

    なかでもつい考え込んでしまったのは、「行列のプリンが赤字の理由」この店の店長と同じような失敗って、実はけっこうやっちゃってるんだろうなと思いながら読んだ。

    この本はがっつり熟読して、サイト戦略でいえばどう考えてどう活用したらいいのかを考えたいところですが(それよりも基本のサイトメンテをしっかりやらなあかんという反省もありますが・・・)、それをするには図書館で借りただけでは限界ぽい。
    ので、手元に置いておきたい本認定したいところです。

    ところで・・・古本屋業界、めっちゃおもろいことになっていたんですね。最新の古本屋事情に関する本や記事があったら読みたいな。

  • 身近なところから疑問点を持ってきていてとってもわかりやすかった。世の中って面白いなあって思った。言われれば確かに!と思えることが多かったが、もっと広い視野が私には必要だと実感

  • 面白く読み進められるし、基本となる考え方も分かりやすい。
    けど、何か物足りない、初級者向けだからかな。

  • 分かりやすいの一言(笑)
    身近な事例を用いてマーケティングの基礎を教えてくれます。
    バリュープロポジション、ブルーオーシャン戦略、ランチェスター戦略、マイケルポーターなど、モノを売る仕事をする人にとってマーケティングの知識は必須ですよね。
    でも、いきなり小難しい分厚い本を読んでもちんぷんかんぷんの方はいかがです?(^^)

  • 身近な企業のことを例えているので
    経済用語がわからなくても十分に楽しめる本です!
    このキャンペーンの目的はこうだったのか!と納得できてよかったです
    すべては、計算されていて「ブレイクは仕掛けるモノ」なんですね!
    事実かどうかは、分からないですが(^^;

    高級腕時計 ベンツ マンゴー セブンVSイオン はなまるうどん きゃりぱみゅ ブックオフ プリン

  • 入門編としては気軽に読めます。

    そういえばセブンのレジで客層打ってた!
    10年以上前からやってたわ!

    他店期限切れクーポン作戦知らなかったけど面白い
    コストもかからないのに効果がすごい。

    ブックオフ昔から出張買取やってたよな…??

    オタク専門がまんだらけだけだと思ってるのも…
    前から同業者はいるのに…
    K-BOOKSが上回る集中戦略となれたみたいで
    だらけの売上抜いてるようだ。

  • マーケティングの考え方を、ハイパーわかりやすく噛み砕いた良著。これだけ読んでおけば、後から理論に触れても、あぁ5 Forcesですかね、と楽にいなせる可能性が高いのでは。
    表紙…というか巨大化した帯的なカバーに載っている写真の女性、「カバー:広末涼子」の文字にびっくり。これがマーケティングなのでしょうか!後姿までなぜに!
    ※先輩のオススメで、本屋さんで店員さんに探してもらったのでアレでしたが、平積みになっていたら思わず手に取るかたも多いのでしょう

    小噺を交えながら、マーケティング理論をわかりやすく紐解いてくれる本。読みやすいです。
    理論を説いて投げっぱなしの本が多い中、まず実例から入って、それを理論に繋げて解説してくれるのは非常に親切でキャッチー。

  • 新聞広告で見て、ちょっと読んでみたいかなと思い図書館で借りた。
    表紙は広末涼子じゃなかったけど(笑)

    どれも興味深いマーケティングばかり。
    うっすらそうだろうと思いながらも、きちんと解説されて納得。

    北海道での真冬のマンゴーに驚き。

全100件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

マーケティング戦略コンサルタント。慶應義塾大学工学部卒業。日本IBMに入社しマーケティングマネージャーや人材育成責任者を担当。2013年に日本IBMを退社しウォンツアンドバリュー株式会社を設立。執筆の傍ら、企業への戦略策定支援や「永井経営塾」を主宰。2002年多摩大学大学院MBA修了。主な著書に、『世界のエリートが学んでいるMBA必読書50冊を1冊にまとめてみた』のほかシリーズ60万部突破!『100円のコーラを1000円で売る方法』(KADOKAWA)など多数。

「2021年 『世界の起業家が学んでいるMBA経営理論の必読書50冊を1冊にまとめてみた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永井孝尚の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
瀧本 哲史
瀧本 哲史
スティーヴン・ガ...
三谷 宏治
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×