予測の技術 微分・積分と確率・統計で ビジネスの未来を読む (サイエンス・アイ新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797389005

作品紹介・あらすじ

【学校で習った数学は、ビジネスシーンで、こう役立てる!】

【不透明な未来を「予測」することは、あらゆる場面で求められます。そこで本書では、「商品開発の未来」「生産の未来」「販売の未来」「顧客の未来」「ライバルの未来」という、ビジネス(商売)の各段階でよく求められる予測のシーンを想定し、確率・統計、微分・積分を応用して、「本当に信じるに値する予測」を行う技術を解説します。】



【この本の内容(一部)】
●予言は結果がすべて、予測はやり方がすべて
●まわりの人がぐうの音も出ない予測のやり方
●計算はエクセルがやってくれる
●5つのビジネスプロセスと3つのアプローチ
●確率アプローチは出来事に着目
●百三つで、1つもヒットが出ないことは「普通はない」
●下手な鉄砲でも数撃ちゃ当たるのか?
●期待値は未来の値
●まだ出店していないレストランの未来を読む
●線だけでなく式もエクセルに頼む
●商品ライフサイクルカーブを微分する
●ベイズさんが考えた確率
●何が工数に影響を与えるのか
●「いくつ作るか」に積分アプローチ
●検定という必殺技で相手を説得
●予算はノルマでなく予測
●限界利益は利益を微分すること
●レジをもう1台あけるとどうなるか
●ポテンシャルパイを重回帰する
●ライバルの打つ手を読む

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かったです。エクセルを、いろんな実用に結びつけることができました!

  • ビジネス場面で、基本的な統計的手法を活用した事例が解説されております。
    予測の手法として、確率・統計・微積分の3つのアプローチにフレーム化して説明しており、理解しやすい内容となってました。
    実際の計算も、お馴染みであるExcelを用いて具体的に解説しており、実務面で即実践できる形になっており、初学者にとって大変ありがたい内容かと思います。
    個人的には、微分アプローチについて、経済学の「限界」というワードを取り上げて解説しており、その部分について、あらためてしっかり理解することができました。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

ビジネスコンサルタント

予測の技術 微分・積分と確率・統計で ビジネスの未来を読む (サイエンス・アイ新書)のその他の作品

内山力の作品

ツイートする