長生きしたけりゃパンは食べるな (SB新書)

制作 : 稲島 司 
  • SBクリエイティブ
3.31
  • (1)
  • (4)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797389210

作品紹介・あらすじ

片頭痛、腹痛、疲労感、肌荒れ、糖尿病・・・
多くの体の不調の原因は、もしかすると、毎日たべているパンにあるかもしれません。

パンやパスタに含まれる小麦の成分「グルテン」が、腸に悪さをすることが近年注目を集めています。
グルテンフリーと呼ばれる食事法は、食に気を遣う人だけでなく、一般のスーパーにも広がりつつあります。

不調は小麦のせいなの?
ほんとうに小麦を抜いた生活なんてできるの?

と、読者の多くは疑問をもつはず。
そこで本書は、グルテンフリー協会の協会理事として活躍する著者に、
「日本人に合った」グルテンの解説と、健康に効く食事法を紹介する!

『「いつものパン」があなたを殺す』、『小麦は食べるな!』などベストセラーも多いテーマを
手に取りやすい新書でコンパクトにまとめた、超実用的な1冊!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一般財団法人グルテンフリー協会の代表理事を務める著者が書いた、グルテンフリーのすすめ本。

    小麦アレルギーじゃなくても、グルテン不耐症やセリアック病という遅延型のアレルギーをもった人が、世の中の5人に1人くらいの割合でいて、粘着性のあるグルテンは、腸壁にとどまりやすく、腸に穴を開けたり、消化の邪魔をしたり、脳に霧がかかったように集中できなかったり、モヤモヤした感じや頭痛まで引き起こしてしまうことがある。

    テニス選手のノバク・ジョコビッチ選手がグルテンフリーをはじめ、書籍を発表したことで日本でもブームとなり、グルテンフリーは一般的なものとなった。

    特定の食材だけを取り上げて、悪者にしようと考えているわけではないけど、少なくとも日本人には小麦は合っていないとも思える。
    元来、米中心で過ごしてきた日本人には、グルテンの耐性がなく、遅延型のアレルギーのせいだと言えばつじつまが合う気がする。

    和食中心の食事をして、ビールを我慢すれば、ブームや健康志向の高まりのおかげか、代替えの食材はかなり豊富になってきた。
    普段使いのスーパーにもグルテンフリーコーナーがあるほどだ。

    我が家は下の子が小麦アレルギーがあるので、もともと小麦を少なくした食事をとっているけど、その子以外は完全に小麦を除去しているわけではない。それでも、腸の調子は抜群だし、風邪もひくこともない。悩みのひとつだった偏頭痛も、小麦を減らしてから症状が出ていない。
    それだけが理由だとは思わないけど、小麦粉に水を入れて混ぜたときの粘着具合を想像すると、あれが食道や胃、腸や脳に張り付いたら嫌だなと思える。
    健康で自分で考えて動き続けられるように、自分を形作り、思考の元となる食事にはこれからも気をつけていきたい。

  • またしてもこの手の本を読んでしまった…タイトルに惹かれてつい手にしてしまうが、結局読み切れないまま積読するのが関の山…
    が、これはなぜか読み切ってしまった。そして読後少なからずショックを受けた。友人や妹に思わずラインしてこの本を紹介した。
    もともとパンはあまり好きではないのと、ここ最近年齢とともにか甘いものを食べる機会が減ったこともあって、それほどグルテンにまみれた生活をしている自覚はなかったが、まさか調味料にまでとは…知らなかった。。。

    確かに、数年前朝食を和食に切り替えた(パンを買いに行く時間がないほど忙しかった…)ころ、なんとなく健康というか調子が良い気がした。

    体の不調は絶えずあって、更年期のせいにしたり、睡眠不足やストレスのせいだとあきらめてきた。

    しかし…調味料かぁ…
    この手の本にすぐ触発されて、しかも完璧を目指しがちな性格ゆえに、これまで何度もいろんなことに手を出しては挫折を繰り返してきた。
    「参考書」にしよう。買い物のときに裏の成分表示を見るようにしよう。あえてパンを手に取ることはしないでおこう。麺類もさほど好きではないので、特にインスタントには気を付けよう。
    くらいにして、しばらくやってみようと思う。
    そして、いくつか紹介されているレシピにもとりあえず挑戦してみようと思う。

  • 地味な不調が色々あるから、とりあえず2週間やってみるか…お金かかりそうだけど!

  • 小麦を抜いただけでは
    かわりに米粉 ご飯のお世話になるし
    栄養的にもさほど問題なく
    カロリーも押さえられるかも・・・
    パン無し生活は怖くない?かも

  • 2017/7/4
    私もパン大好き人間なので、この内容をすべて信じれば、かなり大改革をしなければならない状況です。実際、アレルギーも持ってるし!
    ふーん どこまで実践するか?ちょっと考えてみる。
    確かに小麦粉アレルギーは今 異常に増えてるしね!

  • ここ1週間くらい私の中でかなり話題のグルテンフリー。実践中。脳の霧••••

  • パンを通してグルテンフリーのすすめ。
    確かにあれだけ、食事にこだわれば、それ以前に比べ体質、体重に変化があるのは理解できる。
    問題はそれをどこまでの人がどれだけ実践できるか。
    パンにはグルテンが大量に含まれている。グルテンには常用性がある。継続下摂取は、認知症など様々な病気が発症。
    欧米などのパンを主食とした先進国でその問題が多発しているのだろうか。

    添加物を使わず、和食中心の自炊をする。
    見直せば、やせる。
    みなわかっているけど、できない。

    結論 たまには和食を食べようよ。

  • 以前に読んだことがあるような‥最後の方に具体的な店名や製品名が出てます

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

一般社団法人グルテンフリーライフ協会 代表理事大妻女子大学短期大学部卒業、大手家電メーカーのデザイン部を経て、フラワーデザイナー講師として活動。その後、数カ国にて海外ウェディングに従事。身内のグルテン過敏症を機に、2013年12月、一般社団法人グルテンフリーライフ協会を設立。「ジョコビッチの生まれ変わる食事」のレシピ本『2週間、小麦をやめてみませんか?』の、レシピを出版。

「2016年 『長生きしたけりゃパンは食べるな』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長生きしたけりゃパンは食べるな (SB新書)のその他の作品

フォーブス弥生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
百田尚樹
村田 沙耶香
リンダ グラット...
佐々木 圭一
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする