女子高生社長、ファイナンスを学ぶ がけっぷち経営奮闘記

著者 :
  • SBクリエイティブ
2.83
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 40
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797389227

作品紹介・あらすじ

つぶれかけの出版社を救ったのは、女子高生の勇気とファイナンスだった!
人生&仕事に効く! 最強のビジネス小説、誕生!


「PLって言うのは何? ピュア・ラブのこと?
捧腹絶倒! 最後に泣ける!
亡き父の後を継ぎ、つぶれかけの出版社の社長に就任した、弱冠18歳のJK、海鈴。
3ヵ月後の返済が間に合わないと、大手出版社に買収される!?
目の前には、「自転車操業」「返品の山」「良書にこだわる古い編集者」…。

PLもBLもわからない彼女の前に現れたのは、なぞの猫カフェのオーナー。
「会計は過去を見る。ファイナンスは、未来を観る」
なぜか親切なオーナーのアドバイスに従い、猪突猛進の女子高生。
大好きだったお父さんの会社を、救うことができるのか。

読むだけで、これからの時代に必要な「ファイナンスの知識」が身につく。
出版社を舞台にした、ビジネス教養エンタテイメント、登場!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 女子高生が社長になる小説で、表紙に猫がいるもんだから、『女子高生ちえの社長日記』を思い出したけど、この本の猫はしゃべらなかった(『女子高生ちえの社長日記』のほうも人間と会話できるわけではなかったっけ?)。
    主人公が、パンケーキは知ってるけど、ホットケーキを知らないという設定なのだけど、今の女子高生ってホットケーキといわれてもよく分からないのだろうか。いまいち自分は何が違うのか分かってないのだけど。
    『割引率』というのは聞いたことあるけど、『要求収益率』というのは初めて知った。まあとにかく、利率の割合は重要だということかな。
    にしても、小説の中では注文書を全部手書きで作ったとなっているのに、実際に載っている注文書はどうみても、パソコンで作ったような注文書になっているという。せめて、手書き風フォントを使ってほしかった。
    ちなみに、この本を知ったのは、椎木里佳がタイトルに怒っているツイートが話題になっていたから。確かに、椎木里佳の著書、『女子高生社長、経営を学ぶ。』にタイトルがよく似ているけど、多分たまたまだろうとは思う。

  • 読み物としてはストーリー形式になっているので楽しく読むことができました。多少の紆余曲折はありながらも最後はハッピーエンド、気楽に読める点ではよい展開ですが、もう少し危機的な展開があっても面白かったかも。
    ファイナンスの知識については終盤、会社の値段を計算するところで一気に話しが難しくなりまったくついていけなくなってしまいましたが、いままで何となくしか認識できてなかった会計と財務(ファイナンス)は別物、という点については理解できました。

  • 東2法経図・開架 KW/2017//K

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

オントラック 代表。三菱東京UFJ銀行(旧三菱銀行)に入行し、10年間勤務した後退職。2002年5月米国インディアナ大学(MBA課程)修了。帰国後、日産自動車(株)入社。財務部にてキャッシュ・マネジメント、リスクマネジメント業務を担当。その後、独立系財務戦略コンサルタントとして活動後、2007年2月より戦略系コンサルティング会社であるブーズ・アンド・カンパニーにて企業戦略立案、実行支援等に携わる。2009年5月同社を退職後、社長専門のコンサルティング会社である株式会社オントラックを設立し現在に至る。 著書に『道具としてのファイナンス』(日本実業出版社)、『ざっくり分かるファイナンス』(光文社新書)がある。

「2017年 『女子高生社長、ファイナンスを学ぶ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

女子高生社長、ファイナンスを学ぶ がけっぷち経営奮闘記のその他の作品

石野雄一の作品

ツイートする