世界のエリートは10冊しか本を読まない

著者 :
  • SBクリエイティブ
2.89
  • (1)
  • (8)
  • (14)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 149
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797389517

作品紹介・あらすじ

今すぐ、手元の本を捨てなさい。
サンリオ、LINE、DeNAで活躍する著者が明かす、ずば抜けた結果を出す読書術とは?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 問題解決型読書 本を読んで、現状の何が変わるのか?

  • 自分の課題を明確にして、それにあった本10冊を机に置き、随時参照することで課題をこなすという内容の本
    タイトルがまったく違う点については非常に不満だが、内容については悪くなかった

    本についても再読するなら保存、不要なら売却、再度必要になったら再購入
    基本として課題の本しか買わないので積読本もたまらないし、なかなかいいかもしれない

    自分的に今現在課題があまり明確になっていないことからまずそこから始めようかと考えている

    【参考になった点】
    ・本から得た知見をビジネスの場で活用するという視点
    ・10冊読書術
    ①自分の課題を解決する本を10冊だけ選ぶ
    ②「6つの基準」を参考に選ぶ
    ③10冊をデスクの上に置く
    ④その都度参照する(アテンションをはっきりさせる、リマインダーとして使う、実践につなげる)
    ⑤合わない本を処分し空き容量を増やす
    ⑥自分ならどうするで読む
    ⑦課題と結果に全意識をフォーカスさせる
    ・読んだページが1ページでも1行でも実践につなげ、結果を出せれば、読書は成功
    ・読書後に書き残す「ネクストステップ」
    →自分のシチュエーションに当てはめ、次のステップを考え、自分なりの結論を書き留める
    ・必要な10冊 直面する課題を解決する、実践してみたいこと、将来有益そう
    ・必要か必要でないかで判断し処分する

    【内容:アマゾンから転記】
    世界最高峰のハーバードで学んだ、桁外れな結果を出す読書術!
    もう、「速読」も「多読」もいらない!
    サンリオ、LINE、DeNA、ピジョンで活躍する著者が初めて明かす、ハーバード式「10冊読書術」とは?

    世界最高峰のビジネススクール・ハーバード。
    圧倒的な「読書家」なイメージがある学生だが、彼らは、どれだけ本を読んでいるのか。
    実際に著者がハーバード・ビジネススクールに留学し、学んだ経験から見えてきた姿は、
    一般の印象とはだいぶ異なる。
    ハーバードの学生は、ほとんど本を「読まない」のだ。
    より正確にいうならば、本を読むことを目的とせず、
    本をどう使うか、つまりビジネスの実践に重きを置いている。

    一方、多くの日本人は、「著者の主張を正しく理解する」を目的にしている。
    たとえば、要約ノート。
    結果の出ない人は、ノートをまとめることで満足してしまい、本から得た知見を活用しようという視点が、圧倒的に欠けている。
    速読を学ぶ人の多くも、「いかに速く読むか」にしか意識がいっておらず、
    「速く読んでその次にどうするか」までを考えていない。

    実際に、本を速く読めるかどうかでビジネスの評価が決まるということはない。
    もっといってしまえば、「本を最後まで読み切る」という意識すらも、必要ないのだ。
    もし最初に開いた1行目に、本のエッセンスが凝縮されていて、それを理解したならば、
    躊躇なく、彼らは本を閉じる。1行目よりも先を読むのは、「時間の無駄」。
    後ろのページを読む時間を、実践の時間に当てたほうがよほど効率的なのだ。

    本書は、サンリオでキティの海外展開を大成功させ、LINEやDeNA、ピジョンでも社外取締役を務めた著者が、世界最高峰で学んだ「課題を解決する」ための読書術を、実体験とともにまとめた1冊。その独自のメソッドを、「10冊読書術」として紹介する。

    ◎本書内の項目
    ● ハーバードでは何を何冊読んでいるのか
    ● 思考力を鍛えるハーバードの「ケース・メソッド」
    ●「日本の学生は本を読まない」は本当か?
    ●「知っている」を「できる」に変えるには
    ●評論家になるな、実践者になれ
    ●「自分が主人公ならどうするか」で本を読んでいますか
    ●本を読む目的とは「課題解決」だけである
    ● 本を10冊に絞るすごい効果
    ●再読しない本は捨ててもかまわない
    ●課題を解決する「本の選び方」6つの基準
    ● 課題解決にはたった1行で十分
    ●「速く読めない」には理由がある
    ●私ならこう読む! ビジネス名著の読み方〈実践編〉
    『ブロックバスター戦略―ハーバードで教えているメガヒットの法則』、『戦略経営論』
    『競争の戦略』、『グロービスのMBAシリーズ』、
    『ビジョナリー・カンパニー│時代を超える生存の原則』
    『ハーバードのリーダーシップ講義 「自分の殻」を打ち破る』
    など……

  • 読了20211123

  • 界のエリートは 10 冊しか本を読まない「読書は行動化のためにある」
    世界のエリートは本を読む目的を
    ビジネスで桁外れの結果を出すこと。
    目の前の課題を解決すること。においています。
    故にその課題に直結する本 10 冊を選び抜き何回も読み返し、定期的にその 10 冊を入れ替
    えて再考するということを意識的に行っている。
    一冊の本から得られる情報の量よりも質にこだわり、一言でも一行でも自分の生活に使え
    そうな情報を選び抜くことに意識を向けている。
    その 10 冊をどう選ぶかに関しては SNS のクチコミ、著者の有名度、目次とはじめにを吟
    味する、の観点で選ぶと良い。

  • 本の使い方を改めさせられる。
    読書=インプットで終わるのではなく、いかに、アウトプットできるかが大切。

    「自分ならどう行動するか」を常に意識して読む。
    この意識についてアメリカと日本の国語教育が絡んでいて興味深かった。

  • 自分とは価値観が違うのかと思い手にとってみた本
    そもそもビジネスに対しての読書について書かれていたので
    考えが違う部分もあったけど
    要は『自分ならどうするか』を考える事が大事

  • ・ビジネス読書の目的は、自分の課題を解決すること。
    → なので、読了することは問題ではない。1行でも、自分の問題解決に役立つことがあれば、実践し、あとは読まない、というのも全然アリ。

  • ある意味、看板に偽りありですが、とりあえず想定の範囲内です。

    著者によれば、本を読む冊数などはどうでもよくて、読んだ本をいかに活かすかが大切であり、本は、読み切る必要もなく、正確に把握するよりも実践が大切、とのこと。
    まったくもってその通り、と思うと同時に、そんな読書は楽しくなさそうだな、とも思いました。

    とはいえ、本書で紹介された本は、なかなか面白そうなものも多いので、可能な限り読んでみようかと思っています。

  • タイトルの「10冊しか」の前に「同時に」が付くべき内容ですね。
    とはいえ、読書の活用として色々と気づきを与えてくれる本だと思います。特に多読派の人には。

  • まさかのSBクリエイティブ出版
    22〜

    これはおもしろい

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

元サンリオ常務取締役。1974年生まれ。青山学院大学国際政治経済学部を卒業後、三菱商事に入社。エイベックスやローソンなどでメディア・コンテンツビジネスに従事。2008年ハーバード・ビジネススクールでMBA取得。同年サンリオ入社。2013年にDeNA社外取締役に就任。2015年よりサンリオ・メディア&ピクチャーズ エンターテインメントのCEOとして映画製作に従事。米国経済誌「Business Insider」より、フェイスブックのシェリル・サンドバーグや政治家のミット・ロムニーと並んで「ハーバード・ビジネススクールのもっとも成功した卒業生31人」にも選出される。著書に『桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか』(幻冬舎)、『ブロックバスター戦略』(監訳・解説/東洋経済新報社)がある。

「2017年 『世界のエリートは10冊しか本を読まない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鳩山玲人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
スティーヴン・ガ...
稲盛和夫
リンダ グラット...
佐藤 優
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×