母親力 息子を「メシが食える男」に育てる (SB新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.40
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797389760

作品紹介・あらすじ

偏差値でもないIQでもない本当に必要な力

今年デビュー45周年を迎えた国民的歌手・森昌子さん。
昨今、フジテレビ系『ダウンタウンなう』やTBS系『サワコの朝』で放送された
"森昌子流スパルタ子育て"が話題に。

子供の頃からの夢だった「よき母」になるため、人気絶頂の27歳のときに歌手を引退。
27歳で結婚して19年の長きにわたって専業主婦に専念していました。

その子育て法が独特!

幼少期は長男を「1番」、次男を「2番」、三男を「3番」と呼ぶ独創的な子育てで、
兄弟同士でも年上の兄には敬語。
もちろん、闇雲に厳しいわけではありません。

わが子をメシが食える大人に育てるため、
母親に依存せず、年上を敬い、自分のことは自分でする。
そんな社会に出てから必要になることを幼いころから身につかせ、
18歳になったら強制的に家を出し自立に導いてきたそうです。

自分が一人っ子で甘えて育てられた分、三兄弟が将来、一家の大黒柱になり、
長い人生でなんらかの壁にぶつかったとき、
いろんな考え方をもって対処できるようにしたかった。

そんな独特の子育てを通し、これからの不透明な世界を見据えて、
わが子をメシが食える大人に育てる方法を教えてもらえる1冊。

「18歳まで十二分に愛情をもって育てたんだから、あとは、あんたら男なんだからちゃんとやれや」
この一言は素敵すぎる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【No.79】「小さい頃に耳にしてなんとなく引っかかっている言葉というのは、大人になったとき、ああそういうことかと納得できることが多いように思います」「小学校に上がっても相変わらず友だち作りは下手なまま。ひとりで過ごすことが多く、またそのほうが好きでもありました」「息子たちよ、母さんは、18歳まで十二分に愛情を持って育てたんだから、あとは、男なんだから自分でちゃんとやれや(笑)。母さんも頑張るからね!」

  • 元三人娘で、最近は物まねでもおなじみの森昌子による子育て論。
    といっても、オリジナリティあふれててあまり参考にはならないかと。
    彼女の人生とパーソナリティが知れて面白かった。

  • 人としてすごいと思う。尊敬する。

  • 767.8

  • ONE OK ROCKのTakaが
    どんな風に育てられたのか気になり読んでみた。

    「親の私が最期を迎えるまで、
    もしかしたら息子たちが最期を迎えるまで、
    子育ての答えは出ない。」
    と言う言葉が一番うなづけた。

  • 2017/03/24

    笑って泣けて考えさせられる。

    森昌子になった話や、離婚の話もザックリ書いてある。
    18歳になったら子は家を出る、私の親もその考えで、子供の頃から言われていた。
    なので必然的に家を出たし、我が子にも小さい時から言っている。

    「18歳まで十二分に愛情を持って育てたんだから、
    あとは男なんだから自分でちゃんとやれや!」

    私は子供達に溢れるほどの愛情を与えているだろうか?
    18歳までまだ時間はある。
    今まで以上の無償の愛情を与えたい。

全6件中 1 - 6件を表示

母親力 息子を「メシが食える男」に育てる (SB新書)のその他の作品

森昌子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

母親力 息子を「メシが食える男」に育てる (SB新書)はこんな本です

ツイートする