ニュースの"なぜ?"は世界史に学べ 2 日本人が知らない101の疑問 (SB新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.57
  • (4)
  • (6)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797391657

作品紹介・あらすじ

10万部突破シリーズ待望の第二弾!
これを読まずに、ニュースを語るなかれ!



「世界史から読み解くことで、ニュースが分かった!」
と反響を呼んだ、『ニュースのなぜは世界史に学べ』。
あの久米宏さんも大絶賛した第一弾から、2年。
ついに待望の第二弾が刊行となります。

トランプが大統領になり、予測がつかなくなった大国アメリカ。
北方領土返還が噂される、ロシアと日本の関係。
さらに英EU離脱や右傾化するフランス…。
ミサイル発射で暴走する北朝鮮とアジア情勢。

ニュースを鵜呑みにするだけでは、世界のニュースを読み解くことはできません。

前作で大好評の「1問1答」スタイルをに答えるスタイルを踏襲。
各国首脳の思惑、国益、国策に踏み込み、解説します。

学生からビジネスマン、教養人まで。
すべての日本人、必読の1冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 茂木誠さんは駿台予備校世界史講師で、夏期講習冬期講習等で「東大世界史」「早慶大世界史」を担当されているそうです。
    どんな講義をされるのかしら?
    聴いてみたい!

    この本はシリーズ第二弾で、一年半前にでた前作は10万部突破だそうです。
    ほんとうに、わかりやすくてとても面白かったです。
    茂木さんの新刊を予約しました♪

    非常に「中立」と感じる。
    私は元々なんとなく「トランプは悪オバマは善」みたいな印象をもっていたのですが、最初の方で「茂木さんて、オバマのことが嫌いなのでは?」と思った。
    でも「アメリカの中東に対する政策に関しては、オバマが正しかった、というのが私の意見です。中東の戦争から手をひかなければ、アメリカは泥沼にはまっていくだけです」
    「オバマがイランと核合意を締結し、関係改善を図ったのは真っ当な判断だったといえるでしょう。ところが、トランプはイランとの核合意を破棄し、イスラエル寄りの態度をとっているのです」と言っている。
    だから、良いことも悪いことも解説したうえで、きちんとご自分の考えを述べているのだと思います。

    この本は9月にでたので、新しい情報が得られて嬉しいです。
    たとえば気になっていた「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)。
    「日本は置いて行かれちゃったのだろうか…」と思っていました。
    しかし「結果的に乗らなくて正解でした」と茂木さん。

    それと、朝鮮のことがすごくわかって楽しかったです。
    朝鮮は国の独立を保つため、2つの方法をとってきました。
    一つは「朝貢」、中国の皇帝に貢物を捧げ、君主として認めてもらう。形式上は頭を下げておき、そのかわりに軍事占領されることを回避してきました。
    もう一つは「事大主義」。近代に入って中国の力が弱まると、他の大国と手を結んで中国の脅威に対抗してきました。

    この「事大主義」がわかると「韓国、なんで?」と思った疑問が次々解決します。
    たとえば日露戦争で日本が勝ったとき、朝鮮は「韓国併合」に関する条約に調印。
    これは日本が無理やり韓国を占領したイメージですが、もともとは「日韓合併」と呼ばれ、むしろ韓国の方が積極的だったそうです。

    いっぽう北朝鮮は「事大主義」を捨て、「主体思想」つまり首領の指導が必要だとしました。
    その結果が「首領様を無条件で崇拝しなさい」、金一族による支配体制が確立されていきました。

    北朝鮮について、茂木さんのいろいろな見解を読むと、そう遠くないうちに動き出すのではないかと思いました。
    私は拉致被害者の皆さんを早く返してほしい。
    ただ、茂木さんによると「日本にとっては、北朝鮮と中国がもめている状態が、実はいちばん都合が良いのです。そういう意味では、ロシアも同じです」なのだそうです。

  • 昨年(2017)初めに出版されて、秋頃に読み終わった本です。レビューを書く機会を失っていて、読み終わってから時間がかなり経過してしまいましたが、せっかく読んだ本でもありますので、当時気になった点をアップしておきたいと思います。

    以下は気になったポイントです。

    ・イギリスの開拓者たちは、イギリスからの独立戦争をへてアメリカ合衆国を建てたが、アメリカ政府にも従わなかった。自分の身は自分で守るので余計なことをするな、国防・安全保障は政府に任せるが、それ以外は自由にさせてくれ、福祉は不要のかわりに税金をまけろ、自分の身を守るので武器はもたせろ、という考え方を持った(p16)

    ・南北戦争までは、北部の共和党と南部の民主党であったが、戦争後は南部・中西部に共和党が浸透していった、民主党は移民労働者を支持母体にした(p21)

    ・ラストベルトとは、ミシガン・オハイオ・ペンシルバニア・ウィスコンシン等の州を指す、製造業中心の1950年代までアメリカの繁栄の中心であった(p25)

    ・オバマ政権は公的保険制度をつくるのを諦めて、貧困層に補助金を出して民間医療保険に加入させる制度に変えた(p49)

    ・中国があれだけ経済成長しているのに貧富の差が埋まらないのは、共産党の幹部と外国資本がべったりの関係にあるので(p58)

    ・イラクはフセイン政権の後に、シーア派・スンナ派・クルド人の内戦になったが、イランはシーア派でペルシア語を話すので、まとまりが良い(p73)

    ・民主主義が正しいという立場に立てば、オバマがイランと核合意をして関係改善を図ったのは妥当であるが、トランプはイランとの核合意を破棄して、イスラエル寄りの態度をとっている(p77)

    ・アメリカでは政権が変われば、国家公務員の上層部がごっそり入れ替わる、その数は一万人以上、各省庁の局長級もすべて変わるので国が変わる(p81)

    ・メキシコがNAFTA締結すればメキシコ経済がダメになるのはある程度予測できていた、拒否できなかった理由はメキシコがアメリカから借金をしていたから(p87)

    ・EUが28か国に拡大したのは、アメリカドルに対抗するため、ソ連崩壊で東欧の国々が民主化されたので(p107)

    ・トルコは二度の大戦を通じて、宿敵のイギリス・フランス・ロシアと戦ったドイツは偉い、日本に好感を持っているのも根は同じ(p111)

    ・ユーロ下落を喜んだのはドイツ経済である、品質の良い工業製品を海外で売れるので(p130)

    ・イギリスはEUに入っているのでイギリス製品の関税はゼロ、製造業はメリットである、移民も受け入れずユーロも導入しないにもかかわらず、EU統一市場で自由にビジネスできて、いいとこどりをしているとドイツに圧力かけられたので、国民投票した(p135)

    ・1603年にイングランド王国のエリザベス1世が独身のまま亡くなり跡継ぎがいなくなった時、スコットランド王にイングランド王を兼任してもらった、女王の叔母がスコットランド王室に嫁いでいたので、それ以来同君連合が続いていたが、100年経過したときに合併した(p144)

    ・アメリカがTPP離脱したので、東アジア地包括的経済連携(RCEP)が脚光を浴びてきた、アセアン10か国に、日本・中国・韓国・インド・オーストラリア・ニュージーランドの合計16か国でFTAを進めるもの(p194)

    ・2016年の総統選挙では民進党が国民党候補を破った、台湾政治のスタンスは中国からの独立に傾いた(p203)

    ・朝鮮民族は南北朝鮮以外にも、中国国境の北側にも住んでいる、延辺朝鮮自治区である、中国は彼らの独立を許さない、他の民族自自区もそのようにするので(p222)

    2018年9月30日作成

  • 国際ニュースについて、マスコミ報道の表面だけを追っかけていると、腑に落ちないことが多々発生するが、そのような点を整理するのに役立つと思う。ただ、前作に比べると、ややわかりやすさを優先してるかなって思ってしまうところが多少あったのが、ちょっと残念ではあった。

  • 良い本
    娘にも読ませた

  • 読みやすく書いてあるし、わかりやすい。だからと言って正しいとは限らないので、それなりに疑って読むべきだろう。前作に比べると、時事評論になってしまって世界史はあまり関係ないような。だから根拠もイマイチ。著者の保守的というか右寄りの思想も反映されているので、その辺は割り引いて読むべきか。

  • 前作と比べてかなりリアルタイムに近い形で読めたので
    とても勉強になりました。

    少し安部首相を持ち上げ過ぎている印象も受けますが
    こういう本に本人のイデオロギーを全く介入させないというのも
    無理があると思うのでそこまで違和感はありません。

    今回は世界史に学べというほど世界史が出てこない気がしますが
    トランプ大統領のまさかの当選やイギリスのEU離脱、
    北朝鮮と中国問題について非常によくまとまっていると思います。

    今回は図書館で借りて読みましたが本当はこういう本は
    手元に置いて読み直したいと思ってます。

  • わかりやすくて、読みやすい。現代の世界についてスッキリとした。池上彰の当たり障りのないモヤモヤとした説明よりも、ハッキリとした説明が気持ち良い。

  • 中国の膨張や北朝鮮問題。トランプ政権、ロシア。EUの将来像。
    中国を取り巻く国際環境が面白い。ロシアも領土を巡って中国を敵国と見なしている。北朝鮮も核問題を巡って、周辺国やアメリカと張り合う。核兵器を持つことのプレゼンスの大きさを考えると、金正恩の不気味さもそうだが、理性的な部分もあるのではと思ってしまう。
    国際的にプレゼンスを低下させる日本、どこに向かっていくのかと考えてしまいます。

  • プチ池上彰。同著者の地政学の本とか経済の本とか面白かったけど、多少期待はずれ。

  • 読みやすくわかりやすかった。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都出身。駿台予備学校、ネット配信のN予備校で大学入試世界史を担当。東大・一橋大など国公立系の講座を主に担当。世界史の受験参考書のほかに、一般向けの著書として、『経済は世界史から学べ!』(ダイヤモンド社)、『世界史で学べ! 地政学』(祥伝社)、『世界史を動かした思想家たちの格闘』(大和書房)、『ニュースの”なぜ?”は世界史に学べ』シリーズ(SB新書)、『学校では教えてくれない地政学の授業』(PHP研究所)ほか多数。ブログ「もぎせかブログ館」で時事問題について発信中。

「2018年 『世界史とつなげて学べ 超日本史 日本人を覚醒させる教科書が教えない歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ニュースの"なぜ?"は世界史に学べ 2 日本人が知らない101の疑問 (SB新書)のその他の作品

茂木誠の作品

ニュースの"なぜ?"は世界史に学べ 2 日本人が知らない101の疑問 (SB新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする