ニュースの"なぜ?"は世界史に学べ 2 日本人が知らない101の疑問 (SB新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.67
  • (4)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :73
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797391657

作品紹介・あらすじ

10万部突破シリーズ待望の第二弾!
これを読まずに、ニュースを語るなかれ!



「世界史から読み解くことで、ニュースが分かった!」
と反響を呼んだ、『ニュースのなぜは世界史に学べ』。
あの久米宏さんも大絶賛した第一弾から、2年。
ついに待望の第二弾が刊行となります。

トランプが大統領になり、予測がつかなくなった大国アメリカ。
北方領土返還が噂される、ロシアと日本の関係。
さらに英EU離脱や右傾化するフランス…。
ミサイル発射で暴走する北朝鮮とアジア情勢。

ニュースを鵜呑みにするだけでは、世界のニュースを読み解くことはできません。

前作で大好評の「1問1答」スタイルをに答えるスタイルを踏襲。
各国首脳の思惑、国益、国策に踏み込み、解説します。

学生からビジネスマン、教養人まで。
すべての日本人、必読の1冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 茂木誠さんは駿台予備校世界史講師で、夏期講習冬期講習等で「東大世界史」「早慶大世界史」を担当されているそうです。
    どんな講義をされるのかしら?
    聴いてみたい!

    この本はシリーズ第二弾で、一年半前にでた前作は10万部突破だそうです。
    ほんとうに、わかりやすくてとても面白かったです。
    茂木さんの新刊を予約しました♪

    非常に「中立」と感じる。
    私は元々なんとなく「トランプは悪オバマは善」みたいな印象をもっていたのですが、最初の方で「茂木さんて、オバマのことが嫌いなのでは?」と思った。
    でも「アメリカの中東に対する政策に関しては、オバマが正しかった、というのが私の意見です。中東の戦争から手をひかなければ、アメリカは泥沼にはまっていくだけです」
    「オバマがイランと核合意を締結し、関係改善を図ったのは真っ当な判断だったといえるでしょう。ところが、トランプはイランとの核合意を破棄し、イスラエル寄りの態度をとっているのです」と言っている。
    だから、良いことも悪いことも解説したうえで、きちんとご自分の考えを述べているのだと思います。

    この本は9月にでたので、新しい情報が得られて嬉しいです。
    たとえば気になっていた「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)。
    「日本は置いて行かれちゃったのだろうか…」と思っていました。
    しかし「結果的に乗らなくて正解でした」と茂木さん。

    それと、朝鮮のことがすごくわかって楽しかったです。
    朝鮮は国の独立を保つため、2つの方法をとってきました。
    一つは「朝貢」、中国の皇帝に貢物を捧げ、君主として認めてもらう。形式上は頭を下げておき、そのかわりに軍事占領されることを回避してきました。
    もう一つは「事大主義」。近代に入って中国の力が弱まると、他の大国と手を結んで中国の脅威に対抗してきました。

    この「事大主義」がわかると「韓国、なんで?」と思った疑問が次々解決します。
    たとえば日露戦争で日本が勝ったとき、朝鮮は「韓国併合」に関する条約に調印。
    これは日本が無理やり韓国を占領したイメージですが、もともとは「日韓合併」と呼ばれ、むしろ韓国の方が積極的だったそうです。

    いっぽう北朝鮮は「事大主義」を捨て、「主体思想」つまり首領の指導が必要だとしました。
    その結果が「首領様を無条件で崇拝しなさい」、金一族による支配体制が確立されていきました。

    北朝鮮について、茂木さんのいろいろな見解を読むと、そう遠くないうちに動き出すのではないかと思いました。
    私は拉致被害者の皆さんを早く返してほしい。
    ただ、茂木さんによると「日本にとっては、北朝鮮と中国がもめている状態が、実はいちばん都合が良いのです。そういう意味では、ロシアも同じです」なのだそうです。

  • 良い本
    娘にも読ませた

  • 読みやすく書いてあるし、わかりやすい。だからと言って正しいとは限らないので、それなりに疑って読むべきだろう。前作に比べると、時事評論になってしまって世界史はあまり関係ないような。だから根拠もイマイチ。著者の保守的というか右寄りの思想も反映されているので、その辺は割り引いて読むべきか。

  • 前作と比べてかなりリアルタイムに近い形で読めたので
    とても勉強になりました。

    少し安部首相を持ち上げ過ぎている印象も受けますが
    こういう本に本人のイデオロギーを全く介入させないというのも
    無理があると思うのでそこまで違和感はありません。

    今回は世界史に学べというほど世界史が出てこない気がしますが
    トランプ大統領のまさかの当選やイギリスのEU離脱、
    北朝鮮と中国問題について非常によくまとまっていると思います。

    今回は図書館で借りて読みましたが本当はこういう本は
    手元に置いて読み直したいと思ってます。

  • わかりやすくて、読みやすい。現代の世界についてスッキリとした。池上彰の当たり障りのないモヤモヤとした説明よりも、ハッキリとした説明が気持ち良い。

  • 中国の膨張や北朝鮮問題。トランプ政権、ロシア。EUの将来像。
    中国を取り巻く国際環境が面白い。ロシアも領土を巡って中国を敵国と見なしている。北朝鮮も核問題を巡って、周辺国やアメリカと張り合う。核兵器を持つことのプレゼンスの大きさを考えると、金正恩の不気味さもそうだが、理性的な部分もあるのではと思ってしまう。
    国際的にプレゼンスを低下させる日本、どこに向かっていくのかと考えてしまいます。

  • プチ池上彰。同著者の地政学の本とか経済の本とか面白かったけど、多少期待はずれ。

  • 読みやすくわかりやすかった。

全9件中 1 - 9件を表示

ニュースの"なぜ?"は世界史に学べ 2 日本人が知らない101の疑問 (SB新書)のその他の作品

茂木誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
J・モーティマー...
伊賀 泰代
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ニュースの"なぜ?"は世界史に学べ 2 日本人が知らない101の疑問 (SB新書)はこんな本です

ニュースの"なぜ?"は世界史に学べ 2 日本人が知らない101の疑問 (SB新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする