普通の会社員が一生安心して過ごすためのお金の増やし方 (SB新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.50
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797391671

作品紹介・あらすじ

●全然間に合う老後資金!

老後破産、下流老人と世の中には、老後の不安な状況をあおる様々な話があるうえ、年金などの見通しもままならない昨今。
とはいえ、目の前のことに追われて、なかなかそこまで手が回らないという方もいるのではないでしょうか。
そして、「今さらどうにもらならない」「なるようになる」と考えている方もいるのではないでしょうか?

結論からいって、老後の不安に備えるには40代でもまだまだ全然間に合います!

セゾン投信の代表取締役であり、40代で貯金ゼロだった中野氏が、
出費の多い30~40代を乗り切り、将来の不安をなくす「お金」の貯め方を紹介します。

2018年に制度がはじまる積立NISAにも触れ、将来の不安をなくす決定版となる1冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 投資信託で長期運用。

  • 平易な文章で書かれているので読みやすかった。
    内容は多少エクストリームな気がするが、まあ新書ってこんなものかな。こういう系統の本はたくさん読まないと考え方が偏ってしまいそう。

  • 長期投資を始める人には非常に参考になります。
    つみたてNISAについては改めて調べる必要がある。

  • ??ということが少しありましたが、分散投資の意味が多少わかった気がします。個人投資家が読んだら、気分を害する表現もありましあけどね。

  • とりあえず著者の主張はある程度理解できたと思います。
    つみたてNISAでも万能ではなくどのファンドを選ぶかは自己責任として調査が必要とのことです。
    ただイデコとつみたてNISAはある程度走りながら考えても良いのかなと思いました。
    この本を読めば何歳で毎月いくらくらい積み立てる必要かはなんとなくわかると思います。
    あとはどう行動するかは読者次第ということですね。

  • なかなかタメになる本でしたね! けれども、積み立て投資が必須! と言われていても欲に弱いのが人間と言うもので…衝動買いみたいなのを繰り返してろくに積み立てできないまま年を重ねていく…みたいな人が多くいそうですね。

    ヽ(・ω・)/ズコー

    自分もそうならないようにしなければ…とか思いつつ、僕も衝動買いの類はよくするんで(!)、著者の言うような積み立て投資ができるかどうか疑問なところですが…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

    頑張っていきまっしょい! というわけで、あまりお金に余裕のない人はぜひとも「つみたてNISA」を使ってみましょう! と言うような趣旨でしたかね…。

    以前に「NISA」というものが生まれましたが、金融庁の思惑とは裏腹に投機的な使い方をされた方が大半なんだそうな…それじゃいかん! ということで生まれたのが「つみたてNISA」なのだそうですけれども、これは個別株とかには使えなくて基本は投資信託を買うためのものらしいのですね。投資信託しか買えない! みたいな縛りがあるから確かに積み立て投資には向いてそうですね。

    おしまい…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

セゾン投信代表取締役社長 1987年明治大学商学部卒業、クレディセゾン入社。関連会社資金運用部にて自己勘定で債券のポートフォリオ運用に従事後、投資顧問事業を立ち上げ、運用責任者としてグループ資金の運用や海外契約資産の運用助言を行う。2006年セゾン投信を設立。07年4月より現職。積み立てで、コツコツと資産をふやす長期投資を提言、それに合った2本の投資信託を運用し、価値ある投資信託に送られる「R&Iファンド大賞」最優秀ファンド賞を4年連続受賞。現在、口座開設数12万7千人、預かり資産1800億円を突破。公益財団法人セゾン文化財団理事、一般社団法人投信協会理事。著書に『預金バカ』『退職金バカ』(講談社)、『投資信託はこの9本から選びなさい』(ダイヤモンド社)他多数。

「2017年 『普通の会社員が一生安心して過ごすためのお金の増やし方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

普通の会社員が一生安心して過ごすためのお金の増やし方 (SB新書)のその他の作品

中野晴啓の作品

ツイートする