東大教養学部「考える力」の教室

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.19
  • (4)
  • (13)
  • (26)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 430
感想 : 31
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797392647

作品紹介・あらすじ

東大の教養学部で東大生が殺到する授業があります。
それが、「ブランドデザインスタジオ」、通称、考える力の教室です。
この授業は、「過去を知る学び」を得意とする東大生に、
「新しいものを生み出す思考法」を体系的に学ばせたい、と2011年にはじまりました。

正解のある試験は得意だが、ゼロから1を生み出すことが苦手とされる東大生。
つまり、「改善はできても、新しいものを生み出せない」。
これは、私たち大人を含めた日本が抱える大きなジレンマといえます。

特別プログラムという形で試験的にスタートし他授業は、学内外で一気に評判となり、
受講できない学生や他大学からの申し込みが殺到するほどに、
6年間で延べ500名以上の出席者を出し、
授業を学生時代のいちばんの思い出に挙げる卒業生も多くいます。

卒業生が「これからの人生の武器になる! 」と絶賛する授業。
乃木坂46の秋元真夏さん、生田絵梨花さん、伊藤かり
んさん、松村沙友理さん、若月佑美さんも、実際にこの手法に従って、
全国の学生を相手にしたプレゼンテーションを成功させました。

本書は、新しいものを生み出す、思考フレームを事例豊富にわかりやすく紹介します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東大が博報堂と組んで行なっている授業、答えをいち早く導きだすことに優れている東大生に答えのない問題をチームで解かせる授業。実社会でそのまま通用する、というか実社会で行われている運用方法なのだろうと思う。とてもいい経験になる気がする。教育もどんどん変わっているし、もっと破壊的に変えていかなければ、「良い奇人」を産み出すことは難しいし、どんどん世界から取り残されていってしまうと思う。

    自分も実社会に居ながら、このような経験をほぼしてきていないので遅まきながら色々と出て行って経験を積むことをやっていこう、40歳でもまだ間に合うさ。

    千3つ思考=千個アイデアを出して使えるのは3つくらい。それくらいの確率だからどんどん出せ。

    プロトタイピング=精度はともかく、早くつくってみて失敗から学ぶ。

    「考えながら作り、作りながら考える。」

    「守破離」=最初はその流派の教えを受け継いで守りながら、次の段階ではその流派を否定するようにフレームを外す、そして最後はまた新たな流派を打ち立てる。茶道の言葉らしい。

    色々と勉強になったけどいずれまた忘れるので、読む、読み続けてアウトプットし続けよう。

  • 沢山のアイデア出しの手法が紹介されていて、使いこなせたらすごいだろうなと感じた。普通の人はそれができないんだよね。

  • 今は仕事自体がクリエイティブな発想を必要としない部署なため、この本で紹介されている発想法を使ってディスカッションをすることはないけれど、思考の分類や発想法の種類など、知識として知っておきたい事柄もあったので読んで良かった。
    本書でも言及されていたが、これからはクリエイティブでない仕事はAIに取って代わられてしまう可能性もあるので、早くこの本の内容を実践できるような部署や立場にいければいいなと思う。

  • インプット、コンセプト、アウトプット
    リボン思考
    何かを生み出す場合の汎用性の高い基本フレーム

  • 東大のブランドデザインスタジオの授業の書籍化。どうやって新しいコンセプトを創造し、アウトプットするかの解説と、その際に作り出された面白いアウトプットの紹介。面白いアウトプットが本当に斬新で、しかも空想ではなく実現可能なものばかりで、実際の授業を受けたいと思わせるものだった。素晴らしい。

  • 「改善はできても、新しいものは生み出せない」という、日本が抱える大きなジレンマ。
    博報堂が創った思考法「リボン思考」を用いて、新しい考えを生み出せるようになろうということを説いた本です。

    リボン思考のフレームは、インプット、コンセプト、アウトプットの3つです。

    それぞれについて事例を出して説明してくれていますが、いかんせん、日本一の大学東大の教養学部で講義されたものだけあって、私にはなかなか難解でした。

    ただ、為になることはたくさんありました。
    私がインプット、コンセプト、アウトプットの全ての過程をたどるような仕事をすることは、めったにないので、流れとして使いこなす必要はなく、要所要所で活かしていければ楽しいなぁと思います。


    以下心に残ったこと

    ・アイデアの質は、量に比例する。
    (1000個のアイデアのうち、3ついいものがある程度だと言われる)
    ・アイデアとは、既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。 ジェームス・w・ヤング
    ・平均よりも極端を大切にすると、面白い発見がある。
    ・同業他社や業界内のケースを調べても、アウトプットの同質化を招くだけ。
    ・同業は反面教師する。異業種のケーススタディは◎。
    ・全く関係のない2つ以上のものに、無理矢理似たところがないか探してみる。
    ・秀逸なコンセプトは、意外性と納得性を兼ね備えている。そういうコンセプトを作り出すのに有効なのが、「だから/なのに」思考法。
    例)「SNSだから写真投稿できる」けれど「SNSなのに写真が残らない」
    ・チェックリスト法
    人の視点、時間空間、カタチ、意味などを変えてみる。すると新たに面白い考え方が生まれる。
    ・プロトタイピング
    精度はともかく早く作ってみて失敗から学ぶ

  • 思考の幅を広げたい人におすすめ。

    【概要】
    ●リボン思考のフレームとは、
     インプット、コンセプト、アウトプット
    ●上記を、共創力で考える。

    【感想】
    ●新しいアイデアを出すための手順が書かれている。
    ●「コンセプト」において方向性を指し示すことが重要だと認識した。優れたコンセプトとはどのようなものか、そのコンセプトを考える方法、これらが参考になる。
    ●現状の延長線とは全然違う領域で新しいアイデアを出すためには、創造的な「問い」を発するアート思考が必要だとわかった。

  • アイデアを生み出すためのリボン思考(インプット、コンセプト、アウトプット)が学べる一冊。

  • 実際に課題を持ってやってみるのが良さそう。

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京大学 教養学部教養教育高度化機構 特任教授 (株)博報堂 ブランド・イノベーションデザイン局長東京大学文学部心理学科卒業。(株)博報堂に入社後、多様な業種の企画立案業務に従事。2001年に米国ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院(MBA)卒業後、ブランド及びイノベーションの企画・コンサルティングを行う次世代型専門組織「博報堂ブランド・イノベーションデザイン」を立上げ、経営戦略、新規事業開発、商品開発、空間開発、組織人材開発、地域活性、社会課題解決など多彩なビジネス領域において実務コンサルテーションを行っている。同時に東京大学教養学部に籍を置き、発想力とチーム力を鍛える授業「ブランドデザインスタジオ」や大学生を対象にした発想のための教育コンテストBranCo!を企画・運営するなど高等教育とビジネスの融合をテーマに様々な教育活動を推進している。成蹊大学非常勤講師。イノベーション支援サービスを提供する(株)SEEDATA非常勤取締役。

「2017年 『東大教養学部「考える力」の教室』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮澤正憲の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×