大人の語彙力ノート 誰からも「できる! 」と思われる

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.20
  • (10)
  • (23)
  • (43)
  • (16)
  • (4)
本棚登録 : 863
レビュー : 46
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797393446

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 友人同士だけの会話では絶対に身につけられないボキャブラリーを載せています。
    大人の会話として絶対に必要な言い回しの練習帳のようなもの。
    一度は手にとってみるべき一冊です。

  • 使える言葉もあるが、なかなか使わないだろう難しい熟語やこれは嫌味に聞こえそうだなと思えるものもあり、共感はできなかった。話すときに使えそうなものはあまり多くないと感じた。

    とはいえ、メールといった文章を書くときに横に置くぶんには使えるのかもしれない。

  • 確かにノートって感じ。
    読み物ではなかった。

  • 売れているらしいが、さほど共感出来ず。
    ビジネスマナー書のひとつ。
    立ち読みで良い。

  • オトナの嗜みとして、読んでみた。
    確かに、文章を書いていると、「思います」、「思います」と同じ言葉が続いたりして、言葉を変えたいなと感じることもある。そこを置き換える引き出しを持っておきたい。
    急に難しい言い回しを使いだしたなと思ったら、この本の影響を受けたんだなと、ご高察いただければ恐悦至極に存じます。

  • ながしよみでよい。

  • 所在:展示架
    請求番号:814/Sa25
    資料ID:11800477
    年上の方とのメールで言葉に詰まり、毎回「○○ 類語」でググっている皆さん(特に自分)にオススメ。社会人になる前に一度読んでみては?
    担当:高田

  • 近所の図書館で借りた。
    学んだ語彙を職場で使ってみようとメモって机に貼ってる。
    大人の魅力を身に付けるかな。

  • 難しすぎず使いやすい言い換えが多い印象。ビジネスの場で使っても「かっこつけ」に見られないレベル。
    言いたいことを適切に表現する単語帳の役割も担える。

全46件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

大人の語彙力ノート 誰からも「できる! 」と思われるのその他の作品

齋藤孝の作品

ツイートする