日本人だけが知らない世界から尊敬される日本人 (SB新書)

  • SBクリエイティブ
3.42
  • (1)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797393712

作品紹介・あらすじ

技術力や、協調力、道徳心、丁寧なおもてなしなどで、世界から称賛されることの多い日本人。
その国民性の美徳を表す言葉には、「実るほど、首を垂れる稲穂かな」「能ある鷹は爪を隠す」など、様々なものがある。
そんな「美しい日本」を体現する、「代表的日本人」とは?

なぜ、日本人だけが、世界を舞台に偉大な足跡を残した自国の英雄について知らないのか?

その裏には、19世紀末に西欧社会で蔓延し、今もなお海外における日本人の活躍を阻み、過小評価する思想「黄禍論」(こうかろん)があった――

世界から尊敬されながらも、日本人だけがその実力を知らずに来た、「偉大なる先人の系譜」に、日本在住40年のケント・ギルバートが、満を持して光をあてる渾身の集大成!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「日本人」が尊敬されているという本ではなく、日本人が理解できていないくらい、海外で尊敬されている近代日本の偉人の話。

    ソニーの創業者、チキンラーメンの開発者、乾電池の発明家、カッターナイフの考案者。

    色々濃淡はありますが、まとまりはない。

  • 少し前からよくあるひいき本。
    少し遅めな気もするが、ありがとうございます。
    やっぱり知らない人いますね。

  • 半分以上は知ってはいましたが、著者の視点は日本の紹介、技術力、人道的支援で選択したのかと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1952年、アイダホ州に生まれる。1970年、ブリガムヤング大学に入学。翌1971年に末日聖徒イエス・キリスト教会のモルモン宣教師として初来日。経営学修士号(MBA)と法務博士号(JD)を取得したあと国際法律事務所に就職、企業への法律コンサルタントとして再来日。弁護士業と並行して英会話学校「ケント・ギルバート外語学院」を経営。2015年、アパ日本再興財団による『第8回「真の近現代史観」懸賞論文』の最優秀藤誠志賞を受賞。『日本人の国民性が外交・国防に及ぼす悪影響について』と題した論文は、日本人の誠実さなどを「世界標準を圧倒する高いレベル」と評価。一方、その国民性が「軍事を含む外交の分野では、最大の障害になる」とした。読売テレビ系『そこまで言って委員会NP』、DHCテレビ『真相深入り!虎ノ門ニュース』などに出演中。著書には、『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』(PHP研究所)、『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』『中華思想を妄信する中国人と韓国人の悲劇』(以上、講談社)、『日本人だけが知らない世界から尊敬される日本人』(SBクリエイティブ)など多数。

「2019年 『天皇という「世界の奇跡」を持つ日本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本人だけが知らない世界から尊敬される日本人 (SB新書)のその他の作品

ケント・ギルバートの作品

ツイートする