絶対にミスをしない人の脳の習慣

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.76
  • (20)
  • (39)
  • (21)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 591
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797393736

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わかりやすく実行しやすい本。

    自分に足りないことが確認できるし、その改善方法も具体的で、根拠もあるので納得できる。
    私自身はもともとワーキングメモリがないほうだと思うが、メモリを増設するための方法を簡潔に示してくれているので、取り組みやすい。
    運動と睡眠は重要で、さらに知的な活動を、どれほどしているかによっても変わってくる。

    とりあえずは、マルチタスクをしている状況を改善して、無理なく仕事をしていくのが1番。
    この本を片手にミスのない人間になれるよう励みたい。

  • 「脳は必ずミスをする。デキる人は、それを脳科学的『仕組み』で予防する!」のフレーズにグッときた。ミスばかりする自分に平生ガッカリしまくりの私に、一筋の光をさしていただいた。ミスする人としない人の違いは、当たり前に言われる生活習慣の改善をしているかいないか。そんな当たり前なことすらしようとしなかった自分、バカ。ハイパフォーマンスできる自分を目指すために読んだ、モチベーション高めるためにピッタリな一冊。

  • 貸してもらって読みましたが、購入して手元に置いておきたいと思いました。ミスが確実に減らせる自信ができました。ミスが多い職場の人にも紹介して、一緒に取り組もうと話しています。

  • 書いてある内容を実際に実践してみようと思えた。ミスが多い自分にとっては、新たな発見があった。細かなチェックリストの作り方など参考になることが多かった。

  • 仕事でミスを無くしたくて、この本を手に取りました。

    今までは、ミスを減らすには、気を付けることしか考えておらず、
    その為、ミスをする→気を付ける→またミスをする→落ち込む→気を付ける→ミスをする。という負のスパイラルに陥る時期もありました。

    読んで間もないので、効果はまだありませんが、正しいミスの減らし方を知り、
    前向きになれたので良しとします。

  • 頭の整理に良いです

  • 良書

  • 仕事を効率的に行うためのヒントがたくさん書かれていて、全て実行しなきゃと思いつつ、欲張りはダメなようなので、出来そうなことから少しづつ始めていきたいなと思いました。
    一つが日記を書くこと
    二つ目がTo Do リストを書いて仕事を行うこと
    三つ目が夜の2時間をゆったりと過ごし、良い睡眠を行えるようにすることです。
    早速実践していこうと思います。

  • ・七時間以上の睡眠
    ・To Doリストの作成

  • ・「ミスをしたらこうしよう」
    ×「ミスをしたらどうしよう」

    ・明日のtodoをつくっておく
    AM3つ
    PM3つ
    あそび3つ

    ・自分の脳にインプットする時のミスなのか?
    それとも書いたり行動したり話す時などのアウトプットのミスなのか?

    ・夜は副交感神経高めモードで免疫力アップできる。

    ・日記を書くことで、自分の状態をより客観視できるようになる。
    不快3つ
    快(うれしかったことなど)3つ。出来ればそれ以上。

    ・処理できるトレーの数
    絶好調 4
    健康 3
    脳疲労 2
    うつ病 1
    くらいに考えた方がいい。

著者プロフィール

精神科医

「2018年 『人生うまくいく人の感情リセット術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

絶対にミスをしない人の脳の習慣のその他の作品

樺沢紫苑の作品

ツイートする