10年後の仕事図鑑

  • SBクリエイティブ
3.58
  • (100)
  • (251)
  • (220)
  • (60)
  • (9)
本棚登録 : 2853
レビュー : 325
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797394573

作品紹介・あらすじ

●AIにポジションを取られる前に。動くのは、今だ

AI(人工知能)、仮想通貨、lLIFESHIFT、ホワイトカラーの終焉……。
10年後どころから5年先すら予期できない今、今の仕事、会社、社会、キャリアはどうなるのか。
今世界で最も注目される日本人研究者落合陽一氏と、圧倒的な行動力で時代の最先端を走り続ける堀江貴文氏が、
お金、職業、仕事、会社、学校など、今考えられる新たな社会の姿を余すところなく語ります。


●イラスト入りで、50近くの職業の未来を分析

AIでなくなる職業が話題になりましたが、本書では、「消える職業」「生まれる職業」など含め、50近くの職業の未来を紹介。
視覚的にも見やすいので、将来を考える10代の方から、自分の仕事で次の一手を探したい方まで幅広く読んでいただけます。


●希望か絶望か!? すべて自分次第で決められる

今後、今のようなかたちの仕事や会社はなくなるかもしれないが、それを希望とみるか、絶望とみるかは、すべて自分次第。
新たな世界で、自分なりのポジションをとっていくための生き方のヒントも収録しています。


●主な内容

・激動の時代を生きるあなたに伝えたいこと
・経営者すら職を奪われる時代
・総エージェント化する個人
・湯婆婆に名前を奪われるな
・センター試験は無駄
・ロボットがロボットを印刷する
・AIの社会は古代ローマ
・名将にAI監督が勝つ時代
・ウサイン・ボルトを見習え
・交換可能な価値の缶詰をつくる
・波を待つな、自ら波を起こせ
・食べていくための安い仕事にしがみつくな

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あんまり新しいこともなく行動にも繋がらない感じ

  • 普段から2人をフォローしている人は、いつも彼らが語っている内容が対談風になっているだけかもしれない。

    これからどういう時代がやって来ようとしているのか、価値観やお金の価値の変化、その中でどうやって生きていくのかを語っていると考える。

    ただ、誰もが彼らの考え通りに生きられるかというと、やはりなかなか難しいと思う。
    でも、自分で選び取る人生を送る、少し一歩を踏み出したい人には最適な本だと思う。

  • 人口減少などからの悲観論もあるが、それも含めたこれからの未来をどう生きるか。世の中の変化と自分自身の関係について考え続けることが大事。

  • ・AIに手が生えた時にいまの単純作業はロボットに取って代わられて、人間は人間にしか出来ない仕事だけすれば良くなる。これ経営の目線で考えたら素晴らしい話で、生産性上がりまくる。うまくAIを使う方法を学んで、楽しく稼いで好きなことをやり続けるポジションを取る。

    ・伸びる仕事。ドローン、AIマネージャ、ショービジネス、テレプレゼンスロボット、予防医療、宇宙開発、体験型観光業、音声認識

    ・自分の業界が生き残っていくかどうかにビクビクするのは本当に無駄だと思う。価値があって楽しいと思えなければ今すぐやめて、そう思えることを始めないと。楽しめることを一生懸命続けて信用をつけていけば、そのうちまた新しい革命が起こって同じような岐路で迷わずに選択ができるはず。外野の声をきにするな。自分の人生やから自分が楽しくなる方に導いてやろう。

    ・100万分の1になる藤原さん理論の実践。専門バカになるくらい熱中することを3つ探せ。人に喜ばれることで。

  • この2人、前から好き。真似できるとは思えないが、こういう考えが少しでも子供たちの世代に伝わり、当たり前になって欲しいと望む。

  • ●AIに手が生えた時が鍵となる
    ●くら寿司の、半人力・半機械が、これからの最適解
    ●事務職が存在する理由は、人間の方がまだ低コストなだけ。
    ●スナックのママは、AIが絶対仕事を奪えない典型例
    ●観光業の可能性。そこでしか出来ない体験を提供するサービスは今後重宝されるだろう。

  • 競争にはかかわらず、自分を信じ、好きなことにハマる。ただ今を楽しく生きれば、未来はきっとよくなる。

  • 何かワクワクするような感覚が得られたこと、いい意味で焦りというかとにかく動かなくてはと思えたことが収穫だった。
    人生もっと本気になれるはず。
    本気出せ自分!

  • AIが発達していく今後において、無くなる仕事、無くならない仕事いろいろあるかと思うが。
    無くなること=悪いことではない。
    AIをどう使うか、空いた時間で人は何をするのか、自分の価値はなんなのか考えてしまう。

  • 190814*読了
    こんなに誰もが好きなことを追求し、お金を生み出すチャンスを持っている時代って今までになかったと思う。だからこそ、好きなこと、やりたいことがない人間にとっては大変な時代で、AIの台頭を驚異に思ってしまうのかも。
    好きなことをして生きていきたい自分にとっては、なんていい時代なんだ!という気持ちが強いです。行動に移せていないのは、ただの自分の怠慢だと思う。そういう意味で危機感を感じました。
    世間体や義務、そんなことにとらわれず、自分の好きなことを突きつめていきたいと思います。

    この本はなくなる仕事、必要とされる仕事についても述べられていましたが、なくなる仕事に自分が就いている人が焦ってどうしよう!っあたふたして、転職しましょうという指南の話をしているのではない。
    時代は刻一刻と変わっていく、その時に自分はどう生きるのか。価値のある人間になる。好きなことを極めて、掛け合わせて、自分ならではの価値を作る。
    並大抵のことではないけれど、好きだからこそ続けられるはず。その大変さは乗り越えていけるはず。
    でも、人間は楽な方に流されてしまうから、思考を停止して、好きなことでお金を得る方法を考えもせず、漫然と時間を搾取されて生きていく人も多くいるのでしょう。
    わたしは、好きなことをして生きていきたい。仕事と趣味が融合し、楽しくてお金を得たい。動き始めるなら今。そう思います。
    10年後、この本を読み返したら、自分はどう感じるのでしょうか。一体どんな世界になっているのでしょうか。とても楽しみです。

    わたしは自分の人生や生活はもちろんですが、我が子こそ子どもの時からAI時代を生きていくわけなので、教育の面でも考えさせられました。この子には好きなことをして、楽しく生きてほしい。そのために親としてできることを考えます。
    この子ともっと話ができるようになったら、堀江さんや落合さんの考え方を伝えたい。お二人の著作をそっと手渡します。笑

全325件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

■堀江 貴文(ホリエ タカフミ)
1972年福岡県生まれ。実業家。
SNS media&consulting株式会社ファウンダー。
現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリのプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。
主な著作に『多動力』(幻冬舎)、『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)、『10年後の仕事図鑑』(共著・落合陽一/SBクリエイティブ)などがある。

「2019年 『小説 多動力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

10年後の仕事図鑑のその他の作品

10年後の仕事図鑑 Kindle版 10年後の仕事図鑑 堀江貴文

堀江貴文の作品

10年後の仕事図鑑を本棚に登録しているひと

ツイートする