10年後の仕事図鑑

  • SBクリエイティブ
3.58
  • (100)
  • (252)
  • (220)
  • (60)
  • (9)
本棚登録 : 2859
レビュー : 326
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797394573

作品紹介・あらすじ

●AIにポジションを取られる前に。動くのは、今だ

AI(人工知能)、仮想通貨、lLIFESHIFT、ホワイトカラーの終焉……。
10年後どころから5年先すら予期できない今、今の仕事、会社、社会、キャリアはどうなるのか。
今世界で最も注目される日本人研究者落合陽一氏と、圧倒的な行動力で時代の最先端を走り続ける堀江貴文氏が、
お金、職業、仕事、会社、学校など、今考えられる新たな社会の姿を余すところなく語ります。


●イラスト入りで、50近くの職業の未来を分析

AIでなくなる職業が話題になりましたが、本書では、「消える職業」「生まれる職業」など含め、50近くの職業の未来を紹介。
視覚的にも見やすいので、将来を考える10代の方から、自分の仕事で次の一手を探したい方まで幅広く読んでいただけます。


●希望か絶望か!? すべて自分次第で決められる

今後、今のようなかたちの仕事や会社はなくなるかもしれないが、それを希望とみるか、絶望とみるかは、すべて自分次第。
新たな世界で、自分なりのポジションをとっていくための生き方のヒントも収録しています。


●主な内容

・激動の時代を生きるあなたに伝えたいこと
・経営者すら職を奪われる時代
・総エージェント化する個人
・湯婆婆に名前を奪われるな
・センター試験は無駄
・ロボットがロボットを印刷する
・AIの社会は古代ローマ
・名将にAI監督が勝つ時代
・ウサイン・ボルトを見習え
・交換可能な価値の缶詰をつくる
・波を待つな、自ら波を起こせ
・食べていくための安い仕事にしがみつくな

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【学んだこと】
    ①AI、ロボット
    (1)既存をAIやロボットに変えるインセンティブ
     ・人の給料が高い。
     (1人で高い or 1人は安いが、集まると高い)
     ・機械の導入コストが安い(コモディティ機械)。

    (2)AIの得意範囲、ロボットに変わる仕事
     ・データを活用した個別調整(個人毎の調整)
     →パーソナルトレーナー、家庭教師
     ・正解の検索
       →弁護士、税理士
     ・物品生産や個人のスケジュール調整
     ・視覚判断で分別できる仕事
     →病状判断、配管検査
     ・チェーン店の手仕事
     →レジ打ち、配膳


    ②10年後に向けた考え方と行動
    (1)ITや機械に比較優位を持つ領域に目を向ける。
     ・「これをやりたい」という人の感情
     ・ニッチでトップ(機械化が割に合わない人材)
       →実社会で役に立たない「足が速い」という特技
        も希少であれば人はそれに価値を見出す。

    (2)行動
    ・VALUやタイムバンク等で自分の経済価値を算定し、
      自分の固有価値や信用を高める。
     ・名前に寄与しない時間を使うのは時間資産を失って
      いる。


    ③ニッチな人材になる方法
    (1)遊び倒す人生を送る。
     ・先ずは遊び(楽しいと思えるもの?)に没頭し、
      好きになり、遊びつくす。
     ・好きだから没頭するのではなく、没頭するから好き
      になる。
     ・自分の楽しいと思うことを追いかけ、その中で他人
      との差別化を行うことでいずれ仕事になる。
    → HIKAKINさんのボイパからのユーチューバー
     ・見つける為には「収支」などの打算を捨て、心に
      浮かぶ感情(ドキわく、胸アツ)に素直に向き合う。
     ・例)ブロガー、インスタグラマー、ユーチューバー
        掃除コンサルタント、プロプラモデル制作

    (2)1/100の分野を三つ作り、組み合わせて1/百万に。

    (3)希少価値の高いものはそのもの以外に、それを活かす
      ことでないかできないかと考える。



    【アクション】
    ①自分が今まで面白いと思ったことを洗い出す。
     没頭してみる。

    ②著者二人の他の本も読んでみる。

  • 2018年5月23日読了。
    ●これからは「他人と違うことをやっていくことを
    基本にする」ブルー・オーシャン的な思考と戦略を
    持って、画一化されていない個人の訴求力と相互的な
    フォロー・フォロワーシップによる共依存関係を
    持つべきだ。

    ●会社にしがみつくというよりも「個人で仕事をしても
    いいんだけど、会社にいる方が自分のやりたいことが
    できるから、会社にいる」などと、自発的に会社を
    選択する人も増えるかもしれない。

    ●元リクルート社のフェロー藤原和博氏
    「100万分の1のレア人材になろう」

    ●未開の地を拓くのは、いつだって人間なのだ。

    ●仕事は「受けるもの」ではなく「作るもの」。

    ●思想家リチャード・フラー
    「自分の時間をより有効な探査的な投資に解放すれば
    それは自分の富を増やすことになる」

    ●IBMの初代社長トーマス・J・ワトソン
    「不確かな持論を持つ思想家の道を巡れ。
    自らの考えを論争の脅威にさらけ出せ。
    率直に意見を述べ、変わり者のレッテル
    よりも、従順という汚名を恐れよ。
    そして、自分にとって重要に見える問題のために
    立ち上がり、どんな困難にも立ち向かえ」

  • まずはとても読みやすい。どうしても専門家は難しい言葉を使ってしまうことが多いため、内容が入ってこない事があるが、本書はそういった事がなくストレスなく読めた。

    AIというと、「仕事が奪われる」などマイナスにメディアが取り上げる事があり、ネガティブなイメージもあった。

    しかし、本書に書いてある通り人かやらなくていい仕事をAIが行なってくれるため時間は増え、物の値段は下がっていくのでより便利になると感じた。素晴らしい事ではないか。


    あと、印象的であったのは保育士、介護職の例だった。

    堀江さんは以前ネットで「誰でも出来る仕事」といって炎上したことがあった。反応としては頑張ってやってるのに、大変で、社会には大切な仕事なのにヒドイ!!といったことであった。

    堀江さんは、大変で大切な仕事=誰でも出来る仕事とは言ってるわけではなく、誰だってその気になればある程度は出来てしまうでしょ?って意味合いで言っていた。確かに昔は保育士なんかいなくてもみんな子供を育てていたんだから…

    医療現場に関わっているので分かるのだが、介護職などは3K(キツイ、汚い、給料安い)もあってかネガティブな事を言う人、いつも苛立っている人が多い。しかし堀江さんが言う「誰でも出来てしまう仕事」では給料は上がっていくことは難しい。

    日本には仕事がないと言っている人もいるくらいなので、代替えが出来てしまう。

    国が介入するにしても給料アップは限度がある。何万人もいる介護職の給料を上げたら税金は底をついてしまう。国に頼っていてはダメだ。

    では、どうすればいいか?

    むしろそんな仕事はやめてしまえばいいのではないかと言う。人手がどうしても必要だったら給料も上げてでも人材を確保しなければならないから、給料は上がる。

    給料が上がっていかないのは、その仕事を多くの人が続けてしまうからだ。

    介護職や保育士の仕事の給料が上げるには、このようなストライキに近い意識も必要なんだなと感じた。

    色々な理由があるなかで現実的にはそんな簡単な事ではないけれども、それが出来る様になれば世界は変わっていくのだと思う。


    今、世の中は変わっていっている。スマホの爆発的な普及もあったし、数年前には想像もつかないことが現実に起こりうる。未来は予測不可能。

    今の常識にとらわれないで、失敗しても取り組んでいく姿勢が必要だと感じた。


    今後行なう行動としては、

    自分の価値を上げ、遊びを仕事にして、レアな存在になる。


    そう考えると、ブクログも本を読むのが楽しくて、忘れないように書いている=遊びなんだけれども、仕事に繋がっているのかもしれませんね。

  • 自動化で将来の仕事が無くなったり、
    変わったりすると思うが、
    自分は存在するので、今やりたい事への
    情熱を注ぐ事の重要性を感じました。

    ホリエモンは好きじゃなかったが、
    子供みたいに、直感で行動してる人と感じ、
    好きになりました。

  • ホリエモンと落合陽一さんが対談しながら作った、生き方についての本。人生観を変えないとこれからの時代では取り残される。

    会社で働くことを、そのまま続けた方がいいのか。好きなことを突き詰める事で生きていける時代。むしろ趣味じゃないと没頭できない。趣味としてやってる人たちには負ける。
    AIに代替えされる仕事や、伸びる仕事。AIが得意なこと、不得意な事を考えるとわかる。

    やりたいことを、トコトンやろうぜ!という内容だが、むしろ、やりたい事を突き詰めて専門性を高めないとAIに負けて取り残されるからそれを複数作って100万に一人の人材になろうぜ!という内容ですね。

  • とても読みやすく、スッと内容が入ってきて面白かったです。

    報道などでは、ネガティブに捉えて、話し合っていますが、将来その状況が来ることは仕方がありません。それをどう前向きに捉えて、行動するのか、そのヒントが、この本には書かれているように感じました。何よりも二人の考え方が斬新だと思いました。特に落合さんの考え方は、今までの自分の中での発想にはなかったので、新しい発見がありました。
    そうなった理由とか歴史などを長く時間かけたところで、結局何も進みません。
    ぜひテレビでもポジティブに捉えて、不安を煽るような報道はしないでほしいなと思いました。

    「好きなことだけをする」という言葉は、シンプルだけども深いし、実現は難しい部分もありますが、良い人生が送られるよう頑張りたいなと思いました。

  • 190516 - 1905

  • 10年後どうなってるかなんてわからない。
    だから、自分の好きなこと、興味のあること、強いところを伸ばすことが大切。
    同じ資格を持っていても、付加価値を増やしていくことが、自分の為になる。

  • 本書全体を通しての主張としては、
    「主体性をもって、好きを活かして、楽しく生きろ」
    といったもの。
    ホリエモンがとても忙しいのに、たくさんのことに本気で取り組めるのも、やはり“好き”でやっているからというのが根底にあると述べられていた。
    ただ、そうは言ってもそれを実現することはなかなか難しいことのように感じてしまうのが正直なところ。
    けどほんの少し、自分のやりたいことへの道のりが見えたようにも思う。

  • 一気読みしました。
    これまで「普通」を避け、他人と同じ判断にならないよう心がけてきたボクは、救われた気がして、自分の歩む道は間違いではないのだと思いました。
    何かに没頭し熱中し続け、熱が冷めれば辞め次に行けばいよいという価値観は、ボクより上の世代には受け入れられないことはわかっていますが、ボクはそうである姿勢を子供達に見せ続けなければならないと思いました。
    そうでなければ未来は拓けないのだとも思いました。
    毎日を楽しく、遊びと仕事の区別なく、いつも何かに夢中である自分を誇り感じてよいのだと思いました。

  • AIやテクノロジーの進歩をポジティブに捉えること。自分の価値を高めることによって唯一無二の存在になることが生き残る術ではあるが、それを実践し、成功へと導けるのはごく少数の人達である。みんなが堀江さんや落合さんみたいな考え方が出来れば日本も明るい方向へと進んで行けるのだが、そう考えられるのは上位数%の人たちに限られると思うので、AIやテクノロジーの進歩を仕事がなくなるとネガティブに捉える見方は変わりづらいように思う。

  • 金を出したい人が、世の中には意外といるってところが、とても刺さった。

    大学受験でもなんでもいいけど、こんな逆境でも、頑張ってますってクラウドファンディングで掲載すると、ネットでお金が集められる時代。すごい。

    善意の届け方で言ったら、有名な財団と仕組みはかわらないし。。。

  • 広い視野で物事を見るヒントを得たいと思い、読んでみました。
    仕事やお金について、自分が普段考えたことのない側面から切り込んだお話で、とても刺激的でした。

    AIが普及することで仕事を奪われる…と悲観的に考えなくてよいのだ、と思いました。
    AIのおかげで仕事がより能率的になり、働く人間の給料は上がる。
    それに、自分の好きなことや興味のあることに今まで以上に熱中できる時間が増える。
    自分の好きなことを深めて発信していくことは、自分の価値になる。
    他人と違うことをすることが仕事やお金につながっていく。

    ユーチューバーやインスタグラマー、動画実況者など、自分の好きなことをとことんやって発信する…ということが、今後ますます広がるのかな、という印象でした。
    また、クラウドファンディングなども紹介されていますが、自分のやりたいことを気持ちだけでなく経済的に応援してくれる人たちを見つけることも大切。
    セルフプロデュースと自分をアピールする能力がある人が有利そうだと思いました。

    おもしろく読みつつ、自分の周囲ではまだまだ現実感が薄い話だとも思いました。
    でも、本書の内容を頭の片すみに意識しながら生活してみようと思います。

  • ついタイトルに惹かれ、性懲りもなく、またまたホリエモンの本を読んでしまいました。

    相変わらず上から目線で疲れるけど、言ってることは意外に子気味よく耳触りがいいんです。
    「夢中になれるものを見つけよう、それを発信しよう、極めれば武器になるし稼げるよ、大体貯めるべきはお金じゃなくって信頼なんだ」
    って感じです。
    要するに、バッサリキツイ言い方をしながら実はAIなんてこわくない、自分次第でどうとでもなる、と言ってもらって読者が安心するという構図ではないでしょうか。
    実際には私は、極一部の人間にしか通用しない金銭感覚で、極一部の人間にしか通用しない働き方を提唱している感じがして自分の生き方にはまったく参考になる気はしませんでしたけど。

    ただ、今後テクノロジーの発展とともに急速に時代が変化していくだろう予測についてはとても興味深く読みました。
    というのも、最近職場の上司と同じような会話をしていたからです。
    例えば
    ・ビットコインに代表される仮想通貨の普及は止められない。
    ・銀行のATM機に代表される経費の掛かる機械はなくなり、それに伴って銀行業務も縮小、もしくは廃業が予想される。
    ・クラウドファンディング等を利用することで今後は銀行融資も必要ない。
    ・今後の金の流れの中でクレジットカード会社が担うところはなくなり、廃業が予想される。
    などなどです。
    本書でお二人が同じような話をしており、それが職場での話とリンクして、大変刺激になりました。。

  • なるほどなぁという部分と、ふむ?な部分もあり・・・。

  • ともに最先端に尖がっているのですが、お互い意気投合された対談でサクッと読めました。
    AIに奪われる仕事vs残る仕事ってのはよく頭に入りましたし、そんな将来を不安がってもしょーがない事も重々承知しました。単純なホワイトカラーの仕事はどんどんAIに代替されていって欲しいです。が、逆にAI導入の投資がされないような業務範囲(3K、4Kとよばれる範囲のキツイ、キタナイ、安い・・・)などの仕事が残り、そこに残る人材になってしまうのか?はたまた、AIには出来ないアート的でクリエィティブな仕事の人材になれるのか?
    後者を目指して、仕事と遊びと学びに切磋琢磨すべきと心に刻みました。

  • 図書館貸出での読了。

    刺激的な1冊だった。
    落合氏・堀江氏の対談内容を、お互いが話している部分を相互フォロー、補完している箇所もあり、どんどん話題が発展していく。
    根幹のテーマはAIと今後の働き方、そして生き方論なのだが、最近出版されているAI関連の書籍内容と重複(また、この方々の著書)していることが多い。

    ただ、視点がやはり面白い。落合氏の視点は、個人的に新しい発見と気づきを貰えた。工業社会に生きてきた私達は、ほとんどの食べ物をパズルが違う組み合わせのパッケージ商品を「選んだ」と錯覚をして生きている、というのだ。

    こういった視点に驚きつつ、両者の視点には共感することが多々あった。

  • 炎上しそうなホリエモンの発言を落合さんがやさしく噛み砕くという部分がみられ、どっちが大人なんだかという感じでした(笑)
    これまでの発言の真意がコンパクトにまとめられていました。

    好きなことを突き詰めてオンリーワンの仕事でバリバリ稼ぐ、ずっとON状態というのは楽しいけれど息切れするよなあと思っていましたが、そんな生き方のみ肯定するのではなく、ベーシックインカムでバランスを取ろうという考えは、なるほどなあと。

    「好きなことだけをする」って、見た目は簡単そうですが、実はそれがもう才能ですよね。

  • 【なんでこのタイトルにした?】
    面白すぎた。仕事図鑑と名をつけて、読む層にフィルタリングをしているのか?と疑うレベルだった。本人たちも10年後の仕事は予想もできないし、どうだっていいという感じなので、ぶっちゃけトークしすぎてあえて読む人を限定してるんだとさえ思った。実際何度かAmazonや本屋で見かけても、タイトルで買う気にならず、しばらく経ってから購入した。

    中身としては…

    自分価値を上げる、いわゆる自らの価値資本を上げようという話は繰り返し登場。これが信用を生み、信用があればお金に転換できると説く。

    価値を上げるためには、遊びを極めて仕事にする。遊び、働く、学ぶを三位一体でやっていく。こうして価値を掛け合わせることで、AI時代にも淘汰されない貴重な人材になる。やりたいことが明確であればテクノロジーで補完される。AIは何をやりたいかというところは何も述べることができないので、やりたいことを持っている人は貴重。

    最後にやりたいことはなんでもいいとは思うが、付け加えるならば本田圭佑選手のような「ピュアな情熱と社会的な使命感」を持って行動する人が、真に信用される人材だし、最高にカッコイイ人材だ、と認識できた。

    昨日の自分とは変えていく気持ちで、新たな行動をしていく!

  • 今までの主張のまとめとの事だったので立ち読み。10年後かいつか分からないが、早く人間が人間らしい仕事(AIや機械ができない仕事)に集中できる世の中になるといいなと思う。どんなしょくがどこまで失われるかは分からないという考えではあるが、将来的に職を失ったとしても大丈夫なポータブルスキルや趣味を磨いておきたい。

  • 農業も機械化が進んでコストが下がり、食費も安くなるってことだけど、全然実感できないな。むしろ小麦にしろ野菜にしろ値上がりしてますよねみたいな。オーガニックや無/減農薬のものは高いし。

    保育士・介護士問題は同意。速く安く働く人がやめた方が効率化され賃金も上がる。腰痛防止のためにも早くロボット導入してほしい。
    いかれた就活システムにも同意。

    (落)一つのことをプロになるより、多くのことに挑戦しておいた方が希少価値につながりやすい(21)
    (堀)ジェネラリストより一つのことに強みを持っている人の方が魅力的(222)
    →二人が言ってる事正反対じゃないか?

    「自分にしかないスキル・知識を持とう」といったって、どんなにニッチな分野でも必ず競合はいるし、非現実的。例えばミャンマー語が話せる日本人は一人ではないはずだし、世界中で自分しかしていないスポーツ競技などないだろう(そもそもそんなのスポーツとは呼べないだろうし)。

    <メモ>
    ・AIに仕事を奪われ「価値を失うこと」を恐れる前に、なぜAIを使いこなし「価値を生み出す」視座をもてないのか
    ・YouTubeで覚えた寿司職人→修行を長くすればするほど型にはまる、一番よくないのは10年修業したこと自体をありがたがること。苦労して資格を取ったのも価値だと思うこと。価値は苦労したことにあるのではなくユーザーが決めるもの。修行ではなく「研究」を
    ・不当に給料とインセンティブによる資産が高い仕事(経営者)や定型的な仕事のため低コストで携わっている人が多い仕事(一般事務)
    他、秘書、現場監督、エンジニア、弁護士、会計士、警備員、倉庫業務、公務員、クリエイター、銀行員、運送業、翻訳、ドライバー、農業、顧客対応(Facebookのボット)、コンビニのレジ打ち、校正
    ・お金よりも信用をためる(お金を貯めてどうしたいのか?)
    ・簿記を学ぶ
    ・ライフシフト(大学で学び直す)は日本の現状にあってない
    ・リスクヘッジの副業はダサい、本当にやりたい仕事で人生を満たすべき
    ・予防医学、観光、ドローン、宇宙開発、AIを操る
    ・資格はスキルではない、相手に興味を持ってもらうことは難しい
    ・自分の頭で思考する癖の付け方→情報を仕入れたら毎日発信




    <参考資料>
    ・LIFE SHIFT(リンダ・グラットン)→既読
    ・人間機械論(ノーバート・ウィーナー)
    ・ゼロ(堀江貴文)→既読

  • 単純で退屈な作業をしてくれるAIがいるから、人間は楽しくて創造的なことをすればいいと、
    AIへの意識が変わったのは、堀江さんの著書を読んでから、私たちは遊びを仕事にしていく時代がやってくる。


    堀江さんの言葉は悪いけど、物事を冷静に分析して本質を捉えているように感じます。
    お寿司屋さんや保育士さんの件での炎上ツイートで、伝えたかった意味にも言及していて、
    堀江さんの本の楽しいところは、炎上ニュースの本音が聞けるところ♪

    楽しいが全て仕事になるわけではなくて、作業に没頭し研究して、世の中が喜んでくれる形にする。
    これからどのお仕事が伸び、AI化していくか。危機感を感じながらでなく、ワクワクしながら未来を創造していこう。そんな著書(*´꒳`*)

  • 未来が見えているようなお二人の対談は、とても刺激的でした。

    特に印象的な言葉は以下のものです。
    「好きなことに没頭すれば仕事になる」
    「本質的に重要なのは、「価値ある仕事に就く」のではなく、「価値ある仕事を創出する」主体性だ」

    子供のために購入してみたけど、面白くて読み込んでしまいました(^^;;

  • 自分をはじめ、従業員1人1人の好きなこと(趣味)の知見、行動力を事業に活かすべきだと感じた。
    新商品開発や接客、新規事業など何でも良い。
    既存事業や各々のモチベーションに良い影響になりそうだ。

    AI時代の生き残り策。
    個人:好きなこと、ワクワクすることに没頭する
    法人:ワクワクやリアルな場をお客様に提供する

    【フレーズ】
    チャンスがあるなら、何も考えずに「一番最初に手を挙げるバカ」になれ。
    好きなことに没頭し、仕事になるまで遊び尽くす
    リスクヘッジの副業に意味はない
    ボストン・ダイナミクス ソフトウェア発想 VALU

  • 自分の得意分野をかけ合わせ独自性を出すこと、
    仕事を趣味として楽しむこと、
    没頭すること、
    これから来る新しい技術に恐れるのでは無く利用していくこと。

    を心がけようと思う。

  • ライティングいたしました!

  • あんまり新しいこともなく行動にも繋がらない感じ

  • 普段から2人をフォローしている人は、いつも彼らが語っている内容が対談風になっているだけかもしれない。

    これからどういう時代がやって来ようとしているのか、価値観やお金の価値の変化、その中でどうやって生きていくのかを語っていると考える。

    ただ、誰もが彼らの考え通りに生きられるかというと、やはりなかなか難しいと思う。
    でも、自分で選び取る人生を送る、少し一歩を踏み出したい人には最適な本だと思う。

  • 人口減少などからの悲観論もあるが、それも含めたこれからの未来をどう生きるか。世の中の変化と自分自身の関係について考え続けることが大事。

  • ・AIに手が生えた時にいまの単純作業はロボットに取って代わられて、人間は人間にしか出来ない仕事だけすれば良くなる。これ経営の目線で考えたら素晴らしい話で、生産性上がりまくる。うまくAIを使う方法を学んで、楽しく稼いで好きなことをやり続けるポジションを取る。

    ・伸びる仕事。ドローン、AIマネージャ、ショービジネス、テレプレゼンスロボット、予防医療、宇宙開発、体験型観光業、音声認識

    ・自分の業界が生き残っていくかどうかにビクビクするのは本当に無駄だと思う。価値があって楽しいと思えなければ今すぐやめて、そう思えることを始めないと。楽しめることを一生懸命続けて信用をつけていけば、そのうちまた新しい革命が起こって同じような岐路で迷わずに選択ができるはず。外野の声をきにするな。自分の人生やから自分が楽しくなる方に導いてやろう。

    ・100万分の1になる藤原さん理論の実践。専門バカになるくらい熱中することを3つ探せ。人に喜ばれることで。

全326件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

■堀江 貴文(ホリエ タカフミ)
1972年福岡県生まれ。実業家。
SNS media&consulting株式会社ファウンダー。
現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリのプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。
主な著作に『多動力』(幻冬舎)、『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)、『10年後の仕事図鑑』(共著・落合陽一/SBクリエイティブ)などがある。

「2019年 『小説 多動力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

10年後の仕事図鑑のその他の作品

10年後の仕事図鑑 Kindle版 10年後の仕事図鑑 堀江貴文

堀江貴文の作品

10年後の仕事図鑑を本棚に登録しているひと

ツイートする