丁寧に暮らしている暇はないけれど 時間をかけずに日々を豊かに楽しむ知恵

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.55
  • (2)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 104
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797395099

作品紹介・あらすじ

『暮らしのおへそ』(主婦と生活社)を立ち上げ、12年にわたり取材、執筆をしてきた編集ディレクター・一田憲子(いちだのりこ)さん。
これまでに、数多くの暮らしの達人たちを取材してきました。
そんな一田さんご自身の暮らしも、知恵とアイデアにあふれています。

築50年ながら、いつ訪れてもすがすがしい空気が流れ、とても居心地がいい部屋。
適度に片づき、適度にモノがあり、わが家のようにほっとできる。
そして、パパッと出てくる、おいしいごはんや手作りのおやつ。
――そんな一田家のファンになってしまう人が、後を絶ちません。

でも、当の一田さんは、ご自身のことを、「生まれながらの大ざっぱ人間で、面倒くさがり」と言います。そして、常に仕事の締め切りを抱えて全国を取材で飛び回る毎日の中、家事に使える時間は限られています。

いったい一田さんは、どんなふうにして日々の暮らしをまわしているのでしょうか?

その秘密は、取材先で教わったアイデアや、人とのやり取りで知ったモノ・コトを、家に持ち帰り、実際に試し、毎日の中に落とし込む。その連続の中にありました。

本書では、一田さんが実践してみて本当に役立ち、忙しい中でも続けてこられている習慣と知恵をご紹介します。

時間がなくたって、工夫次第で、毎日はずっと快適になるし、楽しめる。

そんな暮らしのヒントを、美しい写真とともにお届けします。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018002リクエスト

  • 結局、外と内のバランスなのだろうなぁと思う。

    暮らしのよさって、
    家事を通じてしか感じられないのだけれど、
    そればかりでは息がつまる。

    だから、外で社会にふれ、内で暮らしにふれる、
    その配分ややりようを工夫し続ける
    試行錯誤し続ける
    それが人生の醍醐味なのだろうな。

    そしてそれにはきっと、
    パートナーがいた方が面白いのだろう。
    大変でも。

  • 自分がやっていることがいくつか書かれていて(洗濯物はたたまない,引き出しは中まで整理しない)嬉しかった。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1964年京都府生まれ兵庫県育ち。編集者・ライター。OLを経て編集プロダクションへ転職後、フリーライターとして女性誌、単行本の執筆などで活躍。企画から編集を手がける暮らしの情報誌『暮らしのおへそ』『大人になったら着たい服』(ともに主婦と生活社)は、独自の切り口と温かみのあるインタビューで多くのファンを獲得。全国を飛び回り、著名人から一般人まで、これまでに数多くの女性の取材を行っている。著書に『明日を変えるならスポンジから ~暮らしの道具を選ぶこと~』(マイナビ)、『かあさんの暮らしマネジメント 仕事、家事、人生をラクに楽しくまわすコツ』(小社刊)などがある。

丁寧に暮らしている暇はないけれど 時間をかけずに日々を豊かに楽しむ知恵のその他の作品

一田憲子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
辻村 深月
西 加奈子
ヨシタケ シンス...
リンダ グラット...
小泉 今日子
平野 啓一郎
植本一子
佐々木 圭一
三浦 しをん
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする