プログラマの数学第2版

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.91
  • (4)
  • (14)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 150
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797395457

作品紹介・あらすじ

プログラミングに役立つ「数学的な考え方」を身につけよう。

2005年の刊行以来、数学書として異例の大ロングセラーを続けている前著の改訂版です。

プログラミングや数学に関心のある読者を対象に、プログラミング上達に役立つ「数学の考え方」をわかりやすく解説しています。数学的な知識を前提とせず、たくさんの図とパズルを通して、平易な文章で解き明かしています。

改訂にあたっては、文章を全面的に見直すと共に、現在の人工知能、ディープラーニングブームを踏まえて、付録「機械学習への第一歩」を加筆しています。この付録では、

・機械学習とは
・予測問題と分類問題
・パーセプトロン
・機械学習における「学習」
・ニューラルネットワーク
・人間は不要になるのか

という項目について、ていねいに説明しています。

プログラミングや数学に関心のある読者はいうまでもなく、プログラミング初心者や数学の苦手な人にとっても最良の一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高校で数学を学ぶ前にこの本を読んでいたら、もっと楽しく学べていたのかもしれないなぁ。
    大きい問題は小さく分解して考える、パターンを見つける、分かりにくい時は具体化して考えて、それから抽象化する、などなど、数学に限らず、物事を考える、ということがどういうことなのか、が学べる本だと思った。

    ファンタジーの法則は、数学ガールでも多用されていたなぁ。こちらを先に読んでおけば良かったかもしれない。

  • 対象層が不明。基本情報や応用情報で扱うような範囲に近しいというか、どういう人が読むことを狙っているのかわからなかった。

    数学を身につける気持ちで読むならこの本ではない。

  • 改めて読むと、自分の理解の程度の低さが嫌になる。

  • 借りたもの。
    プログラミングで使われる数学を分かりやすく、図式やもっと簡単な式に分解して解説した本。
    0の概念からはじまり、現代人が広く使っている六十進法とコンピューターが使う二進法の概念の違い、「0か1か」「正か否定か」の単純な構造からどうやって解析しているか…と準を追って説明してゆく。
    普段見慣れていないので、所々で以前出てきた数式の仕組みを失念してしまったり、記号の意味を忘れてしまい、振り返りながら読む箇所も多々あったが、プログラミングの“仕組み”を理解するうえで、非常に勉強になった。
    …所々、頭が追い付かない部分もあったけど。

    私が文系のためだろうか…概念的な部分を理解するのにリンダ・リウカス『ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング』( https://booklog.jp/item/1/4798143499 )の表現が補完してくれた。

    第二版では人工知能――機械学習――についての数学を付録。
    そこで使われている概念は完全に数式で表わされていたが、知能と言われているものの、人間の考える知能とは別物であり、人間の判断とは異なることを明確にする。
    松尾豊『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの』( https://booklog.jp/item/1/4040800206 )に書かれていたことを、数式で表したもの。

  • 『プログラマの数学』の第2版。初版も読んでいるはずなのだけど(というよりうちにあるのだけど)、どういう内容だったのかは全然覚えてなかった(むしろ、数学ガールの似たような場面ばかり思い出した)。
    新しい機械学習の話は分かりやすくはあったのだけど、もう少し具体的な例がほしかったかな。まあ、データの数が多く必要なものでそれは難しいか。
    それよりもしかして、機械学習の内容を追加したということは、次の数学ガールでは機械学習の話をとりあげるということだろうか。
    組み合わせの数の再帰的定義については、「nCk = 1(n=0またはn=kの場合),n-1Ck-1+n-1Ck(0<k<nの場合)」とあったけど、これじゃあ「k=0」の場合が入ってないような。1なのは分かってるのだけど。

  • プログラムを組むときに意識すべき数学的な考え方。 「知ってる」ってこともあれば「へー」って内容もあり。 帰納法なんて全然忘れてたし、論理も使ってるつもりだけど実はざっくり程度の理解なことが分かった。剰余がグルーピングに使えるなんて初めて知ったし。 「知ってる」ことも感覚的にとか経験的にであって、知識として会得してるものじゃないから、解りやすく説明されて凄く納得できた。また読みたい

  • 本当に四則計算だけで読めた!

  • 数学とあるが難しい数式はでてきません。
    また、ソースコードもほとんどありません。
    内容的に難しいところはありません。
    プログラマ向けの論理的な思考方法を学ぶための書籍といったところだろうか。

    自分は第2版の付録である「機械学習への第一歩」が目当てで購入しました。
    機械学習の基礎が上手くまとまっています。
    付録なので多くは期待していませんでしたが、もう一歩踏み込んだ内容だったらさらに良かったかと思います。

  • 請求記号 410/Y 99

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

結城 浩(ゆうき ひろし)
1963年生まれ。東京都在住のプログラマ、技術ライター。ウィキクローンの1つであるYukiWikiを開発したことで知られ、プログラミングに関する執筆、翻訳を行っている。
Webで公開した作品を元に、小説『数学ガール』を発表、ヒット・代表作となる。同作はコミック化されるとともに、「出版・著作により数学の研究・教育・普及に業績をあげた」ことによって日本数学会賞出版賞を受賞した。

プログラマの数学第2版のその他の作品

結城浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
Bill Lub...
有効な右矢印 無効な右矢印

プログラマの数学第2版を本棚に登録しているひと

ツイートする