楽しくわかる数学の基礎 数と式、方程式、関数の「つまずき」がスッキリ! (サイエンス・アイ新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
4.75
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797395747

作品紹介・あらすじ

一度でも数学に苦手意識を持ってしまうと、数字や式を見るのもおっくうでしょう。
けれど、「自分がつまずいたところ」から一歩前に進めさえすれば、あとは楽しくなってくるはずです。

本書では、数学嫌いのまま半分大人になってしまった大学生、算数が数学になった段階でつまづいた中学生を多数指導してきた著者が、「最初から、こんな風に教えてもらっていたら……」を紙の上で実現! 親しみやすい 語り口はそのままに、わかりやすいたとえ話や図も盛り込んでお送りします。

数学を理解するのはもちろん、そのおもしろさを再発見するための1冊です。「難しく見えることは、どう考えるとラクチンか」という思考法にも触れられます。

※本書は既刊『楽しく学ぶ数学の基礎』を改訂し、デザイン・イラストを刷新したものです。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

星田直彦(ほしだ ただひこ)
1962年、大阪府生まれ。
奈良教育大学大学院修了。
中学校の数学教師を経て、現在、帝塚山大学教授。
クイズ番組『パネルクイズ アタック25』優勝経験者という博覧強記ぶりをいかし、数学の講義では実生活や歴史の話題を駆使。
最近の研究テーマは中学校の数学でつまづく生徒が多い「中1ギャップ」。
算数、中学数学の教科書の執筆のほか、身近な暮らしと算数・数学をむすびつける著書多数。

「2022年 『単位』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星田直彦の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×