【Amazon.co.jp 限定】一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書 公立高校教師YouTuberが書いた(DL特典: 17の国・地域の「横のつながり」が一目で解る世界史年表)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.95
  • (109)
  • (154)
  • (82)
  • (13)
  • (7)
本棚登録 : 4311
レビュー : 162
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797397123

作品紹介・あらすじ

推理小説を読むように一気に読める!
”新感覚”の教科書にあなたも必ずハマる!

現役公立高校教師としては初めて、Youtubeに世界史の授業動画を公開し、
たちまち、大学受験生や社会人、教育関係者から「神授業!」として話題沸騰の
現役・公立高校教師が書いた“新感覚”の世界史の教科書!
大学受験、学び直しにも。高校生から、主婦、社会人まで必読の1冊!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み

  • この本が一般的な歴史の本と何が違ってベストセラーになっているかというと…

    ①一般的な教科書とは違い、全てを数珠つなぎにして「1つのストーリー」にしている

    ②「主語」が変わるのを最小限に抑えている

    ③年号を使わない

    読むだけで高校の世界史の知識が一生モノの教養に変わる!
    となんだか楽して世界史が勉強できそうな予感♪

    他の特徴として
    まず
    ・ヨーロッパの歴史
    ・中東の歴史
    ・インドの歴史
    ・中国の歴史
    と言う4つの地域を取り上げ、それぞれ古代から大航海時代までの歴史を解説

    〜この辺りまではそれぞれのお国事情だからわかりやすい
    それを通常の教科書のようにあちこち時系列にせず、ヨーロッパならヨーロッパの大航海時代までまとめてあるので頭に残る
    ヨーロッパはこの時代が最盛期でキリスト教の影響の凄さ、政治への利用
    中東もインドも宗教の影響を強く感じた
    一方中国
    良くも悪くも個性あふれる皇帝の人柄で国が翻弄されるのだから…コメディになりそうである

    大航海時代によって陸つながりではない国々が関わるようになり4つの地域が一体化

    〜ここで一気にグローバルな世界史が始まる
    流れが分かり易い
    陸がダメなら海へ
    って簡単に言うけど、この時代は命がけ
    船員の2/3を失ったり、食料が尽き果て虫の湧いたバスケットをかじったり、腐った水を飲んだり、挙げ句の果てにようやくたどり着いた陸地で先住民に襲われ殺害されてしまったり…
    うん改めて感動!


    大航海時代をメインに近代ヨーロッパの世界が様々な革命を通じて世界中に影響力を強めていく
    イギリスの産業革命に始まり
    フランスのマリーアントワネットらが公開処刑、フランス革命、ロシアの南下、アメリカの南北戦争などあちこちで革命だらけの時代
    ここにきて、王の時代から国民の時代へ移行していく
    また国同士の利害関係が働き出し、とうとう戦争の時代へ

    また近代のヨーロッパ世界に大きな影響受けた中東・インド・中国などのアジア世界
    最後に現代の世界へという流れ…


    世界史って興味がとてもあるのに、本当に苦手…
    途中まで興味津々でいられるのだが、どこからか急に睡魔に襲われる
    そして挫折の繰り返し
    この本はなんとか完読できたが、それでも何度か眠くなったし、時間もそれなりにかかった
    この本が悪いのではなく知識がないのに一気にモノにしたいという浅ましさのせいである
    よく考えたら世界史の知識を簡単に得ようなんて考えが間違っている!
    浅い知識であらすじだけ追うようではそりゃ頭に入らないし面白くないだろう
    そもそも全世界の歴史ですよ!と言いたい
    少しずつ興味のあるところから掘り下げていく…こんなことを繰り返していると、ある時ブワッと繋がるのだ!
    そして細く繋がっていた線が、さらに少しずつ肉付けされていく
    こうなると勉強って本当に楽しい
    学生時代に楽しめなかった分、今好きなように楽しめるなんてとても贅沢で有難い!

    というわけでこの書は今後も自分の参考書や副読本のように活躍するのは間違いない

  • 年号はないが、時系列で説明してくれているので、流れで分かりやすい。
    難しい表現もなく地図で示されていたり、ヨーロッパ、中東、中国、アジアと、国ごとに色分けされている。
    用語はだいたい分かりやすく説明されているが、もっと詳しく知りたい所は個別に調べる必要がある。

    最初から通して読んでもよし、色分けされた各国毎に読んでもよし。

    何度も読み返しやすい本です。

  • 福岡県の公立高校で世界史を教え、Youtubeでも授業を公開されている山崎圭一さんによる、新しい世界史の教科書。
    書評ブログで絶賛されていたので、軽い気持ちで手にとりました。
    「一度読んだら絶対に忘れない」かどうかは別として、山崎さんの工夫で「歴史=暗記物」というイメージは変わると思います。

    山崎さんの工夫は、以下の2点に集約されます。
    一つ目は、歴史を一つのストーリーとしてとらえ、ヨーロッパ、中東、インド、中国と4地域の歴史を個別に学んだあと、大航海時代に4つの地域が1つになり、近代以降ヨーロッパが他の地域に対する影響力を強めていく、という流れで記述を配置したこと。
    従来の教科書のように、記述があっち行ったりこっち行ったりしないので、それぞれの地域がどのように形成されてきたか、見取り図がはっきりしました。

    二つ目は、本文から年号をなくしたこと。ともすれば「いつ何があったか」に目が行きがちだけれど、初学者に大切なのは、歴史の大きな流れと個々の出来事の因果関係をざっくり押さえること。思い切って年号をなくしたことで、予備知識ゼロでも2~3日あればサクサクと読み通せるし、読んだあと、世界史の大きな流れと重要な事象における因果関係(イギリス議会政治の成立背景とか、スペイン没落の原因とか)が頭に残る仕掛けになっています。

    誤植や間違いが多いという指摘も見られるけれど、その点を差し引いても、この内容で1600円は安い!
    高校時代、世界史を選択しなかったので、いざ勉強しようと本を読んでもストンと落ちないことがあったけれど、本書で大きな見取り図ができたことで、その悩みはある程度解消されそうです。

    さらに詳しく学びたければ、Youtubeで公開されている授業が効果的。非常にわかりやすくて、こちらもお勧めです

    • M's Bookshelfさん
      浪人時代に世界史を教えてくれた先生が、民族や宗教など、教科書の枠組みと違う切り口で一気に古代から現代まで繋げて教えてくれ、それで頭に入れると...
      浪人時代に世界史を教えてくれた先生が、民族や宗教など、教科書の枠組みと違う切り口で一気に古代から現代まで繋げて教えてくれ、それで頭に入れると不思議なほど覚えやすかったり、細かいことは覚えていないのに正解がわかるなど、新鮮だったことを思い出しました。
      今となっては忘却の彼方ですが…。

      自力でそうしたストーリーを整理できたらよいですけれど、凡人には先人の知恵と工夫の成果を分けてもらうのが一番。もう一度世界史の大きな流れを勉強するのによさそうな本ですね。
      2018/09/12
  • これまで世界史関連の本になんども挑戦してきましたが一度も最後まで読むことができずにいました。ですが、今回限界を突破できました。読了です。ありがとうございます。

    できるだけ主語(国や地域)を変えずに記述してあるので、何がきっかけで始まってどんな変化が起きて結果的にどうなったかをわかりやすく把握できます。また、世界史なのに年号がほぼまったくといっていいほどでてきません。そのため他の歴史書より情報量が極端に少なくなっており非常に文章が読みやすいです。感涙です。

    今後、いろんな歴史の本にチャレンジしていくつもりですが途中流れを見失ったときまたこの本に戻ってこようと思います。

    私が中高生のときに読んでおきたい本でした。

  • 近現代史を読むと思うのは
    「世界史はどんどん増えていくから、
    私より後に生まれる人は大変。
    気の毒だわ」
    ということ。

    でもこうやって「世界史をわかりやすく説明してくれる」先生が登場するのだから、恵まれているといえますね。
    私は高校時代世界史の授業は眠かった記憶しかありません。
    ちゃんと聞いていれば面白かったのかしら。
    自分が悪いんでしょうか?

    著者の山﨑圭一さんは公立高校の先生で、
    元生徒から「先生の授業を受けたい」とリクエストされ、YouTubeに。
    それが本になりました。
    とても面白いけど、大学受験のための本ではありません。
    あくまで「世界史に興味をもってもらえる」
    「理解してもらえる」ための本。

    私が電車でこの本を読んでいたら、
    珍しく隣で女子高生が勉強していました。
    でも寝ていた…。
    おとなになって、こういう本を楽しめる自分を
    素直に幸せだなと思いました。

  • 日本史と比べて世界史はハードルが高いと考える人は多いのではないでしょうか。おそらく、その原因は世界史では時代の流れに加えて各国間のつながりも意識して平面的に理解する必要があるからだと思います。

    例えば日本史では時代の流れに集中すればよいため縄文→弥生→古墳→飛鳥→奈良→…というように時代区分がはっきりしており、ある程度情報が整理されています。それに対して世界史では多くの国が複雑に絡み合うため、世界史全体で一つの時代区分を設定するのが難しく、どうしてもゴチャゴチャとした印象を受けてしまいます。やはり多少無理矢理だとしても、学習者が自分の居場所を見失わないための目印として大まかな時代区分はあったほうが便利です。

    本書の1番の特徴は時代を大きく大航海時代以前と以後の二つに分けているところでしょう。ヨーロッパ、中東、インド、中国が各地域ごとに歴史を進め、大航海時代で世界がつながり世界史がはじまるという構図です。そしてそれぞれの地域史はひとまとまりにして通史で一気にやってしまうことで余計な混乱をさせないように工夫がなされています。世界史の教科書は様々な地域の様々な時代を行ったり来たりするため初学者にはとっつきにくいつくりになっていますが、本書はその問題点を見事に克服しています。

    個人的に改善した方がよいと思うのは索引がついていないことぐらいでしょうか。やはり索引がないと復習がしづらいです。改定版で索引がつくといいですね。

    とても読みやすく無理なく読み返せるのも本書のいいところです。疑問が生じるたびに何度も本書を読み返し、自分の頭に世界史のフレームワークを築いていけたらと思います。

  • 学校ではやらないような、面白いエピソードもあり、デザインも好みだった。世界史の内容の流れを知るにはとても良いと思う。

  • 売り文句のとおり、たしかに読みやすく分かりやすかったです。
    指摘されているとおり、年号を覚えようとすると大変になるから、本文中には年号がほぼ出てきませんが、人間勝手なもので、まったく出てこないとそれはそれで覚えにくい気もしました。

  • 学校指定の教科書と違い、地域ごとに分けてすとーり立てられているので、理解しやすかった。

  • 大人の学び直しに。本だけでは物足りなくて、YouTubeの講座で勉強するようになりました。ムンディ先生の授業は分かりやすく、久々に板書をノートに写すのも楽しいです。

全162件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

福岡県立高校教諭。1975年、福岡県太宰府市生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、埼玉県立高校教諭を経て現職。昔の教え子から「もう一度、先生の世界史の授業を受けたい!」という要望を受け、YouTubeで授業の動画配信を決意。2016年から、200回にわたる「世界史20話プロジェクト」の配信を開始する。現在では、世界史だけでなく、日本史や地理の授業動画も公開しており、これまでに配信した動画は500本以上にのぼる。授業動画の配信を始めると、元教え子だけでなく、たちまち全国の受験生や教育関係者、社会科目の学び直しをしている社会人の間で「わかりやすくて面白い!」と口コミが広がって「神授業」として話題になり、瞬く間に累計再生回数が1200万回を突破。チャンネル登録者数も4万5千人を超えている。著書に、『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』『一度読んだら絶対に忘れない日本史の教科書』『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書【経済編】』(以上、小社刊)などがある。

「2021年 『一度読んだら絶対に忘れない世界史人物事典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山﨑圭一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンスケ
ヴィクトール・E...
辻村 深月
恩田 陸
三浦 しをん
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

【Amazon.co.jp 限定】一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書 公立高校教師YouTuberが書いた(DL特典: 17の国・地域の「横のつながり」が一目で解る世界史年表)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×