まさかさかさま〈その2〉

著者 :
  • 新風舎
3.90
  • (2)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784797414745

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • さかさまにするとどんな感じか想像しながらひっくりかえすのが楽しいです。

  • さかさ絵本シリーズ第2弾。
    ラッコが猫になったり、うさぎがフラミンゴになったり・・・逆さにすると全く違う絵になるのが面白い。
    子どもから大人まで楽しめます。

    気に入ったのは年寄りのカッパがきつねになる絵。

    >カッパだって としとれば およぎもだんだん つらくなる わかいころが なつかしい

    >ひみつのかわを みつけたぞ こギツネひとり やまのなか ボディーボードで あそんでる

    新風舎の本を読みましたが、倒産したそうで現在出ているのはサンマーク出版のものだそうです。

  • さかさまにすると絵が代わり、
    1ページで2つの絵が楽しめる
    シリーズモノの絵本だが、
    このシリーズ、
    娘も息子も大好き。

    (2008年9月 文庫)

  • ムスコ「すごい!どぉして、こんなこと考えつくの??」
    ほ〜んとに、ビックリな『逆さ絵』です。

  • これは、先日の朝日新聞に載って値手、予約済です♪
    息子くん、さかさ絵絵本、はじめての体験です。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

伊藤 文人(日本福祉大学教授)

「2016年 『ソーシャルワークの倫理と価値』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤文人の作品

ツイートする