ボクは炭焼き職人になった―怒濤の独立編

著者 :
  • 新風舎
3.55
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797448245

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夢はかなう!まっすぐな生き方に感動。子供のころ思っていた理不尽なことに対して本音で生きていくとどうなるのか。
    モノを売るのではなく鍛錬した自分を売ること。値段を安くするということは自分を安く売ること。経営者にも必読の一冊。

    過酷な環境で本当に仙人になったかの筆者の信念に魂を揺さぶられた。

  • すっごいかっこいい生き方(自分的に)をしている原さんの本。修行辺は夢や希望ばかり見せてくれるんだけど、やっぱり現実はそう甘くない。ピンチが何度も訪れ、眠れなくなる。とうとう笑うしかなくなる。

    農民を目指す僕としては、覚悟する気にさせてくれる内容だった。3年は少なくともつらい状況ばかりだろう。どう楽しく乗り越えられるか。自分の好きなことだったらどんなにつらくても乗り越えたい。
    後半から出てくる最強のカミさん。かっこよすぎる!カミさんとちょっとだけ話したことがあるけど“ど田舎に住みたい。そしてそこを盛り上げたい。”という思いは僕と共通していた。がんばろ☆

全2件中 1 - 2件を表示

原伸介の作品

ツイートする