深川通り魔殺人事件 (新風舎文庫)

著者 :
  • 新風舎
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797494525

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スタイリッシュとか美の欠片もない川俣の写真には底知れぬ狂気とそれへの嫌悪を感じ、彼があくまで「異常性格」の持ち主であり、決して分裂病ではないという驚愕の鑑定に、精神の常軌とは何かと思ってしまう。

  • 白昼の商店街で発生した無差別殺人。犯人の生い立ちから事件までを述べた後、裁判記録を元にこの事件を検証する。
    公判では、被告が責任能力を持つのか、精神鑑定のあり方を中心に争われている。

  •  これはすごいですね。社会から疎外された人間が被害妄想を膨らませていく。その挙句の凶行。人って、やっぱ少しでも社会と繋がってないと不安定になる気がする。申し訳ないけど、彼の主張はホントにわかんないです。理解できません。がんばったんだけど・・。

  • 俺の中では、宮崎勤事件前夜に起きた事件で、特に印象に残るもの。詳しくは知らないが、電波がらみの冗談はこっからじゃないか? 違ってたらごめん。だけど、本物はやっぱり言うことが違う。電波に殺人指令を受けたのではなくて、電波を送る黒幕を表にひきずりだして恥をかかせるために事件を起こしたのだという。「電波がひっつく」という表現も秀逸。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

作家。1937年、朝鮮に生まれる。八幡中央高校卒業後、八幡製鉄所に勤める。2006年から北九州市立文学館館長、北九州市立大学の特任教授、九州国際大学客員教授。『ジャンケンポン協定』で新日本文学賞、『復讐するは我にあり』で直木賞、『身分帳』で伊藤整文学賞を受賞。主な著書に『ドキュメント狭山事件』他多数。

「2011年 『越山 田中角栄』 で使われていた紹介文から引用しています。」

深川通り魔殺人事件 (新風舎文庫)のその他の作品

佐木隆三の作品

ツイートする