無差別級トークバトル日本の差法―ビートたけし×ホーキング青山 (新風舎文庫)

  • 新風舎
3.54
  • (4)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 27
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797494860

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1冊の中で繰り返し多すぎ。

  • 笑いながら読んだ。
    障害者って何をいうんだろうって真剣に考えた

  • 笑いながら読んだ。
    障害者って何をいうんだろうって真剣に考えた。

  • ビートたけし, ホーキング青山 / 新風舎 (2004/11)

  • 障害者芸人ホーキング青山とビートたけしの対談。障害者とのつきあい方というのをまじめに考えると、その時点で差別になりかねないんだなぁというような話。いっしょにアホやったり毒舌吐いたりして対等と。助けてあげましょうってのは上から見てるので対等じゃないと。手助けして、いいことしたなぁとか思った時点で差別と。養護学校に閉じこめるのは明らかに隔離だと。そして、死とかの哲学的な話もしてます。そういや僕が小学校低学年の時は、まだ普通に知的障害の人とかクラスにいたなぁ。ある日特別クラスに分けられて、気がつくと特別クラス自体がなくなってた。無い事になってた。今考えたらひでえはなしだな。まぁとりあえず過剰反応はなんにせよおかしいか。僕的には、手足が使えないので口でエロ漫画を描く障害者とか出てこないかなぁと思ったりしてます。

全5件中 1 - 5件を表示

ビートたけしの作品

ツイートする