監督論 ―「人は育つ」ことを選手に教えられた―

著者 :
  • 集英社インターナショナル
3.29
  • (1)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797671162

作品紹介・あらすじ

破綻の危機に立つ球団経営。次々に使い捨てられる監督たち。指導者の役割とはいったい何か?名将・広岡達朗の渾身の提言。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「監督論」
    広岡達朗の現役監督姿といえば私の中ではTVでのもの。


    広岡氏は歴代監督の中でもかなり名将と言われる人物ですが、では広岡氏の理想の監督とは何だろうか?とふと思い、この「監督論」を読んでみました。この本はかなり古いので(落合監督が中日の監督を引き受けた頃。2003-04年)今の野球界の現状と違う所はあると思いますが、それでも変わらない部分は多くあると思います。


    私はこの本はかなり面白かったです。私は根っこからの野球fanでは無いです。ダイエーがあったころまでは試合を見ていましたが、どちらかというと私はMLBの方を見たり、調べたりしています。特にクオリティーシートだったと思うんですけど、ああいう数値計算を駆使するやり方には強い興味を覚えました。どこが面白いかといいますと、やはり広岡氏の野球への見方が新鮮な所が良いです。監督やチーム、球団、選手に対しての広岡氏の意見は納得するものが多くありました。


    私は野球関係の本はあまり読まないのですが、この本を読んでこれからちょいちょい読んでいこうと思いました。特に数値計算で選手の価値を判断する方法を解説しているものが良いなぁと。


    さてダルビッシュ選手がレンジャーズに行き、和田選手がオリオーズに行ったように今年もMLBへ日本人選手が乗り込みます。近年は日本人選手の価値が下がってきています。それがポスティングやFAに響いてきています。しかし今年から逆襲です!

  • 人は育つ
    そして育てる側が諦めない

    当然のことだけど親族でもない
    人間に諦めずに関わるのは
    簡単ではない

    コーチなど上の立場の人間の
    『心』が
    気持ちが大事だということ
    とてもわかりやすく
    親しみやすい文章で
    かかれています

  • 22/1/21 65 川上さんへの恨み節が無ければ。この本も無かっただろうな。
    文章を書くコツ>一点絞り、複数の言いたいことの中から、一番大事なことを選び出す。
    読んで感激した文章があったら、暗記する。書く。

全3件中 1 - 3件を表示

広岡達朗の作品

ツイートする