わが天才棋士・井山裕太

著者 :
  • 集英社インターナショナル
3.56
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797671957

作品紹介・あらすじ

2期連続囲碁名人挑戦。天才の素顔と成長の記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 囲碁界を席巻する井山裕太について、師匠の石井九段が「師匠バカ」を自認しながら書いた本。
    弟子へのあふれる愛が感じ取れる。
    素直で謙虚な奴は伸びる。
    棋士の世界のような独立独居の場合はアドバイスも相手のやり方を壊さないように気をつけなければいけない。

  • 天才がどんな道を歩んできたのかが分かる。けっして順調ではなく、悔しい思いもいっぱいしてきたということが分かった。対局の解説が結構載っているので、囲碁をもう少し勉強したら、もう一回読んでみたい。

  • 井山裕太が最年少で名人位を獲得する目前に出版された本。師匠が、少年時代からの逸材ぶりを紹介する。やはり常識ではかんがえられない天才はいるものだと関心するとともに、まわりの人間がつぶさずによく育てたことに感動した。

全3件中 1 - 3件を表示

石井邦生の作品

ツイートする