漫画<銀のアンカー>に学ぶ 就活脳の作り方

著者 :
  • 集英社インターナショナル
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797672107

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 流し読みをしてしまったので評価無し。
    なんとなく得られた感想は

    「認知という脳の機能が能力低下に関与するから気をつけろ」
    っていう事ですかね。
    「君は何々が向いてると思いますよ」って、言われたら「あれ、そうなのかなぁ。」って揺らぐような状態が能力発揮の妨げになるらしいです。
    あとは「受けたい企業を受けろ」っていうのが印象に残ってる。これは銀のアンカーに書いてあった事なんですけどね。

    新3年生は読んでおいて損はないはず。

  • 「内定請負漫画」の『銀のアンカー』。「就活の肝」といえる内容がふんだんに盛り込まれています。この作品を、スポーツ医学を専門とする医師が解説。辛い状況下でも最高のパフォーマンスを発揮できる「フロー理論」に照らし合わせながら、マンガの内容を「なぜ、それが就職活動に有効なのか」を考えていきます。あなたの就活のパフォーマンス・アップに、この本を活用して下さい!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

辻 秀一:1961年東京都生まれ。北海道大学医学部卒業、慶應義塾大学で内科研修を積む。その後、「本当に生きるとは」を考え、人が自分らしく心豊かに生きること、すなわちクオリティーオブライフ(QOL)のサポートを志す。スポーツにそのヒントがあると閃き、慶大スポーツ医学研究センターでスポーツ医学を学ぶ。99年、QOL向上のための活動実践の場として、株式会社エミネクロスを設立。スポーツ心理学を日常生活に応用した応用スポーツ心理学をベースに、個人や組織のパフォーマンスを、最適・最大化する心の状態「Flow」を生みだすための独自理論「辻メソッド」でメンタルトレーニングを展開。37万部突破の『スラムダンク勝利学(集英社インターナショナル)』をはじめ、『リーダー1年目からの教科書(ぱる出版)』『自分を「ごきげん」にする方法(サンマーク出版)』『禅脳思考(フォレスト出版)』 『さよなら、ストレス(文春新書)』など著書他多数。最新刊は『Play Life, Play Sports~ スポーツが教えてくれる人生という試合の歩み方~(内外出版)』

「2018年 『メンタルトレーナー直伝 先生の“ごきげん思考”で、授業はうまくいく!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

辻秀一の作品

ツイートする