知のトレッキング叢書 考えるとはどういうことか

著者 :
  • 集英社インターナショナル
3.49
  • (8)
  • (21)
  • (23)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 257
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797672220

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  考えることには、目的思考と自由思考がある。目的思考は問題解決のために、自由思考は新しい発見や発明のために。考える時には、どちらかはっきり決めて考えてるわけではない。少し意識して考えるのもいいかもしれない。

  • ふむ

  • タイトルに惹かれて読んでみた。本は薄く、文章は易しいけれど、内容は色々考えさせられることが多かった。至って真面目に書かれていて、言いたいことがよく伝わる。各章のタイトルも著者の造語だが、内容を踏まえた適切な言葉で判りやすい。
    自分の考え方を見直すヒントや事例が色々紹介されていて、勉強になった。

  • 思索

  • 2018.12.12

  • 第一人称、第二人称、第三人称ではなく第四人称という視点、俯瞰してみると言う事。

    下手に知識がつくとそれに捉われて思考することをしなくなってしまう。

    日本語で考えるとはどういうことか。

  • 【要約】
    ・外山版「考えるヒント」。書き下ろしではなく、話した内容を文章にした「語り下ろし」とでもいうべき体裁。

    【ノート】
    ・外山さんの本は、前に読んだ「自分の頭で考える」でも感じた通り、読みやすい。読みやすいから、注意して読んでないと、そのままスルスルっと読み終わってしまって「あぁ、そうですか」という程度の読後感で終わってしまう。

    ・もちろん、本人がこの作品の中でも書いている(語っている)通り、難しそうな理屈をこねくり回せばよいってものではないけど。

    ・この本は「考えるとはどういうことか」ということについてではなく、外山さんの「考える」軌跡を幾つかのお題に沿って展開してみせる、というもので、その意味で、小林秀雄さんの「考えるヒント」に近いと感じた。

    ・「語り下ろし」という体裁については、本人があとがきで「考えそのものにより近い」と感想を述べている。

  •  今回取り上げる著者は、「思考の整理学」、「忘却の整理学」などの著書を出している。考えることについていろいろな側面から取り上げている。考えることがないと頭の中身がふやけてねじが緩んで取れてしまうからなあ。


     触媒思考では、「知識と経験の化合が新しい価値を生む」として、経験を軽く見るのは良くないとしている。近代以前は経験を積むことが重要とされていたが、知識に重きを置いた社会になってしまった。著者は、知識と経験をつなぐ役割を思考力に求めている。


     選択の判断力では、「人はなぜよく考えずに選択するのか?」として、選択力について取り上げている。選択と言えば、今月の前半に話題になっていたアメリカ大統領選挙が浮かんでくる。どちらの候補者も欠点がありどちらがよりましかとうレベルの選挙になってしまった。よく考えて選んだ人もいれば、事実とは違う情報がネットやメディアであふれていて、その情報に知らず知らずのうちにマインドコントロールされて投票した人もいるだろう。これから4年間でどういう結果になるか見えてくるかな。


     ものを考えるという行為は、程度の差があっても何かしらあるものだ。今日のランチメニューから引っ越し、家や車を買うといったことまで。頭の中身と身体を鍛えて健康な状態にしておくのが一番だ。

  • 触媒思考(インプットではなくアウトプット)
    選択力(判断力)は日常の生活で困難を強いられてきたえるものだが、現代は選択をするうえで表面だけを見て決めてしまいがちなこと
    日本人の曖昧さ
    二次的創造、二次的活動(服を作る、という一次的創造から、デザインという形の創造へ)
    などなど、この世の中の大きな流れを著者の観点で描いた本。

  • 球面思考
    触媒思考
    曖昧の美学
    言葉の数だけ論理がある
    二次的創造

    目次を見てほとんどすべてを思い出せるところがいい。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

お茶の水女子大学名誉教授

「2019年 『やわらかく、考える。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

知のトレッキング叢書 考えるとはどういうことかのその他の作品

外山滋比古の作品

知のトレッキング叢書 考えるとはどういうことかを本棚に登録しているひと

ツイートする