フランス人がときめいた日本の美術館

  • 集英社インターナショナル
3.49
  • (8)
  • (22)
  • (23)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 363
感想 : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797673210

作品紹介・あらすじ

フランス人美術史家が10年かけて日本を旅し、選りすぐった“本当に訪ねる価値がある"美術館。日本人では気付かない視点から日本美術の魅力を再発見できるガイドブック。朽木ゆり子さんもその眼力に脱帽!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日曜日の朝、BSで必ず見てる番組。
    ガチャガチャした平日のワイドショーより、こういう落ち着いた番組を朝は見たい。

    日本には沢山美術館があるし、それをフランス人の方がお勧めするって面白い。

    行った事ある所、行きたい所、いろいろ。
    最近美術館行けてないな・・・

  • 紀行・教養・ドキュメンタリー 「フランス人がときめいた日本の美術館」セレクト | BS11(イレブン)|全番組が無料放送
    https://www.bs11.jp/education/japanese-museums/

    Sophie Richard
    https://www.sophierichard.co.uk/

    フランス人がときめいた日本の美術館 | 集英社インターナショナル 公式サイト
    https://www.shueisha-int.co.jp/publish/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E4%BA%BA%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%82%81%E3%81%84%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8

  • 日本の美術館巡りに最適!

  • テレビ番組で知って買いました。

    うん?ここが?そーなんだ!日本人の目線と違う彼女の感性も素敵です。
    旅先では、何故か?神社仏閣巡りをしたくなるけど、美術館も忘れずに予定に入れて。


  • 日本の美術館はここ30年急増、恒久ではなく年間を通じた展示替え、特別展、文化の発信地、斬新なデザインの建物、ライティングにも配慮。すばらしい美術館がたくさんあるのに、案内が少なく、英語の情報入手も困難。

    観光資源としての美術館。知らなかったところも沢山。行ってみたいです。

  • フランス人美術史家のソフィさんが勧める日本の美術館。今まで知らなかった美術館が数多く収録されていて新鮮だった。実際、気になる美術館をいくつか訪れて解説を参考に楽しんだ。コロナが落ち着いたら、また行きたい。

  • 【静大OPACへのリンクはこちら】
    https://opac.lib.shizuoka.ac.jp/opacid/BB21201599

  • 借りたもの。
    フランス人著者による、日本の美術館ガイドブック。
    主要な美術館、日本独自の工芸などを扱っている専門的な美術館を網羅していて、それぞれの良さを的確に書いている。日本国内のガイドブックよりも美術への愛が溢れた視点が、読んでいて心地よい。(日本のガイドブックだとすぐ土産だ食事だの話ばかりになっている)
    古典工芸から現代アートまで。
    何より、冒頭の日本美術についての解説が、端的でとても分かりやすい!
    初心者向けの表現だが、どんな分野があるか分かるだけでも日本美術の入門になっているのではないだろうか。
    その見識の深さと的確な文章力に脱帽。

  • テレビで取り上げられていたものの復習
    一覧性があって良い

全26件中 1 - 10件を表示

ソフィー・リチャードの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
森見登美彦
門井 慶喜
三浦 しをん
ピエール ルメー...
ヴィクトール・E...
恩田 陸
宮下奈都
リンダ グラット...
又吉 直樹
アントニオ・G・...
カズオ イシグロ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×