フランス人がときめいた日本の美術館

  • 集英社インターナショナル
3.56
  • (8)
  • (19)
  • (21)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 295
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797673210

作品紹介・あらすじ

フランス人美術史家が10年かけて日本を旅し、選りすぐった“本当に訪ねる価値がある"美術館。日本人では気付かない視点から日本美術の魅力を再発見できるガイドブック。朽木ゆり子さんもその眼力に脱帽!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日曜日の朝、BSで必ず見てる番組。
    ガチャガチャした平日のワイドショーより、こういう落ち着いた番組を朝は見たい。

    日本には沢山美術館があるし、それをフランス人の方がお勧めするって面白い。

    行った事ある所、行きたい所、いろいろ。
    最近美術館行けてないな・・・

  • 紀行・教養・ドキュメンタリー 「フランス人がときめいた日本の美術館」セレクト | BS11(イレブン)|全番組が無料放送
    https://www.bs11.jp/education/japanese-museums/

    Sophie Richard
    https://www.sophierichard.co.uk/

    フランス人がときめいた日本の美術館 | 集英社インターナショナル 公式サイト
    https://www.shueisha-int.co.jp/publish/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E4%BA%BA%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%82%81%E3%81%84%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8

  • 借りたもの。
    フランス人著者による、日本の美術館ガイドブック。
    主要な美術館、日本独自の工芸などを扱っている専門的な美術館を網羅していて、それぞれの良さを的確に書いている。日本国内のガイドブックよりも美術への愛が溢れた視点が、読んでいて心地よい。(日本のガイドブックだとすぐ土産だ食事だの話ばかりになっている)
    古典工芸から現代アートまで。
    何より、冒頭の日本美術についての解説が、端的でとても分かりやすい!
    初心者向けの表現だが、どんな分野があるか分かるだけでも日本美術の入門になっているのではないだろうか。
    その見識の深さと的確な文章力に脱帽。

  • テレビで取り上げられていたものの復習
    一覧性があって良い

  • 日本にひしめく多種多様な美術館、博物館を紹介しています。あまり知られていない美術館も多く取り上げられており、この本で知り、訪れてみたいと思わせる美術館がたくさんありました。フランス人美術評論家の著者が言うには日本には5700館以上があり、レベルが高いそうです。
    旅行を計画する際には目的地の近くに、この本に紹介された美術館がないか確認してみたいと思わせてくれます。また、美術館そのものを目的とした旅行を計画したくもなってきます。
    日本人にはあまりにも身近で気がつかなく、フランス人だからこそ見えるもの。そういう美しい場所を丁寧に紹介しています。

  • よく調べている。造詣が深い。

  • 原題「The Art Lover's Guide to Japanese Museums」

    【本書で取り上げた美術館】
    十和田市現代美術館(青森県)、文化学園服飾博物館(東京都)、太田記念美術館(東京都)、三渓園(神奈川県)、クレマチスの丘(静岡県)、重森三玲庭園美術館(京都府)、
    ベネッセアートサイト直島(香川県)、大原美術館(岡山県)
    など57館。

  • 10年ほどの間に、筆者が日本を旅して訪ねた美術館(美術作品が集まったところ)50ヶ所ほどが紹介されています。紹介されている美術館が大体知っているスポットだったせいか、滞在日数は?どんなコースなの?と筆者の旅のスタイルの方が気になりました。また、「ホキ美術館」「平山郁夫美術館」など最近の日本画や、建物保存では「明治村」など、選に漏れたところは、ときめかなかったのかなと気になりました。

  • 2016 10/2

全21件中 1 - 10件を表示

ソフィー・リチャードの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
森見登美彦
リンダ グラット...
ピエール ルメー...
宮下奈都
アントニオ・G・...
有効な右矢印 無効な右矢印

フランス人がときめいた日本の美術館を本棚に登録しているひと

ツイートする
×