図解入門よくわかる高校物理の基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)

著者 :
  • 秀和システム
2.60
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798008653

作品紹介・あらすじ

やさしく、ビジュアルに身近な現象でひも解く物理の基本。物理の美しさ、面白さがよくわかる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高校の物理をやり直しするには、ほどよい厚さで全部の領域が網羅されている。力学、波動、電磁気学、原子と4領域を網羅しているので、社会人のための再入門という題のように、一度学んだ人が思いだすためには良い本だと思う。ただし、かなり詰め込みすぎている感じかな?

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1958年、東京都生まれ。早稲田大学院理工学研究科博士課程前期(金属工学)修了。工学修士。24年間の都立高校勤務を経て現在、聖光学院中学校高等学校教諭(物理担当)。身近な素材を使った物理実験教材、パソコン計測・シミュレーション教材、放射線の実験、音や波動の教材・指導法、物理実験映像集などの開発などを行う。おもな著書は、『英和物理学習基本用語辞典』(アルク社)、『よくわかる高校物理の基本と仕組み』(秀和システム)、『高校物理教科書』(三省堂、共著)、『シグマベスト 理解しやすい物理』(文英堂、共著)など。理科ねっとわーく内の計測ソフト「振駆郎」「音知」「発音」の製作者。研究論文「パソコンを使った手軽で精度の良い音波の実験」で日本物理教育学会賞受賞。

「2014年 『カラー図解でわかる高校物理超入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北村俊樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする