Web標準の教科書

著者 :
  • 秀和システム
3.80
  • (93)
  • (66)
  • (145)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 715
レビュー : 71
  • Amazon.co.jp ・本 (607ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798010922

作品紹介・あらすじ

すべては「標準」を知ることから始まる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • HTMLの大部分を網羅している教科書。新しいものも出して欲しいが、今でも参考になる部分はかなり多い。細かいところはとても詳細に書いてあり役に立ちます。初心者には難しいかもしれませんが1冊もっておいても損はしないです。

  • WEBデザイナーを目指すなら、バリデートされたソースを書きましょう。
    外部のプログラマーと連携したり、自らスクリプトを書くなら尚のコト。
    必読だが、読むのがつらい。

  • 本の名前に教科書と記載されているとおり、
    とても詳しく記載されています。
    かなり分厚いほんですが、他のHTMLの本に比べても
    情報量が多く、わかりやすいです。

    少し古い本ではありますが、HTMLの勉強をするなら
    必須の本だと思います。

  • こんな人にオススメ
    ・Webに興味のある方

    “Web標準”とは、Web上で標準的に利用される技術の総称のこと。Webサイトをより多様な環境に対応させ、誰にでもアクセスできるようにするには、この概念が必要不可欠だという柱で展開していく。Web標準に準拠することのメリットなど詳しく書かれているので読み応えのある一冊。

  • 所在:展示架
    資料ID:11301791
    請求記号:547.48||Ma64

  • (X)HTMLについて、詳細に説明された本。
    ちょっと古いためHTML5などについてはほとんど触れていないが、HTMLやCSSの基礎を理解するのに十分すぎる一冊だと思う。

  • 内容もさることながら、すべてのページに大学ノートのように罫線が引かれているので、ポストイットがとても貼りやすいことに気がついた。

  • ちょっとかたくるしいけど、ウェブの考え方について詳しく説明されている。

  • 内容は古いが教科書。また読みたいと思います。

  • 内容が少し古くなっているけれど、WEB標準について知るのであれば必読と思われる。但し、初学者には少し難しい気がする。ある程度、HTMLやCSSについて理解した後読むと、納得するところが多い。boxモデルやfloatした要素の挙動など非常に丁寧。

全71件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

株式会社まぼろし 取締役CMO。1975年、栃木県宇都宮市生まれ。Webサイトの企画、設計、プロジェクトマネジメントから、リスティング広告運用、ソーシャルメディア運用、アクセス解析レポーティング、ランディングページ設計、SEOまで、Webマーケティング全般を担当。Google アナリティクス認定資格者。Google AdWords認定資格者。社団法人 全日本能率連盟登録資格「Web検定」プロジェクトメンバー。主な著書に『Web標準の教科書』(秀和システム)、『ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック』シリーズ(監修・共同執筆、ボーンデジタル)など。

「2017年 『いちばんよくわかるWebデザインの基本きちんと入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

Web標準の教科書のその他の作品

Web標準の教科書 Kindle版 Web標準の教科書 益子貴寛

益子貴寛の作品

Web標準の教科書を本棚に登録しているひと

ツイートする