図解入門微積で楽しく高校物理がわかる本 (How‐nual Visual Guide Book)

著者 : 田原真人
  • 秀和システム (2006年3月30日発売)
3.77
  • (3)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :60
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798012803

図解入門微積で楽しく高校物理がわかる本 (How‐nual Visual Guide Book)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 請求記号 421.5/Ta 19

  • 高校物理を微積を使ってあらわそうとした本。

    微分積分を数学というよりは道具としてとらえ、力学を微積で表し、電気、磁気、電気回路を微積で表すことでまとめている。

    高校物理でいえば、波動などは扱っていないが、2大分野をきれいに表していることは評価ができると思う。物理の法則が乱立して分かりづらい、微積を学んだので、ぜひその効力を見てみたい人にはお勧めの一冊であると思う。

  • 力学と電磁気学だけだが、とても面白い一冊。高校物理を微積で解いた場合と教科書通りに解いた場合の比較が、公式を当てはめるだけが能じゃないということをはっきりと言っている。

全5件中 1 - 5件を表示

図解入門微積で楽しく高校物理がわかる本 (How‐nual Visual Guide Book)のその他の作品

田原真人の作品

図解入門微積で楽しく高校物理がわかる本 (How‐nual Visual Guide Book)はこんな本です

図解入門微積で楽しく高校物理がわかる本 (How‐nual Visual Guide Book)を本棚に登録しているひと

ツイートする