タイムマシン論最先端物理学によるタイムトラベル入門

著者 :
  • 秀和システム
3.62
  • (4)
  • (1)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798013527

作品紹介・あらすじ

ワームホールのつくりかた/ティプラーの円筒/宇宙ひもによるゴット型タイムマシン/空間を伸び縮みさせるワープドライブ/タイム・パラドックスの解決方法…アインシュタインもペンローズもホーキングもみーんな頭を悩ませた現代科学の超難問。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エントロピーの増大がなければ時間が流れていると認識できない。
    何かの変化が起こるから人は時間を感じる。

    変化がゆっくりであれば時間が進むのが遅いと感じ、いろんなものがめまぐるしく変わっていけば時間が進むのが早いと感じる。

    また、自分自身すなわち脳がそれを感じることができるかどうかも重要で、
    極めて短時間にものすごい情報が脳の中を目まぐるしく駆け巡れば、一瞬時間が止まったような感覚に陥ることもありますよね。

    こういう本は大好きです。

  • 2010年6月18日

    <Time Travel for beginners>
      
    Cover Illustration / Lok Jansen

  • 理論物理で実際にタイムマシンが論じられていることは、実は知らない人も多いかもしれない。どのような実現可能性があるのかをさっと見たい人にはいいかもしれない。ただ、コストパフォーマンスは期待してはいけないと思う。500円なら買いだと思うけれど…

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1953年北海道生まれ。京都産業大学理学部宇宙物理・気象学科教授。京都大学理学部卒業、ウェールズ大学カーディフ校博士課程修了、マックス・プランク天体物理学研究所、米・ワシントン大学研究員などを経て、弘前大学助教授、同教授、東北大学大学院理学研究科教授、2016年から京都産業大学教授、東北大学名誉教授。専門は一般相対性理論、宇宙論。暗黒物質や暗黒エネルギーの重力レンズを用いた観測的・理論的研究に取り組む。著書に『宇宙物理学』(現代物理学「基礎シリーズ」9、朝倉書店)、『シリーズ現代の天文学』(2「宇宙論I」3「宇宙論II」など、共編著、日
本評論社)、『ブラックホールに近づいたらどうなるか?』(さくら舎)、『重力で宇宙を見る──重力波と重力レンズが明かす、宇宙はじまりの謎』(河出書房新社)など多数。

二間瀬敏史の作品

ツイートする